Huawei オススメ機種紹介: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 | ,  |  | 0

Huaweiのオススメ機種

 

.Huawei  とは

そもそもHUAWAIとはなんなのか。ファーウェイは、スマートフォンや、
ネット通信機器を作っている中国最大のハイテクメーカーで、世界でも超一流の企業です。
最近格安スマホが流行っていますがその多くの格安スマホは
HUAWAI製品のものといっても間違いはないでしょう!
格安スマホ=huwaiですがただ知ってもらいたいのは、
高機能を搭載している格安ではないスマホも販売しています。
HUAWAIは、日本でいう富士通であったり、メーカーの名前になり
所在地は中国になります。

今回はHUAWAIシリーズの端末を紹介してます。

 

所在地中国と聞いたら嫌な人もいると思いますが
流通度でいうとスマートフォンでは、世界2位で、
インターネット通信機器になると世界1位なんですよ
2017年の売上高はなんと10兆円、(トヨタ自動車は、11兆円)
世界で信用され使われているのがHuaweiです。

「Softbank Air/エアターミナル2」や「docomo タブレット/d-tab」などは
Huawei製品なので知らずのうちにHuawei製品にふれているかもしれませんね。

 

HUAWAIには、主に4つのシリーズで構成されています。

シリーズについて説明します。

シリーズは、端末のコンセプトと考えてもらえれば分かりやすいと思います。

Mateシリーズ
広大なディスプレイを備えており、
動画視聴やゲームでは、
他のスマホでは味わえない臨場感が得られるフラグシップモデル。
背面には、ドイツのカメラ・光学機器メーカーの『Leica』と
ファーウェイが共同開発したデュアルカメラが備わっている。

Pシリーズ
程よいサイズ感で、カラーバリエーションが豊富なハイエンドモデル。
背面には、Mateシリーズと同様、
『Leica』とファーウェイが共同開発したデュアルカメラが備わっている。
リーズナブルな価格の『lite』版や、上位モデルの『Plus』『Pro』版も存在し、
幅広く、そして様々なニーズに対応している。
また、中国のみならず、ヨーロッパにおいても人気を博している。

novaシリーズ
手頃な価格に平均的なスペックを備えたミッドレンジモデル。
緩やかなカーブを描く背面や、丸みを帯びた側面により、
手のひらに心地よくフィットする形状になっている。 Pシリーズと同様、『lite』版もある。

honorシリーズ
高いスペックを備えつつも、手頃な価格で販売されている、
コストパフォーマンスに優れたミッドレンジモデル。
フィルムを15層に折り重ねた「マイクロパターン」を採用する事により、
見る角度によって変わる独特な光の反射を演出する背面が特徴的。
日本では、ファーウェイのオンラインストアと楽天モバイル限定という扱いだったが、
「honor 9」からは、MVNOの取り扱いを拡大し、
IIJmio・イオンモバイル・NTTコムストア by gooSimsellerからも販売される
(※いずれも、オンライン限定のみ)。
楽天モバイルには、限定色のミッドナイトブラックがラインナップされ、
他のMVNOとは差別化を図っている。

HuaweiとAndroid

最近問題視されているOS問題すこし見ていきましょう

OSは、Androidですがなんと米国の禁輸措置によって、
GoogleがファーウェイにAndroidを提供する事をやめると発表した。
Androidをしようできなくなってしまいました、しかし2012年から独自に
開発してきたOS、HongMengをてきようしていく
HongMeng OSはAndroidアプリを動作させる事ができるといわれています。

Huaweiのスマートフォンを触る際は、こんなことがあったんだなと頭には入れててほしいです

そんなHUAWAIの格安スマホを何個かピックアップしてみていきましょう。

 

Huawei Honor8

格安スマホHuawei Honor8のスペックや価格などについて

Huawei Honorシリーズの一部として、
Huawei GroupのサブブランドであるHonorによって製造されたスマートフォンです。

Honor8は、の特徴として挙げられるのは三点あります。
この三点は、Huawei製品によくみられるので説明します。
クリックで説明に飛ぶよ!!

