スマホの液晶画面が割れたらどうすべき⁈

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

「スマホの画面が割れた」なんていう話をよく聞かないだろうか。私の友達もよく割っている。ある人は買って1ヶ月で割り、代替機を使っているときにも割って5万円以上支払う羽目になったとか。スマホの液晶はなぜわざわざ割れやすいガラスなのか、壊れたらどうするべきなのか。

スマホの画面が割れやすい理由

携帯電話を使っていたときにはあまり聞かなかった画面の損傷だが、どうしてスマホではよく割れるのだろうか。最大の原因は液晶画面がガラスでできていることだ。スマートフォン以前の携帯電話は画面をプラスチックで作るのが一般的だった。

しかし、スマホ最大の特徴である画面を直接触って操作するタッチパネルには、反応の良さや精度の関係でプラスチックよりもガラスのほうが適しているのである。

スマホの画面を直すには?

携帯電話会社(キャリアショップ)に持っていく方法

携帯電話会社ではスマホ購入の際、「安心パック」などといった名称で壊れたときの修理保険を提供している。auでは月額380円、ドコモでは月額399円で、修理費用は1回目が5,000円、2回目が8,000円(アップル製品を除く)となっている。

一方、ソフトバンクでは月額500円と650円の2種類があり、修理に要した費用の90%を会社が負担するという保険内容になっている。保険に入っていない場合には、修理にかかった実費が請求されるため、しばしば数万円かかってしまう。

修理専門のショップに持っていく方法

修理専門のショップに持っていくという方法もある。ショップによって金額は異なるが、スマホステーションでは、iPhoneの画面修理が1万円~、その他のスマートフォンの画面修理が5千円~となっている。修理専門ショップのメリットの1つは、短時間で修理してくれるという点だ。

携帯電話会社では修理の場合1週間程度、交換でも最短1日は必要なのに対し、スマホステーションの場合は30分から1時間で修理してくれるという。渋谷や新宿など大きな街には大抵ショップがある。

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00