iPhoneデータ復元の手順は

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

いまやiPhoneに代表されるスマホは単なる電話というだけでなく、情報収集やショッピング、カメラにゲームと多彩な用途に活用できます。撮りためた写真や友人知人の連絡先などの情報もつまっており、なんとしてもデータの消失を防ぎたいと思う人も多いでしょう。今回はそんな人々のために、iPhoneのデータ復元方法の手順をはじめ、バックアップの方法や水に濡れた際の対処法などを紹介していきます。

 

.iPhoneのデータが失われる事例

iPhoneは、さまざまなデータを保管できる便利な媒体ですが、使い方によっては内部のデータが消失してしまうこともあります。たとえば、本来なら保存したかったデータなのに誤って削除してしまうといった人為的なミスです。操作を急ぐあまり、うっかり「保存」ではなく「削除」をタップしてしまったという人も多いのではないでしょうか。また、落下させたりぶつけたりしてデータが消えてしまうケースも珍しくありません。iPhoneは、複雑な構造で成り立つ精密機械であるため、落下などの衝撃には弱いのです。

さらに、盗難などによってiPhoneを紛失したことにより物理的な意味でデータがなくなったり、水に濡れてデータが破損したりすることもあります。誤操作によるリカバリーモードのせいで、気づかないうちにデータが消えてしまうケースもあるでしょう。リカバリーモードとは、iPhoneのシステムに不具合が生じた際、不具合を改善するためのモードのことです。システムエラーの発生やiOSアップデートの失敗などのほか、ホームボタンを押したまま充電するとリカバリーモードに入ってしまうケースもあるので注意しなければなりません。このほか、iPhoneの原因不明の故障により、突然データが失われてしまう事例もあります。

このように、iPhoneはさまざまな原因でデータが失われる可能性があるため、他人事だと楽観視するのはおすすめできません。いざというときに備え、データを守ったり復元したりするための対策をしておくことが大切です。

.データの復元方法1:iCloudからの復元

万が一、大切なデータが消えてしまうと非常に困りますよね。データは、形として残しにくいので一度消えると取り戻せないと思いがちですが、そうとは限りません。iPhoneの場合、「iCloud」を利用すればデータを復元できる可能性もあるのです。iCloudとは、iPhone内に保存されたデータをインターネット上に保存し、パソコンなどほかの端末からもアクセスしてデータを利用できるというサービスです。iPhoneだけでなくインターネット上にもデータが残るため、iPhoneが破損してもデータを失う心配がありません。

このiCloudからデータの復元を行う場合、端末のコンテンツなどはすべて消去しておきましょう。データの復元は、端末が初期化された状態でないと始められないのです。まず、「Appとデータ」が表示されるまで画面の指示にしたがって進み、「iCloud バックアップから復元」を選んでApple IDを入力およびサインインをします。すると、バックアップされているデータが表示されるため、復元したいデータを選択して復元を始めましょう。このとき、iOSのアップデートが必要な場合は、画面の指示にしたがってまずアップデート作業をしなければなりません。

復元作業が始まったら、終了するまで決してインターネット接続を切らずに待ちましょう。途中で接続が切れてしまうと、データがうまく復元できないばかりか、iPhoneが故障してしまう恐れもあります。その後、Appで購入済みのコンテンツを復元しますが、パスワードが分からない場合は後からサインインすることも可能です。

.データの復元方法2:iTunesからの復元

iPhoneのデータをパソコンにバックアップしていた場合、「iTunes」からデータを復元することもできます。iTunesは本来音楽や映像を視聴するためのツールですが、パソコンに保存されている音楽や映像のファイルをiPhoneと同期したり、写真や文書のファイルなどを転送したりする機能もあります。これらの機能を生かし、iPhoneのデータを復元できるというわけです。

まずは、バックアップに使用したパソコンからiTunesを開きましょう。iPhoneとパソコンをUSBケーブルでつないでiTunesに接続し、iTunesの画面にiPhoneが表示されたらそれを選択します。すると、画面に「バックアップを復元」という表示が出てくるため、クリックしてバックアップされたデータを確認しましょう。目当てのデータを見つけたら「復元」をクリックし、作業が終わるのを待つだけです。バックアップデータが暗号化されている場合は、別途パスワード入力を求められるケースもあります。復元が終わってiPhoneが一度再起動した後は、パソコンとの同期が行われるので、すべてが終わるまで接続したままで待つようにしましょう。

.データの復元方法3:復元ソフトの使用

iCloud、iTunesのどちらも、データを復元するためにはあらかじめバックアップをしておかなければなりません。しかし、「そのうちバックアップしよう」とのんびりしているうちにデータが消えてしまった場合などは、復元を諦めるしかないのかと青くなってしまいますよね。実は、iPhoneは機種によってバックアップをしていなくてもデータを復元できるケースがあるのです。それは、専用の「復元ソフト」を使用するという方法。復元ソフトを入れて起動させたパソコンにiPhoneをつなぎ、iPhone内に残ったデータを引き出すことができます。ソフトによっては、iPhoneの電源が入らないほど故障した状態でもデータを復元できる場合もあります。

ただし、復元ソフトさえ使えば確実にデータを取り戻せるというわけではありません。データやiPhoneの状態によっては、復元ソフトを使用してもすべてを元通りに復旧できないこともあるので、期待しすぎないようにしましょう。

.データの復元方法4:修理業者へ依頼

原因不明の故障でデータが消えてしまった場合、今回うまく復元できたとしても根本的な解決にはなっておらず、後日再びデータが消えてしまう可能性があります。安心してスマホを使い続けるためにも、データが戻ったからといって故障を放置するのではなく、きちんと修理したほうが良いでしょう。データが消えたままのiPhoneも、故障を修理することでデータが復元するケースもあります。とはいえ、ユーザーが自分でiPhoneの修理に手を出すのはおすすめできません。iPhoneの内部までチェックして適切な修理を行うのは、知識や経験のない素人には難しいものです。

無理に修理しようとして逆に状態を悪化させてしまう恐れもあるので、専門の修理業者に依頼するようにしましょう。専門業者であれば、修理だけでなくデータ復元をメインとしたメニューを取り扱っているところもあります。必要な作業をピンポイントで依頼できるので、費用の節約にもなるでしょう。また、水没などでデータが消えた場合は、時間の経過とともに内部にサビが広がって取り返しがつかなくなります。一刻も早く修理を行うことでデータ復元の可能性を上げることができるため、やはり専門業者へ依頼したほうが安心です。

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00