ダブルレンズカメラ

3D指紋認証

●急速充電

Huawei Honor8 主なスペックは、以下の通りです。

画面サイズ5.2インチ

CPU HUAWEI Kirin 950(オクタコア)
OS Android? 7.0
RAM 4GB
ROM 32GB
カメラ画質 背面(1,200万画素×2, デュアルカメラ)
前面(800万画素)
バッテリー 3000mAh(一体型)、急速充電(9V/2A対応)
入出力端子 USB Type C
サイズ 幅145.5mm×奥行き71mm×厚み7.45mm
重量 約153g

3.4万でかえるスマホとは思えないスペックの高さですね

中でも大容量の4GBと最新のCPU搭載しているので
最近のゲームもサクサク動きます。

シーンに応じて最適なフォーカスを自動選択、
色彩をしっかりとらえた写真を撮影することができます。

背面の指紋センサーはカメラのシャッターや着信の応答など、
様々な面で利用できます。また任意のアプリを起動できるボタンにもなります。

HUAWEI Mate 10 lite

HUAWEI Mate 10 liteは、2017年の12月頃に
価格4万円にて販売開始された端末になります。

主なスペック以下の通りになります。
OS Android 7.0
CPU Kirin 659(4 x 2.36GHz A53、4 x 1.7GHz A53)
内部ストレージ(ROM) 64GB
RAM 4GB
外部メモリ microSD、HC、XC(最大256GB)
サイズ 高さ 約156.2 × 幅 75.2 × 厚さ 7.5 mm
重量 約164g
ディスプレイ 約5.9インチ 18:9、2160×1080
メインカメラ 1600万画素 + 200万画素
インカメラ 1300万画素 + 200万画素
バッテリー  3340mAh
カラー展開:黒(グラファイトブラック)、青(オーロラブルー)

HUAWEI Mate 10 liteの最大の特徴は、
インカメラ(内側のカメラ)もデュアルカメラを採用しているところ
撮影後でもピントの位置や背景ボケを調整できる
「ワイドアパーチャ機能」に対応しました。自撮りを良くする方には嬉しい機能ですね。

顔認証システムも導入されています。

格安スマホで珍しい4GBをつかってはいかがでしょうか?

Huawei Mate 9

 


2016年12月16日に発売されたHuawei Mate 9です。
先ほどの Mate 10の前機種になります
なぜ今になってこのスマホを紹介するかというと
今でもばりばりに運用できるほどのスペックがあるにもかかわらず
古いってだけで値段が下がっているのでめちゃくちゃお得なんです。
Huawei Mate 9の気になる主なスペックはこちら

OS:Android 8.0にアップデート

画面サイズ:5.9インチ FHD (1920×1080)

CPU:Kirin 960 オクタコア

RAM:4GB

ROM:64GB

リアカメラ性能:ライカデュアルレンズカメラ 1,200万画素(RGB)+2,000万画素(モノクロ)F値2.2

フロントカメラ性能:800万画素 F値1.9

DSDS:○

バッテリー:4,000mAh

Bluetooth:v4.2

入出力端子:USB TypeC

本体サイズ:156.9mm×78.9mm×7.9mm

重量:190g

本体カラー:ブラック/シャンパンゴールド/ムーンライトシルバー

ダブルカメラレンズを搭載しており、写真も綺麗にとることができます。
またCPUにKirin960プロセッサーをつかっており操作性があがっており
さくさく動くことは間違いないでしょう!
また最近話題になってきたデュアルスタンバイDSDSですね。
格安SIMを駆使すれば毎月かかるスマホ料金をおやすくすることができるとか、、

しかし、デュアルSIMを使っている場合は、
microSDが使えないのは注意が必要するありますね

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3のスペックは以下の通りになります。

発売日 2019年2月1日
価格 29,030円(税込)
OS Android 9ベース
EMUI 9.0.1
SoC Kirin 710
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 6.21型/ノッチ付き/19.5:9
解像度 2,340 x 1,080/FHD+
アウトカメラ 1,300万画素+200万画素
AIデュアルカメラ
インカメラ 1,600万画素
AIシングルカメラ
バッテリー容量 3,400mAh
カラー ミッドナイトブラックコーラルレッドオーロラブルー
サイズ 高さ:155.2mm
横幅:73.4mm
厚さ:7.95mm
重量 160g
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 b/g/n
準拠 2.4 Ghz
対応回線 ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル
au(アップデート後に利用可能)

