水没してしまったら!!

 

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

 

今回は、iphoneが水没してしまった時の対処法について、
ご紹介したいと思います!

 

例えばトイレに落としてしまった・・・
雨の中で濡れてしまった・・・
うっかりお風呂に持ち込んで落としてしまった・・・
などなど経験はございませんか?

シチュエーションはさまざまですが、
結局水没してしまったらすべて一緒ですよね・・・
もし大切なiphoneを水に落としてしまったら!

 

「絶対に電源を入れないようにしてください!!!!!×3」

 

それはなぜかというと・・・・

 

水にぬれた状態でiphoneの電源を入れてしまうと
ショートしてiphoneが完全に壊れてしまう恐れがあるからです!

 

電源が入っている状態ならば必ず切りましょう!

まずは見える範囲の水滴は拭きましょう!
出来るなら、simトレーまで抜いてsimも拭きましょう!

急激に乾かそうとして間違わないとは思いますが電子レンジには入れない下さいね・・・
ドライヤーで乾かすなら冷風で!急速温風は避けたほうが良いかと・・・

手元にあると便利なのは乾燥剤、ジップッロックなどの密閉出来るもの
これがあるとiphneを乾燥材で挟んでジップロックなど密閉性が高いものの中に1日置くのがBESTです!

なければ自然乾燥でも大丈夫です。
乾けばOK!!

乾いたら電源を入れてみましょう!

電源が入ればまずはデータ保存です!!

 

ここまでが簡易的に出来る水没の対処方法となります。

 

一度水没してしまったら、カビやサビなどが後々発生するので、
修理業者で中をクリーニングしてもらうか、
Apple・キャリアなどで装置を交換するのもアリですね。

そのまま使っていると何らかの不具合は起こるかも?しれません・・・

もし電源が入らなかった時ですが、
Apple・キャリアなどで修理は受付けてもらえます!
ただしデータは全て消えてしまします。
何故かというと装置をまるまる交換するからです。

また修理業者(当店でも受付しています)での修理(内部のクリーニング)で、
電源が入るようになるかどうかです。(当店では、水没復旧の項目です)
電源が入れば、データは消えてないことがほとんどです!
その他(液晶やバッテリー等々)に不具合がある場合も結構あります。

 

修理に出さないという選択肢もあります!!
データは消えてしまいますが、買い替えや保証を使っての本体交換など!

やはり機械には水は天敵と思ってください。
防水仕様だったとしても極力は避けたほうが個人的には良いと思っています。

 

用心のためにも普段からバックアップは欠かさず、コマめにしましょう!
機械は修理や機種を変えたり出来ますが、データはそうはいきませんので・・・

備えあれば・・・です。