街中でよく見かけるUbar Eats: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

街中でよく見かけるUbar Eats

.

最近緑のボックスで街中を駆け巡るUbarEatsの職員をよく見かけたりします。普通のデリバリーでは、無い気がしますのですこしUberEATSの秘密に迫ってみましょう!

UberEATSとは?

モバイルアプリケーションを使って出前を注文できる。 あぷりです。

普通のデリバリーと違って新時代な感じで

食べたい食事を頼んだらその注文した付近を走っているUbarEatsの人をマッチングし

その人が食事をとりに行き、自宅まで持ってきてくれるというシステムになっています。

外に買いに行くのが面倒でも普通のデリバリーは何円以上頼まないといけなくて

そんなにも食べたくないという方にはとてもオススメです。

UbarEatsは一点のみでも注文できるのでとても便利です。

普段デリバリーをやっていない店舗でも注文できます。

アプリで宅配情報が確認することができ、すぐに届くので快適に利用することができます。

 

UberEATSの歴史は、結構長く創立は、2009年だそうです。

ビックリですよね!最近になって流行しているものは実は2009年に創立されたものだそうです

2014年にカルフォルニアで配達を開始したそうです。

モバイルアプリケーションを使って出前を注文できる

 

UberEATSのメリットとデメリットに迫る

 

 

いきなりですが、皆さんは食事の時に出前を活用されますでしょうか?

 

夏になって、だんだんと暑さが増してきている昨今ですが、

外食のために出かけるのも嫌になってきますよね…。

 

かといって料理をするのもめんどくさいというものぐさな方には、

自宅にいながら、お店の料理を食べられる出前はとても助かるサービスといえます。

 

しかし、そんな出前も配送料が高かったり、一定の金額以上でないと頼めなかったり、

お昼時など繁忙時では、届くまでに時間がかかったりと、ちょっとした不満点があるのも事実です。

 

そんな方は、UberEATSを使ってみませんか?

UberEATSは、出前における不満点を解消し得る画期的なサービスです!

 

というわけで、UberEATSのメリットデメリットご紹介をさせていただきます。

 

 

UberEATSの紹介

 

UberEATSがどんなアプリか簡単に説明させていただくと、

宅配サービスの一つであり、

客側は、安く、早く、手軽に注文することができ、

お店側は、少ない初期投資で、配達係や、バイクがなくても配達できるなど、

客側も、店側もメリットのある画期的なサービスになります。

 

早急なデリバリーには、配達員とバイクや自転車などの移動手段が必要です。

お店側でそれらを用意するのはコストが高いため、

デリバリーに踏み出せないお店が多いことと思います。

 

そんな、配達員や移動手段をUberEATSが提供することで、

普段はデリバリーを行っていない、行えない店でも、

デリバリーを行えるのが、UberEATSの強みといえます。

 

そんな、UberEATSが提供する配達員というのは、

UberEATSの配達員用アプリに登録している一般人の方で、

アルバイトや勤務というよりは、

ちょっとお店のお手伝いをして、小遣いを貰うという認識が近いかもしれません。

 

そんな、UberEATSですが、普通の出前と何が違うのか、

UberEATSのメリット、デメリット、出前のメリット、デメリットを挙げて、

比較してみようと思います。

 

 

UberEATSと出前の比較

 

まず、UberEATSのメリットですが、

 

・頼んでから配達されるまでが早い(早ければ10分程度)

・出前と比べて、配達料金が安め

・最低料金の設定がなく、低価格の注文でも行える

・配達員の所在地を把握することができる

・普段は出前を行っていないお店でも、デリバリーしてもらえることがある

・クレジットカードで支払いができる

 

といったものが、メリットになります。

 

逆にUberEATSのデメリットは、

 

・対象エリアが限定的

・利用可能なUberEATS対応店の数が少ない(約3500店舗)

・配達員が一般の方のため、雑に配達される可能性がある

・基本的にクレジットカード払いしかできない

・注文方法がスマートフォン、PC限定なこと

 

といった点が挙げられます。

 

 

一方、出前(例として出前館)のメリットを挙げますと、

 

・対応できるエリアが広い

・UberEATSと比較して、対応店舗数が多い(約18000店舗)

