iPhoneの充電がたまらない、遅いときの対処方法

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です

対処方法①iPhoneを再起動する

アプリケーションなどのソフトウェアが起動していると、常に電池を使用しているので充電がたまらない状態になります。ゲームなどのアプリケーションは自分で終了できますが、iPhone本体の内部システムは操作不可能です。起動しているソフトウェアをいったん終了させるために、再起動を行うと、処理能力が上がって不具合が解消される場合があります。

再起動をするには、スリープボタンとホームボタンを長押ししましょう。画面の表示が消えて電源が落ちたあと、画面にアップルマークが出て起動すれば成功です。

対象方法②Apple純正純正品のアクセサリを使用する

充電ケーブルなど、Apple純正品以外のアクセサリを使用していた場合は、アクセサリの不具合に原因があるかもしれません。純正品以外のアクセサリは、iPhoneのセキュリティシステムが変更されると使用ができなくなる可能性があります。

例えば、パソコンとiPhoneをケーブルで繋いだときに、使用不可能を伝えるメッセージが表示される場合です。また、メッセージが表示されない場合もあるので注意しましょう。充電がたまらないときは、Apple純正品のアクセサリの使用をおすすめします。

対処方法③壁のコンセントから電源アダプタで充電

iPhoneを電源タップやパソコンに繋いで充電すると、充電がたまらない不具合が起きるときがあります。OAタップやUSBポートが故障していたり、iPhoneが認識されなかったりする場合があるためです。

充電がたまらないときは、壁のコンセントに充電ケーブルを繋いで充電を試してみましょう。それでも不具合が改善されなければ、充電ケーブルやiPhoneに不具合の原因がある可能性があります。

対処方法④Lightning端子をふいてみる

iPhoneで使用されている電源コネクタは、Apple独自のLightning端子です。Lightning端子に汚れが付着していると、接触が悪くなって電気が通りにくくなるケースがあります。そのため、充電がたまらないといった不具合の原因になってしまうのです。

Lightning端子を傷つけないように、柔らかい布などで汚れを拭き取りましょう。また、iPhone本体の充電ポートに汚れが付着している場合も、接触不良の原因になります。Lightning端子と一緒に状態を確認するとよいでしょう。

対処方法⑤iPhoneを適温で保つ、充電したまま使用しない

iPhoneの充電をしたまま使用を続ける行為は、充電がたまらない原因の1つです。iPhoneに使用されているバッテリーの充電回数には、限界があります。バッテリーは使用する度に劣化していくため、規定の充電回数を超えると、充電がたまらない不具合が出てしまいます。

また、充電をしたままiPhoneを使用すると、発熱して高温になります。高温もバッテリーの劣化を早める原因です。充電をしているときは使用せず、iPhoneを適温に保ちましょう。

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00