iPhoneのタッチ操作の仕組みについて

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

今回はiPhoneのタッチ操作がなぜできるのか?その仕組みについて、ご紹介させていただこうと思います!普段から何気なく使用しているiPhoneですが、実は詳しく知らずに使っている事ってありますよね

iPhoneの液晶画面には無数のセンサーが張り巡らされている!

iPhoneの液晶画面は幾つかの層になっており、液晶画面の表面のガラス、液晶層、バックライトなどが一体になっています。その中に液晶画面に指が触れたことを感知するセンサーの層が存在します。液晶画面の縦・横に無数のセンサーが張り巡らされており、そのセンサーが指先から発生している静電気を感知することでどこのセンサーが押されているか、どのような操作をされたかという事を検知しタッチ操作が行えるという仕組みになっています。

たまに液晶画面のガラスが割れてしまっているけれど、iPhoneをそのまま操作しているという方を見かけることがあります、液晶画面の表面のガラス層のみが破損してしまい、幸いタッチセンサーに故障が及んでいないという状態で、iPhoneを使用出来ているという事になります。しかしその状態でiPhoneを使用し続けてしまうと、段々と、タッチセンサーや、液晶にも故障の影響が出てしまうという事もあるようなので、出来るだけ早急な修理が必要です。

前述のようにiPhoneの操作は静電気が発生することで、静電気をセンサーが感知し、iPhoneの操作ができるという事になります。

そのため寒い時期に手袋をつけたままでの操作では、iPhoneの操作が出来なかったり、爪で液晶画面を操作しようとしても、iPhoneが反応しないという事が起きてしまうという訳です!

タッチ操作の反応が良くない時の改善方法

皆さまも、iPhoneを使用している中で経験されたことがあるという方はかなり多いと思いますが、故障や破損などもないのに、たまにiPhoneがタッチ操作に反応しなくなってしまう。反応が悪くなってしまうという事がありませんか?

何度同じ操作をしても反応しない、思った通りに操作が出来ないとなると、かなり不便ですね!

そんな時には幾つかの原因が考えられますので、問題と解決策をご紹介いたします。

 

  • 液晶画面が破損してしまっているこの症状は一目瞭然ですね!液晶画面が破損してしまった事で、静電気を感知するためのセンサーも一緒に故障してしまっている事が原因です。この時にタッチが出来なくなってしまうということと、勝手にiPhoneの操作がされてしまうという事もあるようで、パスコードをかけているという方は、間違えたパスコードを勝手に何度も入力されてしまい、iPhoneにロックがかかってしまい、iphoneが使用できなくなってしまいデータがなくなってしまうということもあるようなので早急に本体の修理が必要です。
  • 03-3527-1740

    東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

    最寄り駅:秋葉原駅