・配達員は、お店の店員のため雑に対応される可能性が低い

・支払方法が現金、クレジットカード、電子マネーなど多彩なこと(お店による)

・PC、スマートフォン、電話、TVなど、注文方法が多い

・配達料が無料のお店もある

 

などが挙げられ、デメリットとしては、

 

・繫忙時の配達だと、届くまでに時間がかかることがある

・最低料金の設定があり、料金が高めになる

・出前に対応しているお店しか取り扱っていない

・店舗によっては、クレジットカードなどが使えず、代引きのみの可能性がある

・お店や、配達距離によって配達料が変わり、場合によっては高くなる

 

といった感じになります。

 

 

分かりやすく比較を表にしてみると、以下のようになります。

出前館 UberEATS
対応エリア 広い(全国) 狭い(一部の都市)
対応店舗数 多い(約18000店) 少ない(約3500店)
配達員 お店の店員 UberEATSの人員
配達員の所在地 把握できない 把握できる
支払方法 クレジットカード、

代引き、

電子マネーなど

(代引きのみの店も有り)

クレジットカードのみ
注文方法 PC、

スマートフォン、

TV、

電話など

スマートフォン、

PCなど

配達時間 遅い 早い
配達料金 お店、距離によって変わる

お店によっては無料の所もある

距離によって変わる

 

最低料金設定 ある(1000円以上が多い) ない
出前非対応店

 

 

 

アプリの使い方

 

そんな便利なUbarEatsの使い方をお伝えしていきます。

まずは「UbarEats」のアプリを持っていない方はダウンロードしてください。
ダウンロードしたらアプリを開き
*連絡先(メールアドレス・携帯電話)とパスワード登録
*名前の登録
*支払方法の追加
この3つの登録をしたら
お届け先も登録します。

玄関の前までや、家を誰にも知られたくない方は外で受け取ることもできます。

お家が細い路地の中にあって、分かりにくい場所であれば「配達メモ」に記入したらスムーズに届けてくれます。

全ての登録が終わったら次は注文です。


(家マーク)のところには
・お気に入り
・UbarEatsの新着
・20分未満
など家から近いお店やオススメ、人気のお店が載っています。

(虫眼鏡マーク)のところには
・検索
・日本料理
・ハンバーガ
などジャンルに分かれてます。

(ギザギザ%マーク)のところには
・おすすめ|HotDeal
UbarEatsから900円以下でオススメされている商品の一覧です。

(メニューマーク)のところには
・以前のご注文、今後の予定
前に注文した履歴や、注文している商品が載っています

(人マーク)のところには
・名前
・お気に入り
・ヘルプ
・プロモーション
・お友達紹介クーポン
・Ubarで配達する
・設定
などが載っています

次はご注文の方法をご紹介します。

①(虫眼鏡マーク)をタップし
食べたいものや店の名前を検索します。
②決まったらそのお店のところをタップします。
③メニューを選びタップし個数を選びます。
④画面下部の「カートに追加」をタップします。
これで商品がカートに入ります。
⑤注文したい商品がすべて決まったら画面下部の「カートを見る」をタップします。
お店の名前、時間、注文内容が記入されています。
住所のところに「配達メモを追加する」をタップすると
お店側にリクエストや、配達者へのリクエストを記入できます。
例:アレルギーのものや、マヨネーズ、ケチャップ多めなど
⑥注文するをタップをしたら注文完了です。

 

注文したら配達予想時間や調理中なのか配達者がどこにいるか

リアルタイムでマップで確認することができます。

もし配達者が道に迷っていたらグルグルしているのであれば、チャットで連絡することもできます。

配達者側にはこちらの電話番号が分からないようになってるので安心してチャットができます。

受け取り場所を急遽変更しないといけないのであれば、その配達者に連絡し、イレギュラーなんですが対応してくれる可能性もあるらしいです。

 

もしも注文したものをキャンセルしたい場合は

注文のステータスが「レストランに注文を確認しています」と記入してあればアプリでキャンセルすることができます。

しかし記入されていない場合はUbarEatsのサポートセンターに問い合わせる必要があります。

そして、すぐにキャンセルしてもキャンセル手数料もかかる場合もありますのでお気を付けください。

 

商品を受け取った後は配達者やお店を評価することができます。

こちら側には何も特典などつかないのですが、配達サービスの向上に役立てられるので、時間があったら

GOODボタンかBADボタンがあるのでそれをどちらかタップし

次はお店の全体的な品質を星で評価できます。

最後に、お店のGOODボタンかBADボタンがありますので先ほどのようにどちらかをタップしてください。

 

 

やはり注文が多い客層は若い女性らしいです!

