iPhoneの中身: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 |  |  | 0

みなさんこんばんは!スマレンジャー難波千日前店です。

 

 

みなさんはiPhoneの中身をご覧になったことはありますか?

iPhoneは修理する時大きく分けて、画面のある上部と、バッテリーのある本体の2つに分かれています。

上部の薄い板が、画面の部分で、下部が本体です。

 

 

本体の中はほとんどがバッテリーで占めており、そのまわりにロジックボードと呼ばれる基盤が張り巡らされています。


そしてその中にSIMカードを入れるところがあります。
本体の下にはドックコネクタといって、イヤホンジャックや充電口があります。

 

 

一方画面の方はヒートシンクと呼ばれる熱を吸収する板があります。
その上にインカメラとスピーカーがあります。
一方、その下にはホームボタンがあり、それを支える固定版があります。

この2つの部分がコネクターによって繋がれています。
ですので、もし画面のうつりが悪い時はiPhoneを落とした時にコネクターがゆがんでしまった可能性があります( ;∀;)

 

落とし方によっては故障の方法もバラバラで、落としてしまったからといって絶対に調子が悪くなること言えず

iPhoneが落としたことによって故障するのはケースバイケースなんです( ;∀;)

ですので、少しでもおかしいと感じた時はぜひ一度スマレンジャー難波千日前店までお越しください!

iPhoneの画面交換は最短20分から実施しております(^^♪

 

iPhone修理難波千日前店はこちら