バッテリー交換の時期とは?大阪のiPhone修理店【スタッフKブログ】

 |  |  | 0

・バッテリー交換の時期とは?

iPhoneを使用していると、どうしても起こるのがバッテリーの劣化です。

 

使い始めた当初は朝充電満タンで持ち出せば夜寝るときに充電するまでまだ20%の赤色にもならないって方も多いと思うんですが、人によっては使い始めて1年ほどすると、何もしていないのに夜まで充電が持たないや、動画やゲームをすると一気にバッテリーが消耗してしまうようになった!なんて方が多いんじゃないでしょうか!?

 

新しいiPhoneですと、設定の中にあるバッテリーの項目で現在のバッテリーの状況を見る事が出来るのですが、こちらのパーセンテージが80%ぐらいになっているともう交換時期と言われています。

 

もちろん、80%で表示されていて、まだまだ全然問題なく使えているよーっていう方もいますので、個人的にバッテリーの持ちが最近悪いなーと感じられた時が交換時期と思って頂いて大丈夫なのかなと思います。

 

また、ゲームや動画などを頻繁に利用する方のバッテリーはとくに傷みやすい状態になっていると思いますので、夜までもたなくなったなーと感じられたらバッテリー交換か、少しめんどくさいですがモバイルバッテリーを持ち歩くのがおススメですね!

 

単純に、バッテリーの持ちが悪くなったなーと感じられたらバッテリー交換をするのが一般的だと思うんですが、それとは別ですぐにでもバッテリー交換をしてほしいタイミングがあります。

 

それは、バッテリーが膨らんできてしまっている時です。

 

バッテリーが膨らんでくると、画面を後ろから押し上げるので、液晶の映りがおかしくなってしまったり、場合によってはそのまま画面を壊してしまうことやiPhoneそのものが来れてしまうリスクもあります。

 

それに、膨らんでしまっているバッテリーは恐らく持ちもかなり悪い状態になっているはずなので、それを考えても気が付いた時点ですぐにした方がいいんじゃないかなと思います。

 

ではどこでバッテリー交換をすれば良いのか?

 

もちろん当店スマレンジャーのような街の修理屋さんに頼むのも1つですし、アップルストアのような正規修理店で修理をお願いするのも良いと思います。

 

当店のような街の修理屋さんの最大のメリットは、データそのままで即日最短15分ほどの修理時間で終わってしまうということです。

 

正規修理店の場合はに、事前の予約が必ず費用なこともあれば、価格も街の修理さ屋さんと比べて高い、時間も1時間以上が普通に掛かってしまうと、正規店での修理には何かと手間が掛かってしまうのも事実です。

 

また、寒くなってくるとバッテリーの持ちが悪くなりやすいこともあり、冬の間はバッテリー交換修理がいつもより多いです。そのため、飛び込みでのご来店や当日予約の場合にはバッテリーの在庫が切れてしまっていることも時々ありますので、ご来店の前には1度ご連絡を頂けますとスムーズにご対応可能かと思います!

 

本日はこの辺で!

 

また更新致します!