ちょっと食べたいのに外に出ないといけない、、化粧をしないと外に出たくない、、

様々だと思いますが、私もパジャマから着替えないといけないのが嫌でよくUberEatsを利用します。

 

とてもとても便利なとても流行っている「UberEats」

一度ダウンロードしてお試しください!簡単ではまっちゃいますよ!!

 

UberEatsの配達になるためには

 

私の友達が何人かがUbarEatsのパートナーとして働いているんですが、

空いている時間にアプリを見て簡単にサクッと働けるのでとてもいいと言っていました。

自転車を爽快に漕げるので趣味感覚やストレス発散にもなるらしいです。

 

そんな配達員になるための方法

よく自転車やバイクで配達している人をよく見かけるようになった

「UberEats」の文字ですよね。

どうしたら働くことができるのか?と気になりますよね。

 

実は、18歳以上で自転車やバイクを持っていてスマホがあれば誰でも始めることができるんです!

※軽貨物、125㏄超の場合であれば

運転免許証・自動車検査証(車検証)または

軽自動車届出済証・自動車損害賠償責任保険の証明書・任意保険または共済保険の証明書

・ナンバープレートの写真・プロフィール写真

※原付バイク125㏄以下の場合であれば

・18歳以上であること・運転免許証・自賠責保険証書・ナンバープレートの写真・プロフィール写真

※自転車の場合であれば

・18歳以上であること・身分証明書・プロフィール写真

が必要となってきます。

 

自転車を持っていない人であれば最近コンビニとかで自転車シェアリングサービスといって

自転車を乗りたいところで借りることができ、降りたい場所付近で返すことができます。

登録すれば交通系ICカードがあれば、すぐに自転車のカギが開きます。

300円くらいで借りることができますのですごく便利です。

 

まずはWebで登録します。名前や電話番号、

メールアドレス、パスワード、働きたい都市を登録し説明会に参加します。

そこでUberEatsの仕組みやドライバーアプリをダウンロードし

支給品(バック、モバイルバッテリー、防水バック)を受け取ったら登録完了です。

 

海外の方は日本労働資格があれば働くことが可能です。

登録して、30回の配達を完了したら最大20,000円のボーナスを貰えます。

 

働き方は

好きな時間に配達エリアに行ってドライバーアプリをオンラインにし、

配達依頼がくると図の円形サークルの画面になります。

一周周りきるまでに画面をタップすれば依頼をゲットできます。

商品をピックアップするお店が地図に表示されますので、その場所に向かって商品を取りに行きます。

お店に到着したら画面に表示されている注文番号をお店の方に伝えて商品を受け取ります。

ドライバーアプリで商品の受け取りと配達を開始すると操作をしたら

お届け先が地図に表示されます。お届け先に向かい、到着したら依頼主に商品を手渡して配達完了です。

もしも、お届け先の表示が間違っていたり、

配達途中に事故や何らかの問題があった場合はドライバーアプリでUbarEatsサポートに連絡しましょう。

バイクでの配達時は駐車禁止場所などにも気をつけましょう。

 

報酬は

配達1件あたり600円~1200円くらいで移動する距離、応答率に応じて変動します。

オンラインにしていてもし配達が1件もなければ最低時給保証として1200円~1500円くらいもらえます。

ドライバーアプリの「売上」から確認することができます。

商品を受け取ったお客様から高評価をもらえたら時給がアップします。

インセンティブもあり、通常の報酬にプラスしてインセンティブがもらえます。

雨の時やあまり人がいない時は、

週末あたりくらいに翌週からインセンティブ参加申し込みについて

メールで連絡が来ますので、申し込んでください。

インセンティブは1件配達あたりのインセンティブと

オンラインにしている時間あたりの時給保証のインセンティブや

抽選で10000円~100000円が当たるくじ引きインセンティブなどあります。

 

