iPhoneのボタンが押せない!そんな時どうする


皆さんはiPhoneのボタンが反応しないトラブルに遭ったことはありますか?普段使用しているiPhoneのボタンが突然壊れてしまったらとてもショックですし困ってしまいますよね。現在はボタンの無いタイプのiPhoneが企画されていますが、多くの方はボタン付きのiPhoneを使っていると思うので、ボタンが壊れた場合の対策を知っておきましょう。

一応ボタンが壊れた状態でもiPhoneを使うことはできますが、使い勝手は著しく低下します。今回の記事でiPhoneが壊れたまま使う方法を紹介しますが、応急処置にもなっていないので気休め程度のものです。長期的に見ると壊れたままの使用は望ましくないので、必ずiPhoneの修理を業者へ依頼しましょう。大阪付近にお住まいの方は是非スマレンジャー難波店までご相談下さい。

 

iPhone右上のスリープボタンが壊れたら

 

iPhoneの本体右上のスリープボタンが壊れてしまうと非常に厄介です。iPhoneのスリープができないので、電力を消費しやすくなってしまいます。また、完全にiPhoneの電池が切れてしまった場合、本来はスリープボタンの長押しで充電後に再び電源を入れることができますが、スリープボタンが壊れてしまうとそれができません。この対策としてiPhoneをLightningケーブルで接続すると、自動的に電源が入りますが、電源をオンにするたびにLightningで接続するのは非常に手間が掛かると思います。

他に何らかのトラブルが併発している時に、そのトラブルを解決する際に1番に行うのがiPhoneの再起動です。iPhoneの電源を切るのは「Assistive Touch機能」の設定(後述)で簡単に対処できますが、電源を入れるのにわざわざ充電するのは面倒でしょう。このため、早めに修理業者へ依頼しましょう。

 

iPhone右上のスリープボタンが壊れる原因

iPhone右上のスリープボタンが壊れる原因は主に経年劣化です。時が経つにつれて部品が劣化し、次第に反応が悪くなり、最後には完全に反応しなくなってしまうのです。他にも、スリープボタンの使い過ぎが挙げられます。例えば、スクリーンショットするためにホームボタンを多用すると、その分、壊れやすくなります。そして、強い衝撃を与えることも致命的です。普段からiPhoneを落とさないように気を付けましょう。

 

iPhoneのホームボタンが壊れたら

 

iPhoneのホームボタンが壊れてしまうと、とても使い勝手が悪くなります。恐らく、ホームボタンの使用頻度は高い方が多いのではないでしょうか?アプリを使った後、ホームに戻るために使いますし、マルチタスクを開く時には2回押す必要があります。

多様なアプリを入れているとマルチタスクは大変役に立ちますが、使い過ぎると劣化は避けられないので、普段から「Assistive Touch機能」(後述)を使用すると良いでしょう。もちろん、これは応急処置であり、使い勝手は落ちるので、修理業者への依頼が適切です。

 

iPhoneのホームボタンが壊れる原因

 

ホームボタンが壊れる原因は経年劣化や使い過ぎによるものが多いです。ホームボタンが完全に壊れるのではなく、反応が遅い場合は、iPhoneの容量を使い過ぎているために読み込み時間が掛かっていることがあります。iPhoneの空き容量が少ない場合は故障ではないのでご安心下さい。この場合はホームボタン以外の動作も遅くなっていることがあります。

また、ホームボタンの裏側の金属の劣化により、陥没したり反応しなくなることもあるのです。そして、ホームボタンの裏側にゴミが溜まって接触不良を起こしていることも考えられます。この場合はiPhoneのホームボタンが反応しないだけでなく、押すたびに小さな砂を潰している音がすると思います。

これはとても危険な状態です。小さな砂がiPhoneの隙間から混入しているのでホームボタンだけでなく、本体まで壊れてしまう可能性があります。必ず修理業者へ依頼しましょう。素人の方が液晶を外してゴミを取り除くのは難しいので、自分で修理を行うのはおすすめしません。

 

ボタンが壊れた時の応急処置になる「Assistive Touch機能」

 

iPhoneのボタンが壊れたら、すぐに修理業者へ駆け込むべきですが、取り敢えずボタン無しで使用できるようにするためには「Assistive Touch機能」の使用がおすすめです。これは、iPhoneのボタン操作を画面のタップで代用できるようにする機能です。

設定方法は次の通りです。

①設定を開く

②「一般」をタップ

③「アクセシビリティ」をタップ

④「Assistive Touch機能」をオンにする

 

以上の工程を終えると、画面上に四角い模様が現れます。これをタップするとスリープボタンとホームボタンの代用ができます。スクリーンショットやマルチタスクの解放も可能です。電源を切るボタンはありませんが、「画面をロック」ボタンを長押しすることで可能です。スリープボタンが壊れた場合に電源入れるには充電器を挿しましょう。「Assistive Touch機能」を使えばボタンの使用頻度がかなり減るので劣化を避けやすいです。このため、普段から使用しても良いでしょう。

 

iPhoneのボタンが壊れた場合の修理料金

 

スマレンジャーではiPhoneのボタン修理が5800円(機種によっては4800円)で行なっています。詳しくはこちらをご覧下さい。「スマピンク」アップルの純正サポートは部品交換よりも本体の交換を主に行なっているので、価格が高くなりがちですので、是非スマレンジャーまでご相談下さい。

 

iPhoneのボタン壊れる前の対策

iPhoneのボタンが壊れると、とても困ってしまいますよね。そこで、事前に壊れないように予防をしておくことが重要です。

 

iPhoneを包むタイプのカバーを付ける

 

iPhoneを包むタイプのカバーを付けることで、ボタンが反応しなくなる原因の1つである強い衝撃や小さな砂など、ゴミの混入を防ぎやすいです。近年はデザイン性も高いカバーがあるので、お洒落でもあり、iPhoneを守ることができるので、是非購入しましょう。

「Assistive Touch機能」を使う

「Assistive Touch機能」を使うとボタンの使用頻度を落とすことができるので経年劣化を防ぎやすいです。「Assistive Touch機能」は壊れる前、後を問わず有効なので、なるべく出しておくようにしましょう。設定も使用も難しくないので、とてもおすすめです。

iPhoneのボタンが押せない!そんな時どうする まとめ

 

今回はiPhoneのボタンが壊れてしまった場合について解説しました。ボタンが壊れてしまう主な理由は経年劣化です。このため、押す頻度を減らすため「Assistive Touch機能」の使用が望ましいです。ほんの少し液晶が見にくくなりますが、壊れる前にも後にも有効なので、とてもオススメです。とはいえ、iPhoneのボタンが壊れるととても不便なので、必ず修理に出しましょう。特に、右上のスリープボタンが壊れると、電源を切った後に充電しなければ復帰できないので面倒です。常にポータブル充電器が無いと安心できなくなってしまいます。大切なiPhoneは、壊れてはじめてそのありがたさに気が付きます。万全にしておくために、修理を行いましょう。大阪付近の方は是非スマレンジャー難波店までお越し下さい。