「海外でiphoneが自分で修理出来るサービスをApple実施!?日本への上陸予定は・・・?」iphone修理ならスマレンジャーグループへ!

皆様こんにちわ!スマレンジャーグループです!

 

先日、テレビニュースで海外ではアップルがiphoneを自分で修理できるというセルフサービスプログラムを2022年から実施を予定している、という報道がありましたね!アップルからのサービスですから勿論部品は純正品、更に自分で修理を行えるという事から修理店に頼むよりも安価で修理が出来るという事になり、iphoneユーザーにとっては非常に喜ばしいニュースではあります!

 

 

 

 

が・・・。

海外事情はあまり詳しくありませんがこのセルフサービスプログラムは日本での実施は難しいという懸念がされています。

 

 

まず一つ目の理由としてはiphoneは「技適」認証がされている端末なのですが許可がない人間が分解・修理などをしてしまうと技適認証が無効になりその状態で通信などを行うと電波法違反」に問われる可能性があるからなのです。現時点でiphoneは個人で分解・修理を行う事は禁止されており、個人的に分解などを行うとアップルケアなどメーカー正規保証の対象外となってしまいます。

つまり法律上の問題が絡んでくるのですね。

 

 

 

二つ目の理由は技術的な問題です。iphone修理の中でも最も依頼件数が多い液晶画面の割れ修理ですが、ただ画面を外すだけでも実はコツがあります。本体と液晶画面を繋ぐケーブルは細く、力加減を間違えたり慣れてない人が無理やりパワープレイで画面を外したりすると誤ってケーブルを断線させる可能性があります。

 

更には細かいネジの取り外しやセンサーを正確に取り付ける等といった、非常にデリケートな修理ではある為、最初から上手く修理は難しいでしょう。

バッテリーなどの交換もセルフサービスで視野に入れられていますが、バッテリーはリチウムイオン電池が使用されており非常に高出力な電池なので取り外し方を誤ってしまうと発火・火災の恐れがあるのでとても危険な作業となります。

 

 

 

インターネット時代・ネット社会と呼ばれる現在、動画サイトではiphoneに関する修理方法や分解動画などが数多く出回っておりますが最先端の技術が詰まったiphoneを「そもそも分解しても自分で元に戻せない」という問題もあり、細かな作業が苦手な方は安易に自身で分解しない方が吉といったところでしょう。

 

 

上記の事柄から日本でのiphoneを自分で修理が出来るようになるセルフサービスプログラムは日本での実施は望み薄だと専門家の間では囁かれています。

但し、今後純正の部品が出回りだす事によって、また修理価格などは競争が激化する予想がされています。純正部品が安価に手に入るのであれば修理業者からしてもうれしい話ではありますね!

 

 

スマレンジャーグループでは長年iphone修理に携わった熟練スタッフがあなたのiphoneを丁寧に修理致します!

スマレンジャードンキホーテ梅田店・近鉄八尾本店ではお客様の目の前で修理が可能ですよ!

画面修理なら最短15分!バッテリーや充電口交換なども即日対応可能となっております!

もちろんデータはそのままでお返し出来ますよ♪

iphoneの事で困った事が起きれば全国に12店舗展開中のスマレンジャーグループをご利用下さいね!