報酬(給料)が振り込まれるのが

月曜日午前4時を1週間ごと報酬が支払いがされます。

働いた週の「翌週水~金曜日」に振り込まれます。

 

 

UbarEatsは決まった時間に配達しないといけない!という事はなく、

空いた時間に、好き緒な服装で好きなだけ働くことができます。

大学生や副業しようかなと考えている方にはピッタリですね。

店長や上司などがいなくて自分だけの世界なので、

人間関係に悩むことが全くないのでストレスフリーに働けます。

 

普段運動が衰えている方などは、自転車に乗って運動不足解消ともなりますので健康のためにもいいですね。

働ける時間もお店のオープンからクローズまでなので好きな時間に働けます。

 

配達途中にスマートフォンの充電が切れた場合もありますので、時間沢山働こうと思っている方は

補助充電器をたくさん持っていると充電切れる心配はないと思います。

 

しかし、たくさん稼ぐにはコツがいるようです。

配達をスムーズに行い、効率的に行うことが必要です。

なので段々慣れてきたら稼ぐことが出来ていくそうです。

 

そして、気候や温度によって働き具合も変わってきます。

雨や台風、雪の時などはを注文する人は多いと思いますが、自転車やバイクなどで動くので

大変です。雨でスリップしたり、視界が悪かったり、事故の無いように気を付けてください。

 

これからもUbarEatsを使える店舗も増えてくると思います。

深夜に注文したい方も出出来ると思うので、深夜営業をするようになってくるかもしれませんね。

私的には深夜によくお腹減るので、ぜひ深夜も配達してくれるようになってほしいですね。

 

実際に1から登録から注文までやってみた

 

実際利用してみるとやめられないという、その評判、

確かめるためにUber Eatsを実際に登録するところから実際に試してみましょう

 

これから登録して、使ってみたいという人も一緒にやってみましょう

 

 

 

まずはUber Eatsのアプリをダウンロードするところから始まります、

Androidのかたはこちらから

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ubercab.eats&hl=ja

iOSの方はこちらからダウンロードできます

https://apps.apple.com/jp/app/uber-eats-%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%96%99%E7%90%86%E9%85%8D%E9%81%94/id1058959277

 

 

 

ダウンロードしたら今度は登録していきましょう

 

アプリを立ち上げると電話番号を入力します、こちらは配達員からの連絡の際に必要になります

 

メールアドレスを登録しましょう、

注文した出前の領収書はメールアドレスに送られてくるデータが領収書になります

 

 

次にアカウントにログインするためのパスワードを作成します、

もちろん忘れてしまうとログインできなくなりますし、

出前を頼めなくなるので、きちんとパスワードは保管しましょう

 

 

 

 

 

続いて名前を登録します、配達先の名前は重要なので入力します

 

 

これにてUber Eatsのアプリ初期登録が終わりましたので出前を頼むことができます、

 

頼みたい出前があればカートに入れて、カート画面でお届け先を設定することができますが、

事前にお届け先を競ってしておくこともできます

まずはホーム、家のアイコンから一番上を見ます、

この丸のところをタップするとお届け先を設定できます

 

 

 

お届け先の設定として、ご自宅や、勤め先などを設定することができますが、

GPSの現在位置を指定してその場所に持ってきてもらうこともできるのです、

なので今いる場所の住所がわからなくても、

GPSからその場所に持ってきてもらうを選べばその場所に持ってきてもらえるので

勤務先が変わったり、友達のいえや営業先などのばしょでも

Uber Eatsを利用することができます

 

お支払いに関してはクレジットカードかデビットカードが必要になるので、

事前にお支払い方法として登録しておかなくてはなりません

 

 

正確な位置がUbarEatsの配達員が分からない場合は、

連絡してきてくれるので取引場所の連絡もスムーズにできます

 

 

今回は勤務先の住所を入力してその場所に持ってきてもらうことにしました、ち

なみに受け渡し場所の設定に玄関先に持ってきてもらう指定と

外で受け渡しを設定することができます、今回は職場の玄関先まで持ってきてもらいました、

 

