iPhoneのバッテリー交換は初期化される?交換方法や対策を知ろう!

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったと感じて、バッテリーの交換を検討している人も多いのではないでしょうか。知らない人もいるかもしれませんが、実はiPhoneバッテリーの交換を行うと初期化されてしまうこともあるのです。
この記事では、iPhoneのバッテリー交換の方法と初期化への対策を紹介します。iPhoneのバッテリー持ちが悪くなってきて困っている人は、この記事を読んでバッテリー問題を解消しましょう。

バッテリー劣化でパフォーマンスも落ちる

iPhoneのバッテリーの交換方法を紹介する前に、バッテリーが劣化することでiPhoneにどのような影響があるのかを知っておくことが大切です。バッテリーには寿命があり、いくら丁寧に使用していても化学的経年劣化によっていずれ容量やパフォーマンスが低下してしまいます。
たとえば、バッテリーの劣化により、電子部品に瞬時に給電できなくなりiPhoneが正常に機能することが難しくなります。充電器に接続してもいつまで経っても充電が完了しなくなったり、100%充電するまで数時間かかったりするようになるのです。

また、急激な電圧低下から電子部品を保護するために、突然シャットダウンが起きることもあります。容量の多いアプリなどを起動したときに、突然電源が落ちたという経験をした人も多いのではないでしょうか。これらの問題のように、iPhoneのパフォーマンス低下が目立つようになったらバッテリーの劣化が原因と疑っても良いでしょう。
ちなみに、バッテリーの劣化具合は自分で確認することが可能です。iPhone6以降の機種でiOSが11.3以降であれば、バッテリーの状態を表示して、バッテリーの交換を推奨してくれる新機能が追加されています。

バッテリーの劣化具合を確認するときは「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」の順にタップしてください。もしバッテリーが劣化していれば、Apple の正規サービスプロバイダでのバッテリー交換を促す旨の内容が記載されています。すぐに確認することができるので、試しにバッテリーの劣化具合をチェックしてみましょう。

初期化の可能性

iPhoneをバッテリー交換に出した場合、基本的には初期化されてしまうことはありません。しかし、iPhoneの状態や修理業者によっては、初期化されてしまうことがある点は頭に入れておいたほうが良いでしょう。たとえば、バッテリーの交換中に、交換作業に支障をきたす別の故障部位が見つかると初期化されてしまう可能性があります。

バックアップ

iPhoneのバッテリーを交換する前に、必ずバックアップは取っておいたほうが良いでしょう。主な理由は、先ほど紹介したように、バッテリー交換時にデータが消えたり初期化されたりすることがあるからです。もし、バックアップを取っていなければ、万が一データが消えてしまった場合、バッテリーの交換に出す前の状態に復旧させることができません。

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00