iPhoneはどの程度の衝撃で壊れるの?

 |  |  | 0

スマートフォンは、いわゆるガラケーと違い液晶画面が常に露出しています。

わざわざ開くことなく、ボタンを押せばすぐに使える点は魅力的ですよね。

一方で、落下させたりするとすぐに液晶にヒビが入ったりするなど、問題もありますよね。

また、薄いので強度も気になることろです。

では一体、iPhoneはどの程度の衝撃に耐えることができるのでしょうか?

ここでは、iPhoneの衝撃に対しての耐性について紹介します。

強度を司るファクターにはどのようなものがあるの?

強度と一概に言っても、様々なファクターがありますよね。

例えば、物理的になにかにぶつかるにしても、液晶面にぶつかるのと背面にぶつかるのでは意味が異なります。

また、ぶつかる時の衝撃強度と、何かに挟まれる強度でもまた特性が異なります。

完全に壊れるまで行かないにしても、ひっかきによる傷や凹みなども重要な要素です。

他にも壊れる要素としては水への水没なども考えられますが、今回はあくまでも物理的な要因で壊れる可能性のみを取り上げます。

衝撃強度はどの程度あるの?

最初に、iPhoneがなにかにぶつかる、逆にiPhoneに何かが衝突した時にどの程度絶えれるのかについて解説します。

衝撃荷重に関しては、iPhoneは強い方に部類します。

最新のiPhone XSを地面に落下したテストした結果を見ると、越の高さから落下させても小さな傷が付きますが特に問題ありません。

これは、液晶画面から落としても、背面から落としても、側面から落としても全く同じ結果となります。

ただ、あくまでもフラットな床面に落とした結果であり、床に突起がある場合はまた結果が異なります。

スマートフォンの場合、単純に見た目に問題なくても、動作上に問題が発生する可能性も残されています。

特に、タッチパネルは意外と衝撃に弱く、耐性のないスマートフォンではすぐに故障の原因となるものです。

腰の高さレベルであれば、動作的にも故障が見られません。

続けて、頭の高さから落下させるとどうなるのでしょうか?

流石に高さがあるので、液晶側から落下させると背面にダメージが発生します。

特に、iPhone8のように背面がガラスの場合は、派手にヒビが入って見るも無残な状況となります!

ただ、機能的には生きている場合が多く、逆に液晶モニター側から落下させても多少擦り傷が入る程度で、全体としてはさほどダメージを受けません。

動作的にも、問題なく行うことができます。

但し、場合によってはカメラが故障する可能性があります。

特に、iPhone Xから導入された顔認証システムが衝撃により使えなくなる可能性があるんです!

すぐに故障の症状が現れなくても、しばらくしてから発生することもあるので要注意ですよ。

側面から落とす場合も、液晶面や背面にはダメージがなく、動作的にも特に問題は発生しません。

但し、カメラ近くから落下させると故障の要因となりえます。

通常生活下での落下には、打ちどころさえ悪くなければ、意外とiPhoneは絶えれる耐性があります。

但し、重くて尖ったものが落下してくると、その衝撃は計り知れないものがあります。

普通の生活ではなかなかないシーンですが、トンカチを腰の高さから落下させると、

地面に置いたiPhoneは大きくヒビが入り、タッチ機能に支障をきたす可能性があります。

挟んだときはどの程度耐えれるの?

iPhoneを持ち歩く際、どこに収納して持ち歩きますか?

人によっては、パンツのポケットに入れている方も見かけますが、その場合に意外と起こりがちなのが、ポケットから少しはみ出した状態でいると、ポケットで挟んでダメージを及ぼすシーンです。

よくロングウォレットであるのですが、ポケットとの挟み込みで財布が曲がり、収納していたカード類が真っ二つに折れ曲がる症状です。

では、iPhoneをポケットに収納していても、折れ曲がりに耐えれるのでしょうか?

