iPhone(アイフォン)ガラス(液晶)交換、修理ならスマレンジャー【格安で即日対応】

アイフォン割れ

フロントパネル

ガラス・液晶交換

画面はどうやって直すの?

修理シーン

iPhoneのガラス割れ、液晶漏れなどの破損トラブルは『フロントパネル』の交換を行うことで修理致します。
例外があるかも知れませんが、ガラス交換修理と書かれているお店でもガラスだけを交換することは無く一般的にはガラスと液晶が一体型になった専用のパーツ(フロントパネル)を交換することで修理を致します。
修理にはご要望が無い限り互換性のパーツを利用して修理をします。
iPhoneのパーツはパーツごとに独立しているので、データ領域には触れずモニター部分(フロントパネル)だけを交換するのでデータが消える事無く修理をすることが可能です。
どちらの場合でも行う作業は同じなのに、修理価格が違うのはお持ち頂きましたiPhoneの破損度合いによって、そのパネルが再利用出来るのかどうかで決まります。

レッド

軽度・重度破損について

iPhoneの画面割れ修理には、軽度破損修理と重度破損修理の2つのタイプがあります。
以前は”ガラス交換”と”液晶交換”などの分け方をしているお店が多かったですが実際にはどちらの場合にもガラスと液晶が一体型になった”フロントパネル”を交換する作業になる為、現在では症状の度合いで分類することが多くなっています。

軽度破損

軽度破損

・軽度破損で対応可能な場合は、【液晶部分に重なり合った割れが少ない】ことと【液晶にシミや漏れなどの破損が一切ない】事がポイントになってきます。
・軽度破損のポイントとして液晶の再利用が出来る事がポイントとなる為、液晶が再利用不可と判断させて頂きました場合には重度破損となります。

重度破損

重度破損

・軽度破損で対応可能な場合は、【液晶部分に重なり合った割れが多い】または【液晶にシミや漏れなどの破損が確認できる】事がポイントになってきます。
・重度破損のポイントとして液晶の再利用が出来ない事がポイントとなる為、液晶が再利用不可と判断させて頂きました場合には重度破損となります。

ビックリ

プレミアムパネルについて

iPhone修理はご希望が無い場合には規格品パネルでの修理対応をさせて頂いております。
規格品パネルの場合、iOSのバージョンや、端末の状況によっては高品質パネルと比べて不具合の出るリスクが高まります。
※規格品パネルの場合にも、不具合の報告はほとんどありません。

規格品パネル

規格品の特徴

・液晶の色味、明るさ、タッチの感度が純正と異なる
・iPhone8以降の場合、色味調整機能のTrue Toneが使えなくなるなど一部の機能が使用出来なくなる
・一部機能に関しては、iOSのバージョンや、お持ち込み頂いた端末の状態によって不具合を起こす可能性がある

プレミアムパネル

プレミアムの特徴

・プラスチックフレームとガラス部分が規格品
・液晶自体は純正の液晶と同じ液晶を使用
・規格品パネルと比べ修理費用が高くなる

オリジナルガラスフィルム

iPhone修理をご利用のお客様の多くが、画面や液晶関係のトラブルです。
高機能で洗礼されたデザインを追求したiPhoneは、ポケットから取り出した際に落とした程度の衝撃でも当たり所によっては画面が割れてしまう設計になっています。
画面の修理は、iPhoneの種類によりますが高額なモノだと2万円近くいく場合もあります。
画面を割ってしまう度に、高額な修理代金を払わないといけないと思うと、もう画面を割りたくないと思うものだと思います。
スマレンジャーではそんなお客様の為に、高品質の9Hガラスフィルムを販売しています。
一般的に販売されている画面フィルムよりも、表面ギリギリまで保護する設計になっているガラスフィルムなので、 iPhoneの角から落としてしまうといった場合にも、高確率で画面を守ってくれると考えられます。
スマレンジャーで修理頂きましたiPhoneには、ガラスフィルムの貼り付けをおススメ致します。

強化ガラスを貼ったiPhoneを
ハンマーで叩いてみると・・・

※注意※再生すると音が出ます。

価格(貼り代行費用込み)

全面タイプ 2800円

非全面タイプ 2300円

※ガラスタイプ・衝撃吸収タイプどちらも同じ価格となります
※どちらのタイプにも、ツルツルとしたクリアタイプと少しマットな質感のアンチクリアタイプの2種類があります。

2回目以降張り直し費用 1000円

塗るタイプのフィルム!?
ガラスコーティングのページはこちら

修理完了!レッド

修理に頂く最短時間は15分~20分!

iPhone修理の中でも、画面に関する修理依頼はダントツで1番の修理依頼だといえます。
画面の修理にも、いくつか状態があり、欠けているだけのような状態や、ヒビ割れ、亀裂などが御座います。
また、ひと昔前までは本体のサイズが小さかったことから、画面が割れてしまうといったトラブルはそこまで多く無かったのですがiPhone4シリーズから、iPhone5シリーズ、iPhone5シリーズからiPhone6シリーズにかけて本体のサイズが大きくなっている傾向があります。
画面が大きくなるにつれて、iPhone5シリーズまではガラス部分が本体のフレームに守られていたのに対し、iPhone6シリーズではフレームからガラス部分がフレームからむき出しになってしまっています。
この本体のデザイン変更により、iPhone6以降のモデルはそれまでのモデルに比べて本体に強い衝撃が加わった際に、ガラス部分にダイレクトに衝撃が伝わりやすくなっている為、欠けてしまうや割れてしまうといったトラブルが増えている傾向にあります。
iPhone7シリーズから、iPhone6シリーズに比べて画面の強度が増したとされていますが、それでもやはりガラス部分がむき出しになっている事には変わりがありませんので、強い衝撃が加わった際に割れてしまいやすい形状であるといえます。

ガラスだけの交換が出来ないのは

修理にお持ち込み頂きました際に、『ガラスだけの交換でいいんだけど』と言って頂くことがあります。
そのような場合でも、軽度重度の症状に関らず必ずフロントパネル一式の交換となってしまいます。
どうしてなのか?理由としてはガラスだけの交換も出来なくはないのですが、ガラスを交換する為には専用の機械が必要なだけでなく、専用の交換用パーツに加えて、それらを扱う為の小さなホコリなどが侵入しない無菌室が必要となります。
また、それらの条件が整ったとして、お預りした段階では使用できそうだった液晶が実際には使えないことや、ガラスの交換に必要な時間が長時間になってしまうことがある為、コストが掛かり修理費用が高額になってしまうからです。
それらの理由から、町の修理屋さんで実際にガラスの交換だけで対応しているお店はあまりないのでは無いかと考えています。