Xperia XZ2 Premiumのカメラは超きれい!だけど故障のリスクも?

 |  |  | 0

スマートフォンのカメラは年々進化を遂げていますよね!

一昔前まではただ撮影できれば良いレベルであって、ガラパゴスケータイでは写メールが流行しました。

ただ、最新機種のスマートフォンでは、デジタルカメラをも凌駕する性能を誇っているものも多数みられます。

これも、コンパクトであるので持ち運びしやすく、かつ通信機能があるので送付したり管理しやすいという点があって、これだけ進化しているのは間違いありません。

その点で、今後も発展が見込まれるカメラ機能ですが、特にXperia XZ2 Premiumのカメラ機能は桁違いであると評判になっています。

では、Xperia XZ2 Premiumのカメラ機能はどのようなものとなっているのでしょうか?

ここでは、Xperia XZ2 Premiumの優れたカメラ性能について紹介します。

Xperia XZ2 Premiumの概略は?

まずはじめに、Xperia XZ2 Premiumというスマートフォンの概略について紹介します。

Xperia XZ2 Premiumが登場したのは2018年秋モデルからです。

まず、名前にプレミアムという名称が使用されている点に注目が集まりますよね。

これは、通常のXperiaよりもワンランク上の機能を兼ね備えていることを意味しています。

Xperiaと言えば、オムニバランスデザインと呼ばれる独特な形状が特徴として上げられます。

オムニとは、日本語で「全ての」という意味があり、全てのシーンにおいてバランスの取れているデザインのことを指しています。

人によっては様々な持ち方をしますし、癖も存在しているものです。

更に、使用するシーンも人それぞれであるわけですが、誰でも快適に使えることを目的として、一切の無駄を排除した設計を取り入れて、デザイン的に一切の無駄を排除しています。

ただ、このXperiaらしいデザインが年々失われていて、個性が無いスマートフォンになってきていたのは事実です。

そこで、Xperia XZ2 Premiumでは最先端のトレンドを取り入れつつ、歴代のXperiaが持っていた個性をうまくミックスした外見を採用しています。

ガラス板を連想させるデザインの多かったXperiaシリーズを一新するデザインが特徴的で、横幅は約80mmと若干大きめですが、本体側面から背面にかけて緩やかにカーブしており、美しいアーチを描く形状を採用しています。

この形状を取り入れたことにより、手のひらにフィットさせやすい点が魅力となっています。

他にも、光をうまく反射して輝かせることができる鏡面仕上げのデザインが印象的で、ラグジュアリー感があるのが良いですね。

画面の縦横比では16:9を採用して、3840×2160dot(4K)表示が可能となっている約5.8インチの大きなディスプレイを取り入れています。

前モデルであるXperia XZ Premiumと同様に、4K HDR表示に対応していることになりますが、クアルコムの最新チップセットをマウントしており、なんと世界初の4K HDR動画を撮影することができます!

今後映画界ではスタンダードになるとみられている技術を先取りしている辺りがさすがと言えますね。

他にも、ダイナミックバイブレーションシステムを取り入れたことがトピックスとして上げられます。

Xperia XZ2 Premiumのために新たに開発した大型の振動モジュールを本体に内蔵しており、視聴するコンテンツのサウンドについて独自のアルゴリズムによりリアルタイムに解析します。

その後、サウンドに合わせて本体をバイブレーションする仕組みとなっています。

最近では映画館でも振動をうまく利用した体感型の映画であったり、匂いもうまく取り入れている映画がありますが、正しくこのXperia XZ2 Premiumではうまく振動を取り入れることでより迫力ある動画を見ることができます。

Xperia XZ2 Premiumのカメラ機能は?

では、Xperia XZ2 Premiumではどのようなカメラを採用しているのでしょうか?

一言で要約すると、デュアル構成のアウトカメラが特に印象に残ります。

デュアルカメラの特徴としては、超高感度である点が挙げられます。

デュアルカメラと言っても、その活用方法は様々で各メーカーによってかなりスタンスが異なります。

イメージとしては、シングルカメラに2つ目のカメラを取り付けたというイメージで開発が進められています。

例えば、メインカメラがあって2つ目のカメラは望遠カメラ、またメインカメラとモノクロカメラなどの活用が図られています。

他にも、メインカメラと超広角カメラという使い分けも良くみられる傾向となっています。

Xperia XZ2 Premiumでは、デュアルカメラの使い方として超高感度に舵を取って開発されています。

2つあるアウトカメラのうち、内側にメインカメラを取り付けています。

この性能自体は、従来と同様で1920万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを採用しています。

レンズではF1.8とより明るくなったことにより、更に鮮明な画像を撮影できるようになりました。

ここまではありきたりなものですが、外側にある高感度用センサーが見どころとなっています。

高感度用センサーには1/2.3型のモノクロセンサーを採用していて、画素数も1220万画素とメインカメラと比較すると、少し見劣りするスペックとなっています。

ただ、ピクセルサイズが1.55umと若干ですが鮮明度が高く、レンズもF1.6とさらに明るいものを採用しています。

焦点距離は25mm相当であり、近くのものも鮮明に撮影できるようになっています。

デュアルカメラの原理を説明すると、モノクロセンサーの輝度データとカラーセンサーの色データを有効して、オリジナルの画像融合処理プロセッサであるAUBEで処理します。

2つのセンサーで集めた情報をリアルタイムで合成して、質の高い写真を作り上げるという原理となっています。

動画撮影時においては、最大ISO12800、静止画撮影時でもISO51200の超高感度撮影が実現可能です。

カメラは、高性能になればなるほど扱いにくくなるのが実情ですよね。

そこで、如何に容易な操作で扱えるかが重要視されますが、その点も最大限に考慮して便利な機能を兼ね備えています。

その一つに、プレミアムおまかせオート+という機能があります。

従来のおまかせオートに対して、画像を重ねる機能や夜景を容易に撮影できるモードなどを、効果的に取り入れることができるモードとなっています。

精度も高く、非常に使いやすいモードとしてお勧めできますが、あえてマニュアルモードも残しているのが特徴です。

これにより、自分好みの写真を撮影できますし、あえてぼかすなどの処理も簡単に行えることもあり、意外と高いニーズを誇っています。

上級者はぜひ試してみてほしいですね!

カメラが故障するリスクは?

どんなに有能なXperia XZ2 Premiumであっても、ふとしたことでカメラが故障するということも考えられます。

まずは、カメラのレンズなどが物理的に故障しているのか、それともソフト的に制御できていないのかを切り分ける必要があります。

ソフト側である場合は、まずはXperia XZ2 Premiumを再起動してみることをおすすめします。

それでもダメな場合は、ソフトウェアやアンドロイドのアップデートを行うという方法も有効です。

各方法で治らない場合は、物理的な故障である可能性を疑いましょう。

修理は、各キャリアで対応してもらえますし、修理業者を利用するという方法もあります。

スマレンジャー難波店では、Xperiaの修理にも対応していますので、カメラ機能としてどこが悪いのかを的確に判断し、必要に応じて修理対応させていただいております!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Xperia XZ2 Premiumは、プレミアムという名の通りハイセンスなスマートフォンに仕上がっています。

特に、カメラ機能が充実したのはとてもうれしいですよね!

仮に大切なXperia XZ2 Premiumのカメラが故障した際には、まずはスマレンジャー難波店にお問い合わせください!