急にiPhoneの画面が真っ白に!原因や対処方法

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

画面が急に真っ白になってしまったら、まずは慌てることなく冷静な対処を心がけることが先決です。不具合には必ず原因があります。その原因を特定して、原因に合わせた適切な対処方法を取ることが大切です。不具合は予期せず発生するものですから、いざというときのためにもしっかり対処法を理解しておきたいところ。
そこで今回は、急にiPhoneの画面が真っ白になってしまう原因と、適切な対処方法について詳しく解説します。

何が起こってる?iPhoneの画面が真っ白になる原因

衝撃によるもの

iPhoneの画面が真っ白になる原因として、まず考えられるのが衝撃による故障です。画面が白くなる前に、iPhoneを落としてしまったり、どこかへぶつけてしまったりしていないでしょうか。落下などでiPhone本体に強い衝撃が加わると、フロントパネルが故障して画面が真っ白になってしまうことがあります。

水没によるもの

iPhoneは水に弱いという性質を持ちます。そのため、水没させてしまった場合も、画面が白くなるという不具合が発生することがあります。また、たとえ完全に水没していなくても、iPhoneを水に濡らしてしまったときは注意が必要です。というのも、iPhoneは少し濡れるだけでも、内部の部品や基盤が故障してしまうことがあるからです。

バッテリーによるもの

画面が真っ白になる不具合は、バッテリー関係の不調が原因になって起こる場合もあります。たとえば、バッテリーから安定して電源が送れなくなったときや、バッテリーがゼロになってシャットダウンしている途中で電源ケーブルを挿したときなどは、画面が真っ白になって動かなくなるという不具合が発生しやすくなります。
特に電池がなくなってから充電することが多い人などは、バッテリー関係の不具合が起きやすくなるので、充電の仕方を見直したほうが良いでしょう。

iOSによるもの

iOSをアップデートせずに使い続けることは、機能的なトラブルを引き起こす大きな原因になります。強い衝撃を加えたわけでもなければ、水に落としてしまったわけでもないのに、画面が真っ白になって動かなくなってしまったら、古いバージョンのiOSを使い続けたことが原因になっているのではと疑ってみましょう。
古いiOSが原因のトラブルは、一時的なものである可能性もあります。自分のiPhoneに電話をかけてみたらトラブルが解消したということもあるので、画面がフリーズして動かなくなっているなら固定電話などを使って試してみましょう。

 

強制再起動する

iPhoneの不具合は、原因が一時的なものである場合、強制再起動をすることで通常通り動作できるようになることがあります。画面が真っ白になる不具合も、再起動によって機能が回復する場合があるので、動かなくなってしまったときはまず強制再起動を試してみましょう。

リカバリーする

強制再起動でも不具合が改善しない場合は、iPhoneをリカバリーしてみましょう。リカバリーをすることで、画面が真っ白になる状態を元に戻せる場合があります。ただし、リカバリーの際に、「復元」を選んでしまうとiPhoneが初期化されてしまいます。
保存していたデータもすべて消えてしまうため、リカバリーを実行する際は念のためデータのバックアップを取っておきましょう。

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00