iPhoneを水没させてしまった!水没時の対象方法

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

お風呂やトイレに行くときなどに、iPhoneを持ち歩いている人はたくさんいます。しかし、お風呂などの水まわりで使うことや、時には汗などが原因となって、iPhoneを水没させてしまうこともあるのです。iPhoneが水没してしまったときの症状や応急処置を把握しておき、もしものときに役立てましょう。
この記事では、iPhoneを水没させてしまったときの症状や応急処置の仕方などについて解説していきます。

水没するとどうなるの?

電源が入らない

iPhone7以降に発売されたモデルに関しては、比較的新しく、耐水性能があります。ただし、iPhone6sまでのモデルには防水性能がないので、iPhoneSEにも防水性はありません。加えて、iPhoneは精密機械です。そのため、水に弱いという特徴があります。
iPhoneを水没させてしまったときに見られる電源が入らないという問題は、トラブルとしては特に多く見られるもので、一番わかりやすい類のトラブルと言えるでしょう。
また、万が一、端末が水没してしまうとスマートフォンの内部に水が入ってしまい、思わぬところに電気が通るなどのダメージを受けてしまうおそれがあります。

加えて、端末が動作しなくなってしまう原因のひとつとして、使用されている精密機械の金属部分が水によって錆びてしまうという問題もあります。ただし、端末を水没させてしまった場合でも、すぐに電源が入らなくなってしまうケースばかりではありません。
たとえば、端末が水没してから数日後に電源が入らなくなってしまう場合もあるのです。さらに、端末の電源が入らないままでは、データを取り出すこともできません。iCloudなどを使ってデータのバックアップができていれば、大切な写真や動画などのデータが失われる心配はありませんが、バックアップをしていないのであれば注意が必要です。

タッチパネルが反応しない・スリープボタンが誤作動する

iPhoneSEのタッチパネルが反応しないという症状も、端末の水没で見られる場合があります。このケースでは液晶は表示されるものの、タッチ操作ができないという状態となるのです。液晶は表示されたとしても、タッチパネルが反応しないと通話やLINEなどができないため、非常に不便だと感じる人は多いでしょう。
これまでのようにタッチ操作ができないという症状が見られた場合は、水没によってタッチセンサーに不具合が生じている可能性があります。

iPhoneを水没させた場合、そのまま放っておいても直ることはありません。万が一、水没させてしまったときのために、応急処置の仕方を把握しておきましょう。

電源を落とす

iPhoneSEが水没してしまうと、焦って端末から水分を取り除こうとしたり、いつも通り電源がついたりするかを確認したいという人が多いでしょう。たしかに、水没で画面が真っ暗になって突然電源がオフになると、写真など大切なデータが消えてしまわないかという点が心配されます。
しかし、端末を水没させてしまったときには、iPhoneSEの電源を落とすのが真っ先に行うべき応急処置です。

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00