iPhoneが水没したら修理前にすぐ対処するべきこと・してはいけないこと

 |  |  | 0

iPhone水没したからといって必ず助からないというわけではありません

iPhoneが水没してしまったとき、どうしたら良いかと慌ててしまうかと思われます。

水没をしたらもう中のデータは助からない、修理に出しても無駄だろうかとパニックを起こす方も多いです。

 

水没して、修理に出しても中のデータが助からないこともあります。

しかし必ずしもデータが助からないわけでもないので、水没したときは慌てずに対処しましょう。

 

水没したらまずどうするのか、対処するべきことを覚えておけば無事に中のデータを助けることができ、またiPhoneが修理を無事終えて戻ってくる場合があります。

iPhoneの水没点検・水没修理ならスマレンジャーへ!

iPhoneを水の中から拾って乾かしてください

iPhoneが水没してしまったときは、まず水の中からすぐに拾ってください。

 

  • お風呂の中に落としてしまった
  • 川で遊んでいたら落ちてしまった
  • トイレの中にうっかり落とした

とさまざまなケースがあるでしょう。

どの場合もまずは水の中から拾い上げ、周りについている水分を優しく拭き取ってください。

 

タオルなどで優しく、Dockやイヤホンジャックの部分も含めて拭きましょう。そして、その後乾燥させてください。

そのまま放置して乾かすのではなく、ジップロックなど密封できる袋を用意し、その中に乾燥材を入れておくのがベストです。

乾燥材はお菓子についてくることがありますので、手元にあれば使いましょう。

 

もし乾燥材がなければ、お米を入れて乾燥させる方法もあります。

ジップロックの中にたっぷりお米を入れて、iPhoneを包み込むようにしましょう。

 

iPhoneが濡れたままですと、内部に水分が入り込むことがあります。

大切なデータが破損したり、充電をしたりしたときにショートすることもあるので注意しましょう。

 

水没したiPhoneはドライヤーで乾かさないでください

iPhoneを水没させたときは乾かすことが必要ですが、ドライヤーで乾かすことは避けましょう。

 

ドライヤーの場合すぐに乾くと感じ、つい利用してしまいそうですが、高温の風が出るため危険です。

iPhoneの基盤は熱に弱いため、ドライヤーの風をあてることで壊れてしまう可能性があります。

 

水没したiPhoneを振って水分を飛ばすのは危険です

iPhoneを水没させたから乾かしたいと振る方がいます。

振ることで遠心力が働き、水分を早く飛ばせる場合があるかもしれません。

 

しかし、iPhoneを振ることでどんどん内部に水分が侵食する危険性があります。

濡れていなかった部分に水分が侵入し、結果修理ができなくなる可能性があるので水没したiPhoneを振ることは絶対に避けましょう。

 

水没したiPhoneの電源は入れてはいけません

iPhoneを水没させてしまった、壊れてしまっただろうかと慌てて電源のON・OFFをするかもしれません。

しかし電源のON・OFFをすることで、濡れた基盤がショートを起こしiPhoneが壊れる場合があります。

 

  • 中のデータは無事だろうか、
  • iPhoneを修理したらかえってくるだろうか

と不安になるかもしれませんが、電源を入れることは避けてください。

 

充電をするのは危険ですので注意しましょう。

電源を入れずに充電器にさした場合も、接続部分がショートを起こす危険性があります。

 

電源はつかなかったけれども、充電ができればiPhoneが無事ではないだろうかと考えるかもしれません。

水分を拭き取り、乾燥もさせたから充電しようと、充電器にさすのもNGです。

 

バックアップの為、水没したiPhoneをPCへ接続するのも危険

中のデータだけでもどうにかしたいと考え、PCに接続される方もいます。

しかしこちらも充電をするときと同様に、接続部分がショートして壊れる可能性があるので避けましょう。

 

iPhoneが水没してからでは遅いので、日頃からバックアップを取っておくことをおすすめします。

PCにデータのバックアップを取っても良いですし、以前使用していたiPhoneにバックアップを取る方法もあります。

 

水没したiPhoneにカバーを付けている場合は外しておきましょう

iPhoneについた水分を拭き取るときですが、全体的に拭き取るとともにカバーをしている場合は外しましょう。

 

カバーを付けた状態ですとカバーの中に入り込んだ水分を拭き取ることができず、iPhone内部に水分が浸入することがあります。

カバーを外すときは、できるだけiPhone本体に衝撃を与えないようにゆっくりと外しましょう。

 

SIMカードを抜いておきましょう

iPhoneを拭き取る際に、カバーとあわせてSIMカードを抜いておきましょう。

 

また抜いたSIMカードはタオルなどで優しく拭き、本体と同様に乾かしてください。

SIMカードは、データ通信や電話を利用する際に大切なものです。

 

iPhoneが水没した場合、必ず修理に出しましょう

iPhoneを乾かしたら電源が入った、中のデータは無事だったと修理に出さずにそのまま使用する方もいらっしゃるかと思います。

しかし徐々にiPhoneの内部に水分が侵入し、時間が経ってから調子が悪くなることもありますので必ず修理に出し、安全に使用できるか確認しましょう。

 

水没をしたiPhoneの修理は正規修理店以外にも対応している店舗があります。

もう駄目だと思ってあきらめてしまう前に、一度相談することをおすすめします。

 

iPhone修理戦隊スマレンジャーでは、水没したiPhoneの修理・復旧作業を3,500円からご対応しております。

電源が入らない状態での対応も可能です。

また、水没復旧率は業界屈指の平均75%ですので、iPhoneが水没した際には、まずは焦らずにスマレンジャーへご相談ください。

 

 

スマレンジャーは大阪を中心に全国に店舗がございます。大阪府内にはドン・キホーテ梅田店梅田泉の広場店難波千日前店など駅チカでアクセスしやすい店舗が8店舗ございます。

 

修理後も安心してご利用いただけるよう3ヵ月保障をご用意しております。

詳しくはスマレンジャー店舗一覧をご覧ください!