緊急事態を回避!iPhoneのデータを復旧するための方法を3つ紹介!

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

.iPhoneのデータが消えてしまう主な原因

iPhoneでは、さまざまな原因でデータが消えてしまうことがあります。意外と多いのは、操作中に誤って連絡先や画像などのデータを消してしまうことではないでしょうか。操作に慣れたことにより、タップスピードがすばやくなり誤って消してしまうこともあります。iPhoneの破損によりデータが消えてしまうことも少なくありません。外出先での操作中に地面へ落としてしまったり、お尻のポケットに入れたまま座ってしまったりなど、さまざまなシーンで破損の可能性はあります。また、水没によりデータが消えてしまうということもあるでしょう。トイレで便座に座りながら操作したり、お風呂で浴槽に浸かりながら音楽を聞いたりする人は水没のリスクも多くなります。

iPhoneはデータの復旧が可能?

さまざまな原因によって消えてしまうiPhoneのデータですが、復旧することは可能なのでしょうか。もちろん、必ずしもすべての状況でデータ復旧できるわけではありません。iPhoneの状態にもよりますが、データの復旧は可能であるケースが多くなっています。例えば、iPhone本体が故障してしまった場合でも、バックアップさえ残っていればデータの復旧は可能です。また、削除してしまったデータでも実は完全に消えてしまっているわけではないため、多くの場合でiPhoneのデータは復旧できるといえます。そして、復旧ができないとされているケースは、初期化してしまったことによるデータの消失です。

復元ソフトを使用する

iPhoneデータの復旧方法として、復元ソフトを使用する方法もあります。ソフトによっては、iPhoneの電源が入らない場合でもデータを引き出すことが可能です。復元ソフトでは、誤タップによるものやiOSアップデートの失敗によるエラー、水没やウィルス感染などによるデータ消失を復元できます。復元できるデータは幅広く、電話番号やメールアドレスなどの連絡先、無料通話などのアプリでのトーク履歴などのさまざまなデータの復元が可能です。もちろん、画像や動画、音声などのファイルも復元できます。復元方法は、復元ソフトをインストールしたパソコンを起動させ、iPhoneをUSBケーブルでつなげるだけです。そうすることで、壊れてしまったり水没してしまったりしたiPhone本体のデータがパソコン上で復元されます。

データ消失の予防法1:こまめにバックアップをとる

iPhoneのデータは、消えてしまってから後悔するよりも予防しておくことが大切でしょう。予防法として重要なことは、いつ何が起こるか分からないからこそ、こまめにバックアップをとっておくことです。そのためには、iCloudやiTunesなどを利用して、常に万が一の事態に備えることが重要だといえます。iPhoneのホーム画面に「iPhoneバックアップに失敗」や、「○○週間バックアップが作成されていません」などの表示がある場合は注意が必要です。iTunesは、iPhoneとパソコンをUSBケーブルでつなげることでバックアップをとってくれますので、定期的にiTunesへ接続することを習慣づけておくと安心といえます。

iphoneの不具合・故障に関するお問い合わせはスマレンジャー秋葉原店まで!

03-3527-1740

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

最寄り駅:秋葉原駅