海鮮物、サーモンが食べたかったので、検索のところに海鮮と調べてみました

海鮮物のピックアップするのでどんな料理があるのか、

おいしそうな物を探します、この時がとても楽しいですね

 

海鮮物ですが、値段やお届けまでの時間や距離などを見ながら選びます

 

 

おいしそうなお店を見つけたので頼んでみました、待っている間もワクワクしますね、

 

Uber Eatsの配達員が少ないと配達料が上がったり、

配達距離が近いと配達料が安くなったりします、

今回注文した海鮮物の出前は、通常は290円で配達してくれるのでめちゃくちゃ安いです

 

頼んだ後はアプリから配達員が今どの状況かを通知で知ることができます、

お店に料理を頼んだところや、料理を受け取った、料理を配達中など、

アプリから通知も来ますし気になったらアプリを開けば確認できます

 

この場所でUber Eats配達員のプロフィールが見ることができるので、

どんな人が配達してくれるのかが一目で分かります、

プロフィールだけじゃなくこのページで配達員の位置情報を確認することができるので、

直観的にあとどのくらいだと予想することもできます

 

 

 

予定通りにUber Eats配達員さんが海鮮丼を配達してくれました、

Uber Eatsの配達員さんは配達用のとても大きなボックス型のリュックサックを持っているので、

Uber Eatsの配達員という事がすぐ分かります

 

受け取った料理を見てみます、超美味そうです、配達時間も20分程度でした

 

そして食べてみました、おいしすぎて超幸せでした、

サーモンはシバかないでもっと増えて欲しいですね

サーモンって食べるとまったりして脂身が脳まで上がってくるので中毒性がやばいですよ、

それに魚の油は肉の油と違ってドコサヘキサエン酸がたっぷりで脳にも体脂肪にも効果的です

 

肉の油はアラキドン酸といい血管内でかたまり血流の悪化が起こりますが、

これは動物の体温が人間の体温より高いので、

人間の体温では低すぎて体内で固まってしまうのです、

バターが冷蔵庫で固まり常温で溶けるのと同じで、

肉の油からすると人間の体温は冷蔵庫ですね

魚の油DHE やエイコサペンタエン酸は

血流を駆け巡り固まった中性脂肪を溶かしながら体内を柔らかくしていくのです

魚は冷たい水の中にいてそれでも油が固まらないようになっています、

人間の体内は過酷な水中と比べると暖かいので

、固まることもなくそれどころか体内の悪いものを分解し血管をしなやかに再生してくれます

 

今すぐ魚を食べましょう、皆さんもこれを読んだらすぐに海鮮丼を注文しましょう、

やりかたは分かりますよね?

 

 

 

出前を頼みましたが、出前料は会社に請求したいです、

もう今後永遠に食費請求したいですが出前代金を請求するのには領収書が必要です、

Uber Eatsでは配達員さんから領収書をもらうことができません、

領収書は登録したメールアドレスに届く仕組みになっています

 

じぶんはGmailをメールアドレスとして登録したのでこちらの方に届きました、

この状態ではデータ状態なのでパソコンから印刷してみました

 

 

 

 

こちらがGmailあてに届いた領収書を印刷したものです、

手順としてはメールをGoogleのドライブにPDFとして書きだしたのちに、

PDFデータを印刷してみました、

 

 

これにて今回Uber Eatsを自分で登録して注文してみるということをやってみましたが、

非常にスムーズに問題なく終わりました

 

Uber Eatsが流行っているのもうなずける手際の良さでした、

また機会があれば利用したいと思えるほどお手軽で分かりやすかったです、

周りがみんなやっているので、時代に追いついた気がします

 

 

デリバリーだけではない Uberタクシー

 

Uber タクシーは一時サービスが開始されたのですが、

白タク業務と行政から中止するよう言われたことからサービスが止められました、

日本ではタクシー業務には第二種免許証や、タクシー車両の登録が必要になってきます

 

アメリカとは違うのは、免許証さえ持っていれば、車さえ持っていれば仕事ができる、

というわけには法律的に上手くいきませんでした、ですが完全に停止したわけではなく、

第二種免許を持っているならばUberに登録することで旅客サービスを提供することができるのです

 

