急いで充電したいときに役立つ!iPhoneを速く充電する簡単な方法とは

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

多様な機能を持つiPhoneはさまざまな楽しみ方ができるアイテムです。場所やシーンを問わず便利に使えるため、つい操作に夢中になり充電が切れそうになってしまった経験を持つ人もいるのではないでしょうか。充電が切れそうな状態であることに突然気付いたときには慌ててしまうものですよね。必要なシーンで使用できなくなれば困ってしまうことでしょう。そこで、緊急時に備えて知っておきたい、急速充電の方法について紹介します。

コンセントから充電する

手元にPCがあれば、すぐに利用できるため、PCにUSBケーブルをつないで充電する人も多いことでしょう。ただし、短時間でiPhoneを充電したいときには、直接コンセントから充電することが適した方法となります。iPhoneの充電は、PCを利用して行うことも可能ですが、USBケーブルを経由すると、コンセントから充電する方法に比べて充電スピードはそれほど速くなりません。

充電中の消費電力量を抑える

iPhoneの充電を急速に行うためには、充電スピードを上げるだけではなく、充電している最中に消費する電力量を抑えることも大切です。

消費電力を抑える方法その1:電源をOFFにする

電源をOFFにする方法は、消費電力を抑えるために非常に有効です。そもそも、iPhoneの活動をすべて止めてしまえば、電力を消費することはなくなります。iPhoneは、特に何かの機能を使用していなくても、電力を消費しているため気を付けなければいけません。放っておいてもメールやLINEの受信確認などのために通信を行っているため、起動しているだけでバッテリーは消耗し続けます。

しかし、電源をOFFにしてしまえば、何も作動されないため、充電中の電力消費を避けることが可能です。複数の動作を同時に行えばiPhoneの作動負担が大きくなりますが、充電だけに専念できれば、作動負担は小さく充電スピードも上がります。
ただし、当然ながら電源を切ってしまえば、電話などを受けることができません。友人や知人からの急ぎの連絡が入っても気付かない恐れもあるため、充電のタイミングには注意しましょう。

消費電力を抑える方法その2:機内モードにする

完全に電源をOFFにしなくても、機内モードによって消費電力を抑えることもできます。機内モードとは、通信機能をオフにする設定です。電話回線やWi-Fi、GPSなどの電波が遮断され、インターネットや電話、メールなども使用不可となります。

消費電力を抑える方法その3:プッシュ通知を切る

電源を切ったり機内モードにしたりする方法は、状況によって不便となるケースもあります。通信を切ると、通常の電話が使用できなくなってしまうからです。そのようなときには、プッシュ通知を切るだけでも充電の効率を上げることができるようになります。

消費電力を抑える方法その4:バッテリー消費を抑える

充電スピードを上げるためには、消費される電力量を減らすことが有効です。消費電力量を減らすためには、バッテリーが消費されるのは抑える必要があります。バッテリー消費を抑える方法はさまざまです。たとえば、「視差効果を減らす」をONにするのも方法のひとつとなります。
視差効果とはホーム画面や App内に奥行き感を演出するためにあるものです。視差効果を減らす設定にすると、画面の動きを減らせるようになるため、バッテリー消費を抑えられます。

スマレンジャー秋葉原

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

03-3527-1740

最寄駅:秋葉原駅