iPhone Xで行ったテスト結果によると、iPhone Xはステンレススチールのボディを採用しているので、そもそも高い強度を誇っています。

わざと両手で掴んで両手の親指で押し込むようにして折り曲げるベンドテストを行っても、全く曲がる気配はありません。

iPhone以外のスマートフォンは、ガラスパネルが持ち上がるような感じがあるのですが、iPhone Xの場合はガラスとステンレススチールとの境目がシームレスのようになっており、密着性が高いことが伺えます。

よって、ポケットで折り曲げるような通常生活下で発生する折り曲がりに関しては、問題なく対応すうることが可能です。

実は今、アップルと韓国のLG社が共同開発として折り曲げ可能な有機ELディスプレイを開発していると言われています。

2020年にも実用化されると言われており、それが誕生すればますます折り曲げに強いスマートフォンが登場することになります!

どの程度でキズが付くの?

故障にまで至る可能性は低いですが、キズもスマートフォンにとって大敵です。

キズの付き方によっては、タッチパネルの動作異常にも繋がる可能性があるんです。

そこで、液晶パネル面にキズがどの程度で発生するかを実験したデータがあります。

まず、ものの硬さを測定するのに最適なモース硬度計で引っかいた場合、硬度6で浅い傷が発生し、7でやや深い傷は付きます。

モーツ硬度は10段階で表すことができる指標で、数字が高いほど強度があるということになります。

強度7は、比較的硬いストーンとして有名なサファイヤに近い硬度です。

よって、よほど尖ったもので強く引っかかなければキズは付きにくいと言えます!

身近なものとして硬貨がありますが、硬貨で意図的に引っ掻いてもキズにはなりません。

なんと、カッターの刃で引っ掻いても無傷ですよ。

背面のステンレススチールのフレームも、カッターで引っ掻いても大きなキズは発生しにくくなっています。

カメラレンズ面も強度を高めているので、問題ないんです。

普段使う際に注意すべきポイントは?

いくら頑丈にできているからと言って、落下させたり折り曲げたりすると何かしらのダメージが加わるのは間違いありません。

そこで注意したいのは、持ち運び方にあります。

基本的に、深いポケットが付いている上着や、小物が収納できるバッグに収納しましょう。

浅いポケットですと、歩いていると徐々にはみ出してきて落下させることがあります。

また、パンツのポケットの場合は折り曲げてしまう可能性がありますよ。

バッグの中では、鍵なども一緒に収納することがありますが、擦り傷レベルな全く問題ありませんので、さほど気にする必要はありませんよ。

他にも、最近のiPhoneでは大型化が進行していますので、片手で持っていて手が滑って落下させてしまうことも多々あります。

可能であれば、指を引っ掛けることができるタイプのカバーを付けておくのも有効的です。

持ち方も、なるべく片手使いはせず両手で操作するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhoneの強度は他のスマートフォンと比較して高いものがあり、安心して使用できるスマートフォンであると言えます。

生活している中で発生する落下や折り曲げのリスクについては、動作不良に至るまではありません。

ただ、せっかく美しいiPhoneのボディを台無しにしかねませんので、なるべくダメージを与えないような対策が必要です。

どうしても故障した場合は、修理に出すことで復活させることができますよ。

もしお困りの場合は、スマレンジャー難波店にご依頼いただければ、大切なiPhoneを元通りにすることができますよ。

 

大阪・難波でiPadの修理業者をお探しの場合は、ぜひ大阪・難波にあるお近くの店舗でお越しください。
また、大阪・難波のスマレンジャーにおいても、ネットで事前にご予約いただければネット割引も可能ですので、お気軽にご利用いただけます。

iPadなどのタブレット端末は、どんなに大事に扱っていても破損してしまったり、落として画面割れてしまう可能性も高いものです。
また、実際に落としてしまったときは気持ちも沈んでしまうことでしょう。
しかし、そんなときには大阪・難波のスマレンジャーにて、大切なiPadの修理のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお早めにご相談ください。

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー難波千日前店

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526ー1098

営業時間:12:00~23:00

年中無休

当店はアミューズメント施設ROUND1の並びにあります!、ROUND1を目印に商店街へ入っていただくと当店の看板が見えますので、ぜひ足を運んでいただければと思います(^o^)。