それがUberBlack というサービスです、ここの事業所に登録するには、

第二種免許を持っていて個人タクシー主として業務出来る人になりますが

 

このUberblackというのは、プロのドライバーによる高級旅客輸送サービスとして

Uberのタクシーサービスが続いています、Uberのタクシーサービスはアメリカではいくつか種類があり

 

例えばUberX、こちらがアメリカでもっとも人気な、

一般の人が自家用車で駆けつけてくれるサービスで

お値段も通常タクシーと比べ半額ほどで乗れることもあります

 

Uber selectこのサービスは一般の人が高級車で駆けつけてくれるサービスです、

Uber blackはプロのドライバーでなおかつ高級車というビップ感のあるサービスですが、

こちらは運転手が普通の人になります

このようにUberのタクシーサービスはいくつか種類がありますが、

日本で現在展開しているサービスはこのなかのUber  Blackのプロのドライバーかつ高級車のサービスのみです

 

実際自分を車で運んでもらう場合はきちんと上手い人がいいですし、

Uberの場合は利用者もサービス提供者も評価しあうことができるのです

 

つまりあまり乗り心地が良くなかったや、あまりいいお客さんじゃなかった、

こういう時に相手の評価を記録でき次サービスを利用するときサービスを提供するときに活用できます

 

Uberのサービスは基本的に利用者もサービス提供者もアプリを登録し自

分の情報を記録しなくてはいけません、

なので仕事をするにもお客さんにいい印象を持たれないといけないので、

必然的に器用に立ち回る必要が出てきます

 

利用者としても、気に入ったサービス提供者を記録することもできるので

次の利用にまた頼むといったこともできます

 

アメリカでは最近はクワイエットモードという、初めにアプリでUberを呼ぶときに、

静かにしてほしいと要望したうえでタクシーを呼ぶと、

ドライバーもアプリから話さないほうがいいと判断できるので

必要外のことはしゃべらずにお客さんを送り届ける事だけに集中できます

日本でもそのうちアプリに導入されるかもしれません

 

アメリカでも日本でも、

正式なタクシー会社から業務の妨害だとされたり

行政からの差し止めでサービスができないところはあります

日本では特に厳しくなかなか規制のため広くサービスを展開できませんが

、一部行政からも求められている地域もあります

 

それは過疎地域の住民のためのUberタクシーです、

ドライバーも地元住民、利用者も地元住民、過疎地には交通手段が少なかったり、

あるいはその手段すらない地域の住民もいたりします

 

そんな地域に住んでいる人にとってはこの送迎サービスは非常に有効です、

そういった地域には必然的にお年寄りや高齢者が住んでいることが多く、

出歩けなかったりすることもあるので、必要な時に駆けつけれる

Uberのシステムはとても頼りになるので、役所から歓迎されることもあるようです

 

ドライバーも地元住民なので、高齢の方も多いようですが、

Uberのシステムを利用し助け合うことができるので、

そういった地域にはもっと活用することができそうです

 

Uberタクシーはこれからまだまだ伸びしろのあるサービスであることは間違いないと思います、

また利用できる機会があるなら使ってみてはどうでしょうか

 

順次開始されるUberTaxi!

 

各地方のタクシー会社と提携し各地方でUberタクシー続々開始されているようです

 

 

日本のタクシーぜんぶではないですが、遠回りしたり、メーターの切るタイミングだったり

道を間違えてしまったのにメーター通りに請求してきたりと一部のタクシーが

乗車したおきゃくさまを不快にしたり、割り込みや停止してはダメなところで停止したりと

マナーが悪いのでこういったUberタクシーが増えることで日本の道路がすっきりすると思うので

僕は大賛成なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業時間:12:00~23:00

年中無休

当店はアミューズメント施設ROUND1の並びにあります!、ROUND1を目印に商店街へ入っていただくと当店の看板が見えますので、是非足を運んでいただければと思います(^o^)。

↓↓↓

iPhone修理難波千日前店はこちら

をクリック↑↑↑

スマレンジャーは大阪各地域にお店を構えています!

 

難波千日前以外にも

 

スマレンジャー近鉄八尾駅前店! スマレンジャー近鉄長瀬駅前店 などなど!!

 

詳しくはホームページをご覧ください!!