HUAWEI Mateシリーズ: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 |  |  | 0

みなさんこんにちは!!

スマレンジャー難波千日前店です!

 

先日、HUAWEIのスマートフォンについてご紹介しましたが、

本日は、続編としてもっと詳しくHUAWEIのスマートフォンをご紹介します!

 

HUAWEIはキャリア端末や格安SIMなどの垣根を超えて、日本国内で主流になりつつあるスマートフォンメーカーです。

しかし、HUAWEIのスマートフォンといっても種類が数多くあり、何を選べばいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

今回は、HUAWEIが提供しているMateシリーズ、Pシリーズm、novaシリーズの3種類に焦点を当てて詳しく紹介していきます。

一般的なスマートフォンと違って、シリーズごとにターゲット層が異なるので、自分のスタイルに合ったスマートフォンを見つけることができます。

 

・利用者のスタイルによってオススメの端末が選べるHUAWEIのスマートフォン

HUAWEIのスマートフォンというのは提供されているシリーズが最も多く、2018年現在では5種類のシリーズが発売されています。

今回紹介するのは、その中でも最も人気の3機種のシリーズです。特徴は以下の通りです。

3シリーズの特徴

Mate:高いスペックろ強くな値段設定

P:デザイン性を重視したスタイリッシュモデル

nova:平均的なスペックろ価格帯でお得感がある

 

スマートフォンを電話やメールといった目的にしか使わない人は年々減少していますので、スマートフォンをどのように使うのかということについては、ユーザーによって大きく異なります。

自分のスタイルに合ったスマートフォンを選ぶことによって、快適な世界都を送ることができます。HUAWEIのスマートフォンを選び際は、入念に検討しなければならないということを忘れないでください!

 

・HUAWEI Mateシリーズ/仕事のプレゼンにもタフな外回りにも納得

HUAWEIのMateシリーズの特徴というのは、高価格・高スペックということがあげられますが、Mateシリーズの中でもさらに細分化されていて、自分のスタイルに合わせることができる仕組みになっています。

2018年6月現在のHUAWEIのMateシリーズの中でも最新モデルとされているのは、

Mate10シリーズとなっていて、下記の3種類の端末が用意されています。

Mate 10 Pro:HUAWEIのスマートフォンの中でスペックが最も高い

Mate 10:シリーズの中で標準スペック

Mate 10 Lite:シリーズの中ではスペックが一段落ちる

これらの端末が提供されています。

 

Mate 10 Pro

Mate 10 ProはHUAWEIが提供している端末の中でも最高スペックが搭載されていることが特徴的です。、

ディスプレイが大きく、液晶がキレイになっていて防水・防塵にも対応しているということもあり、外回りが多いビジネスマンにオススメな端末だということが挙げられます。

ディスプレイが大きく、液晶がキレイだということは、仕事に必要なデータをMate 10 Proの中に保存して顧客にプレゼンするというようなケースでも使いやすくなっています。

注意点としては、上記の表を見ても分かるようにMate 10 Proの下位互換でもあるMate 10と比較すると液晶やディスプレイといった外側の部分だけが異なっています。

そのため、スマホを構成する重要なパーツでもあるCPUやカメラといったパーツについてはMate 10 ProもMate 10も変わらないので、画面部分が気になるという方にオススメなのが特徴的です。

スマートフォンを外側ではなく中身だけで判断するというような人の場合はMate 10 ProよりもMate 10のほうが合っているということになります。

しかし、スマホを通じて誰かに情報を伝えるような仕事をしている人の場合はMate 10 Proのほうが合っているということになります。

また、CPUやカメラについてはMate 10と変わりませんが、メモリについてはMate 10の1.5倍となっていますので、サクサクとした処理を希望する人の場合はMate 10 Proがオススメです。

 

Mate 10

Mate 10はHUAWEIのMeteシリーズの中でもスタンダートとなる端末です。

しかし、Mate 10はMate 10 Proと比較しても、異なる部分はディスプレイとメモリぐらいとなっていますので、価格とスペックを比較して検討するのならば、Mate 10のスペックで十分だという人は多いです。

注意するポイントとしては、Mate 10 Proの場合はmicroSDカードを使用することが出来ず、クラウド上に保存するか自分のパソコンなどにバックアップを取るしかありません。

Mate 10の場合はmicroSDカードを使用することが出来ますのでその辺りの汎用性は高いです。

また、記憶容量に関しても、Mate 10で64GB、Mate 10 Proだと128GBとなっていますが、動画などを頻繁に保存する人以外は容量が余り気味となるケースが多いので、それほど気にする必要ありません。

Mate 10がオススメな人というのは、簡単に言えばHUAWEIのスマホの中でも高いスペックの端末を求めているが、そこそこのスペックで十分だという人に向いているということが挙げられます。

上記でも紹介したように、Mate 10 ProとMate 10を比較すると、それほど大きなスペックの差はありませんので、汎用性や価格を比較すると大多数の人はMate 10のほうが合っているということになります。

もちろん、最高スペックを求めている人の場合はMate 10 Proのほうがオススメだということになりますので、その点については注意してください。