格安スマートフォンとしては十分な構成だ。
唯一気になる点をあげるなら、32GBのストレージ容量だろう。
microSDカードによる拡張が可能だが、
SIMカードスロット1基分がmicroSDカードとの排他利用になるため、
DSDVでの運用を考えている人は注意していただきたい。

幅約73.4mmのボディに6インチを超える大型ディスプレイを搭載。
前機種HUAWEI nova lite 2の持ちやすさをほぼ維持したまま、
一覧性を向上させました。できる限りノッチ部分を小さくした
「しずく型ノッチ」は、ディスプレイの視認性と、
インカメラの使い勝手、そして先進性を兼ねそろえています。」

フロントカメラ(1,600万画素)による顔認証と
背面にある指紋センサーによる指紋認証に対応。
顔認証は、まれにうまく認識しないことがあったが、
指紋認証と併用することで、スムーズな端末解除を行える。

ダブルレンズAIカメラは、
22のカテゴリ―と500のシナリオをリアルタイムで識別し、
最適な色合いで撮影ができます。
さらに、二つのレンズの効果により、
立体感のある写真や、味わいあるボケ感を演出できます

厚さ約7.95mmの薄型ボディにもかかわらず、
約3,400mAhの大容量バッテリーを搭載しているHUAWEI nova lite 3。
充電速度も前機種のHUAWEI nova lite 2から約22%向上。
一回の充電で長く使えて、
電池切れの不安を抑え、快適なモバイルライフが楽しめます。

 

 

Huawei nova lite 2

先ほどのnova3の前機種になりますが
こちらもこちらで現役にしてお得なので紹介させてもらいます。
nova lite 2は、2018年2月に発売されました。
5.65インチフルHDディスプレイを搭載し、
厚さは7.5mm、重さは143gです。Kirin 659を搭載しており、
普段使いでは困らない処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

主なスペックはこちらになります。
CPU オクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin659
RAM 3GB
ROM 32GB
ディスプレイ 5.65インチ
解像度 2160×1080、ディスプレイ比18:9
カメラ 背面ダブルレンズカメラ1300万画素+200万画素/前面800万画素
電池容量 3000mAh
サイズ 150.1 x 72.05 x 7.45mm
重さ 143グラム
本体カラーブルー、ゴールド、ブラック

ova lite 2(ノバライト2)にはマルチスクリーン機能が搭載しています。

縦長の大画面を2つに分割できるので、
例えば半分で動画を見ながら、もう半分でメールやLINEを操作することもできます。

この機能、使いこなせば非常に便利です。

これまでいちいちウィンドウを切り替えていましたが、
nova lite 2では同時に見ることができます。

動画を横で見ながらlineを返せたり、Twitterを見ながら動画見れたり、、、

 

こちろの端末は、DSSSになっていてDSDSではないので注意が必要になります。

こちらの説明は下の方で説明してますのでよかったらそちらを見てください。

もちろんカメラは、ダブルレンズカメラ

最近のトレンドといっても過言じゃないですよね。

これがないと最近のスマートフォンと思えれないくらいどの端末にもついいています。

この低価格スマホにもついているのはびっくりですけどね。

 

 

 

 

Ascnd P7

 

2014年夏モデルとして世界最薄、6.5ミリ厚のスマートフォン
丸みを帯びていないガラス仕上げの美しいデザインが購入のポイントです。
さらにフルHDなので液晶もきれい

SIMスロットとmicroSDスロットが付いています。
32GBまでのmicroSDカードを刺せるため、
ストレージを拡張できるというのも魅力のひとつ。
主なスペックは以下の通りになります。

OS Android 4.4.2、Emotion UI 2.3
CPU Hisilicon Krin910T QuadCore 1.8GHz
RAM 2GB
ROM(内部ストレージ) 16GB
ディスプレイ 5.0インチ、解像度:1920×1080
カメラ アウトカメラ:1300万画素、インカメラ:800万画素
バッテリー容量 2500mAh
サイズ・重量 高さ139.8mm×幅68.8x厚さ6.5mm、124g
カラー ブラック、ホワイト
その他 LTE Cat.4対応

