iPhoneSEを水没させてしまった!水没時の対象方法を知ろう!

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です

水没するとどうなるの?

iPhoneSEを水没させてしまうと、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。ここでは、端末が水没することによって具体的にどのようなことが起こるのか見ていきましょう。

電源が入らない

iPhone7以降に発売されたモデルに関しては、比較的新しく、耐水性能があります。ただし、iPhone6sまでのモデルには防水性能がないので、iPhoneSEにも防水性はありません。加えて、iPhoneは精密機械です。そのため、水に弱いという特徴があります。
iPhoneを水没させてしまったときに見られる電源が入らないという問題は、トラブルとしては特に多く見られるもので、一番わかりやすい類のトラブルと言えるでしょう。
また、万が一、端末が水没してしまうとスマートフォンの内部に水が入ってしまい、思わぬところに電気が通るなどのダメージを受けてしまうおそれがあります。

水没させたときの応急処置

iPhoneSEを水没させた場合、そのまま放っておいても直ることはありません。万が一、水没させてしまったときのために、応急処置の仕方を把握しておきましょう。

電源を落とす

iPhoneSEが水没してしまうと、焦って端末から水分を取り除こうとしたり、いつも通り電源がついたりするかを確認したいという人が多いでしょう。たしかに、水没で画面が真っ暗になって突然電源がオフになると、写真など大切なデータが消えてしまわないかという点が心配されます。
しかし、端末を水没させてしまったときには、iPhoneSEの電源を落とすのが真っ先に行うべき応急処置です。電源が入ったままの状態では、水によりショートを起こしてしまうおそれがあるのです。一度ショートしてしまうとデータが消えてしまい、再び電源がつかなくなってしまうこともあるため注意しましょう。

また、水没が直接的な原因となって勝手に電源が切れてしまった場合も、電源を入れてはいけません。ただし、iPhoneSEが水没した場合は、電源ボタンを普通に押しただけでは、電源をオフにできないこともあります。電源ボタンを押しても電源を落とせないときには、電源ボタンとホームボタンを同時に押して、強制的に電源を切りしましょう。

水分を拭き取り乾燥させる

水没時の応急処置としては、水分をしっかりと拭き取って端末を乾燥させるという方法も有効です。水没をした時間や程度によっても異なりますが、イヤホンジャックやホームボタンなどは、比較的水が浸入しやすい箇所です。
そのため、これらの部分は乾いた布やティッシュなどを使って念入りに水を拭き取るようにしましょう。細部まで丁寧に拭き取る作業を行うと、一度水没してしまった場合でも、iPhoneSEが復活する可能性はあります。

水没時のNG行動

iPhoneSEを水没させてしまったときには、やってはいけないNG行動があります。ここからは、端末が水没した場合に避けるべき行動について紹介していきます。

充電をする

iPhoneSEが水没した場合、画面が真っ暗になってしまうことがあります。電源が入らなくなったり、画面が暗くなったりすると「充電が必要なのではないか」と考える人も少なくないでしょう。しかし、端末が水没した際に充電をすることは、実はNG行動のなかでも絶対にやってはいけないもののひとつなのです。

スマレンジャー秋葉原

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

03-3527-1740

最寄駅:秋葉原駅