iPhoneの液晶が反応しない…原因と対処法

 |  |  | 0

こんにちは スマレンジャー秋葉原店です

iPhoneの液晶が反応しないってどういうこと?故障の原因は?

iPhoneの液晶が反応しない原因にはいろいろあり、例えば、指が汚れていたり水で濡れていたりすると、動きが鈍くなることがあります。
また、液晶そのものが汚れていると指でタッチしても反応しないことも考えられます。汚れやキズ防止目的で液晶保護フィルムを貼っている場合は、液晶画面と保護フィルムの間にゴミが入り込んでいることも液晶の反応を悪くする原因のひとつです。

また、水没や雨などで濡れるとiPhone内部に水が入り込み、水分で内部の金属部品がさびて液晶の動きが悪くなることも考えられます。

液晶を元に戻すには?どんな対処法がある?

液晶が反応しないときは、まず手の汚れを落として清潔な手で液晶にタッチしてみましょう。ダメだった場合は、液晶そのものが汚れている可能性があります。眼鏡拭きのような、液晶に傷のつきにくいやわらかい布で汚れを落としてみましょう。指や液晶の汚れを落としても改善しない 場合は、iPhoneの再起動を行います。

電源ボタンを押すと「スライドで電源をオフ」という画面が表示されます。この部分をタッチしても反応しない場合は電源が落とせません。その場合は、iPhoneを強制終了させます。iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時に長押しします。10秒ぐらいするとアップルのロゴマークが表示されます。その状態になるまで、電源ボタンとホームボタンから指をはなさないでください。

ロゴが表示されてしばらくするとiPhoneが自動的に再起動されます。iPhoneの強制終了をしてもダメな場合は、最新のiOSにアップデートしましょう。iOSのアップデート方法は「設定」-「一般」-「ソフトウェアアップデート」の順にタップします。最新のiOSでない場合は、この画面を開くと自動的に最新のiOSがダウンロードされます。ダウンロード後は充電器にさして最新のiOSをダウンロードしましょう。

それでも直らないなら修理を!

「何をやっても液晶の反応が悪い」。そんなときは液晶そのものや内部の部品が損傷している可能性があります。そのような場合は、iPhone修理業者に修理を依頼します。

お困りの際はご相談くださいませ。

スマレンジャー秋葉原店