薄いのに持ちやすく片手操作性に優れています。
またフルHDなので画面がものすごくきれいなのも素晴らしいですね。
またインカメラ性能も
高く良く自撮りなど取られる方にも満足できる画質の性能をしています。

しかしメインカメラが最近のトレンドのダブルレンズカメラではないのは、残念です。

 

 

 

 

ここからよくでてきた専門的な言葉を少し分かりやすく

まとめたので見ておくことで理解が増えると思います。

 

 

 

ダブルレンズカメラ

今ではどこのメーカーも出しているほど人気のダブルレンズカメラ
ディアルカメラとも言います。
ダブルレンズカメラの特徴として挙げられるのは、
一つのカメラにレンズが二つ付いているのが最大の特徴になります。

二つあることにより今までできなかったカメラ機能など
性能をあげれるようになりました。

・広角+望遠
倍率が異なるレンズを搭載し、より深い焦点深度を再現する組み合わせです。
広角と望遠を組み合わせることで、
今までレンズ部分を突出させることができないため
スマホでは搭載が難しかった光学ズームを可能にしました。

広角レンズ単体での広角撮影や、
望遠レンズを組み合わせて焦点深度が異なる2つのカメラレンズを使うことで、
ポートレート撮影に強く、背景を自然にぼかした写真が撮れます。

よく最近一眼レフでとったような料理の写真をあげている人がいますが
だいたいのひとがデュアルカメラでとっているようです。
カメラ機能の中にインカメラに手のひらを見せるとシャッターボタンが切れたり
声でシャッターがきれたり笑顔を検知してシャッターが切れたりと
セルフタイマーいらずで写真が撮れるのは面白いです。

 

RGB+モノクロ
色情報を取得するRGBカメラと、
物体のディテールを取得するモノクロカメラを組み合わせ、
より繊細な画質の写真が撮れる組み合わせです。2
種類のカメラを搭載することで、ボケ味のある写真を楽しめるだけでなく、
カラーとモノクロを合成するソフトによって精細な画像を生成し、
画像劣化のないハイブリッドズームを再現します。
カメラメーカーとして有名なLEICAのカメラレンズを搭載した機種に採用されています。

デュアルカメラで撮るメリット

今までのシングルレンズでは撮れなかった背景をわざとボケさせ
立体感やお区域のある写真を撮ることができる

暗闇でとっても明るくきれいに撮ることができる。
影なども鮮明に映し出すことができるようになりました。

ズームの切り替えができるようになったことが最大の特徴だといえます。
シングルレンズの場合、ズームはデジタルズームに限られていたので
ズームすると画像が荒くなってしまっていました。
ちなみにデジタルズームとはカメラのCCDイメージセンサに
写っている画像の一部を拡大することで、被写体を大きく写す機能です。
画質はある程度アプリが補正してくれますが、
画像を拡大しているだけなので高倍率にすると
どうしても画素数が減って画質が劣化してしまいます。

デュアルレンズになったことで、
焦点深度が異なるレンズを搭載しているため、
光学ズームができるようになりました。
光学ズームとは普通のレンズが動くカメラのように
焦点距離を変化させて長くすることで、光学的に被写体を拡大して写します。
CCDイメージセンサには拡大された画像が写っているため、画像の劣化がありません。

 

 

ディスプレイ内指紋センサー

ディスプレイ内指紋センサーとも呼ばれるそうです。
その名の通り、デイスプレイに圧力をかけることで指紋を読み取ってくれるのです

読み取り方式は、主に二種類あって
指紋を写真を撮るようにして読み込むタイプと
音波で読み取る方式があるそうです。

急速充電
そもそも「急速充電」とふつうの充電とでは、何がちがうのか。

急速充電は、バッテリーに供給する電力を
ふつうよりも多くすることで、充電時間を短縮する技術です。

スマホの充電速度は機種によってちがいますが、
一般的に急速充電した場合の充電時間は、通常モードの1/2から1/4と言われています。
しかも急速充電は最初の1時間で8割前後まで一気に充電できるため、
急ぐときには重宝します。

では、なぜ急速充電をスマホの標準仕様にしないのでしょうか。
それはバッテリーに用いられるリチウムイオン電池が化学変化を起こしやすく、
充電中は電力量を正確にコントロールしないと、
発熱や発火などの事故をまねく可能性があるからです。

 

 

ワイドアパーチャ機能

撮影した写真のピント位置をあとから調整できるというもの。
上の画像を見てください。ピントがすべて違います。

 

撮影後に焦点を変えることができるので失敗しても調節がきくのはすごいありがたいです。

 

 

 

デュアルSIM

スマホに2枚のSIMカードを挿せること

デュアルスタンバイ(DSDS)
2枚のSIMで同時に待ち受け可能なこと 。Dual SIM Dual Stanby

ここで間違えてほしくないのは、デュアルSIM対応でも
デュアルスタンバイ対応ではないかと
DSSSは、Dual SIM Single Stanbyの略で
二つSIMカードを挿せるけど読み込みは片方のみ
切り替えするには操作が必要なのです。

デュアルスタンバイでの用途として
電話回線とデータ通信でキャリアを変えたほうが安く済む場合
会社用とプライベート用で番号を分けたい人などにはうれしいですね

シングルスタンバイDSSSの場合
海外に持っていくなどSIMカードの切り替えが多い人などは
DSSSがいいかもしれません。

 

 

 

ノッチ


ノッチとは、スマホの前面上部にある「切り欠き」のことで、
凹型になっている部分のことを言います。
全画面にしたいけどフロントカメラなど必要なものもあるので苦行選択を強いられ
できる限り全画面にするためにできたものといえるでしょう。

 

 

CPU

中央演算処理装置。コンピューターの中枢部分にあたり、
各種装置を制御したり、データを処理する。コンピューターの基本性能を決める重要なパーツ。
CPUは入力装置などから受け取ったデータを解釈して演算し、結果を出力装置などで出力する

 

 

 

RAM

Random access memory(ランダムアクセスメモリ、RAM、ラム)とは、
コンピュータで使用するメモリの一分類である。
本来は、格納されたデータに任意の順序でアクセスできる

 

 

ROM

 

半導体素子を使った記憶装置のひとつ。
データの読み出し専用のメモリー。
RAMとは異なり、データの保持に電源を必要としない。
パソコンでは、BIOSなどの格納に使われている。

 

急速充電

 

ひとことでいえば急速充電は、

バッテリーに供給する電力をふつうよりも多くすることで、充電時間を短縮する技術です。

スマホの充電速度は機種によってちがいますが、

一般的に急速充電した場合の充電時間は、通常モードの1/2から1/4と言われています。

しかも急速充電は最初の1時間で8割前後まで一気に充電できるため、急ぐときには重宝します。

では、なぜ急速充電をスマホの標準仕様にしないのでしょうか。

それはバッテリーに用いられるリチウムイオン電池が化学変化を起こしやすく、

充電中は電力量を正確にコントロールしないと、発熱や発火などの事故をまねく可能性があるからです。

そこで充電器が急速充電に対応できない場合や、ケーブルの品質が悪く電力の供給が安定しない場合には、

スマホ側のパワーマネージメント機能が働いて、充電速度を抑える仕組みになっています。

 

いつも以上に早く貯まる急速充電ですがもちろんデメリットもあります。

熱を持ちやすく、端末や、バッテリーにダメージがいきやすい。

なので本当に必要な時以外は急速充電しない方がいいですね。

 

気を付けて欲しいことは、対応したケーブルと対応したアダプタをつけること

過度充電は、スマホ側で制御されてるが極力気を付けるようにする。

 

 

スマレンジャー難波千日前店

住所:大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:06-4708-5336

営業時間:12:00~23:00 年中無休

修理価格や修理対象機種などはこちらに記載しておりますので、 お気軽にご覧ください!

 ↓↓↓

iPhone修理戦隊スマレンジャー難波千日前店はこちら

↑↑↑