HUAWEI Pシリーズ: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

みなさんこんばんは!

スマレンジャー難波千日前店です!!

 

 

本日は、Android機種のHUAWEI Pシリーズをご紹介します!

HUAWEIが提供しているPシリーズの現行機はP20シリーズとなっていて、HUAWEIの2018年モデルとなっていることが挙げられます。

数多い種類のあるHUAWEIのスマートフォンの中でも、Pシリーズはデザイン製とカメラを重視したシリーズとして知られています。

そのため、デザインを重視する人や写真を良く撮る人から支持されているスマートフォンです。

今回は、そのPシリーズにおいて2018年8月時点での最新モデルとなっている「P20シリーズ」を題材にPシリーズを詳しくご紹介していきます。

 

Pシリーズには、3タイプあります。

p 20 Pro : ハイスペックモデル

p 20 : スタンダードモデル

p 20 lite : エントリーモデル

これらの端末が提供されていて、単純にP20 ProがP20シリーズの中で最もスペックが高くなっていて、P20 liteが最もスペックの低い端末ということになります。

 

モデル P20 P20 Pro P20 lite
サイズ(mm) 149.1×70.8×7.65 155x74x7.9 149x71x7.4
質量(g) 165g 180g 145g
OSバージョン Android 8.1(Oreo)/EMUI 8.1 Android 8.1(Oreo)/EMUI 8.1 Android 8.0
SoC HUAWEI Kirin 970 HUAWEI Kirin 970 HUAWEI Kirin 659
RAM(メモリ) 4GB 6GB 4GB
ROM(ストレージ) 128GB 128GB 32/64GB
micro SD 非対応 非対応 対応(最大256GB)
バッテリー(mAh) 3,400 3,900 3,000
ディスプレイサイズ 5.8インチ(LCD) 6.1インチ(OLED) 5.84インチ(LCD)

 

各機種ごとの特徴

HUAWEI P20

・HUAWEI P20の特徴

まずは、P20シリーズの中で標準モデルに位置しているP20シリーズについてご紹介します!

標準モデルとはいえ、ハイエンドSoCを搭載しているので、普段遣いからゲームまでなんにでも使えるスマートフォンに仕上がっています。

ただし、先ほどもみてきた通り、micro SDを挿入できないので、スマートフォンに写真や動画、音楽をたくさん保存しようと考えている人には向いていないといえるかもしれません。

どうしてもmicro SDを使いたい場合は、USB-Type C対応カードリーダー経由で移す必要があるので、手間がかかります。( ;∀;)

・HUAWEI P20のデザイン

P20は前代モデルのP10に比べてデザインが大きく変わっています。

まず、全面をじっくりみてみるとディスプレイの上部にノッチができていることに気づくでしょう。

ここにはインカメラなどが搭載されていますが、その分ディスプレイが狭くなるので気になる人もいるかもしれません。

ノッチがあるディスプレイを搭載したスマホは多く、2018年リリース予定のAndroid 9.0からはOSレベルでサポートされます。

フルスクリーンディスプレイのUIが干渉するという懸念がありましたが、OSレベルで対応すれば問題なくなるかもしれません。

背面はガラス素材で高級感があるとともに、持ちやすくなっています。

側面の端子に注目すると3.5mmオーディオジャック(イヤホンジャック)が廃止されているのでこちらが気になる人は多いかもしれません。

イヤホンで音楽をよく聞く人は注意しておいてください。

・HUAWEI P20の価格

販売店 価格(円)
HUAWEI直販 75,364
IIJmio 67,824
エキサイトモバイル 67,824
QTモバイル 69,984
mineo 70,632
DMM MOBILE 75,384
楽天モバイル 75,384
LinksMate 75,384
イオンモバイル 75,384

 

HUAWEI P20 Pro

・HUAWEI P20 Proの特徴

P20 ProはP20シリーズで最高のスペックを備えたハイエンドスマホです。

ディスプレイはP20シリーズで唯一OLEDとなっており、さらに6.1インチの大画面も魅力と言えます。

さらに、カメラを重視したPシリーズの最高峰にふさわしく「トリプルレンズカメラ」を搭載しています。

トリプルレンズカメラを搭載したスマホは2018年8月時点ではP20 Proのみですので、カメラの性能を重視する人にとって見逃せないスマホです!

美しい映像を堪能したい人、カメラ性能にはとことんこだわりたい人はぜひ、P20 Proをチェックしてみてください。

ただし、こちらもmicro SDを利用する場合はUSB-Type C対応カードリーダー経由で接続する必要があります。

・HUAWEI P20 Proのデザイン

P20 Proも全面デザインをチェックするとノッチつきのディスプレイが気になるかもしれません。

どうやらこのノッチつきディスプレイがP20シリーズの特徴のようです。

背面をチェックしてみるとP20 Proの最大の特徴であるトリプルレンズカメラが目立ちます。

少し出っ張っているので置いた際にガタつくのが気になる人もいるかもしれません。

P20 ProにはTwilightと呼ばれるカラーがラインナップされており、こちらはミラー仕上げ+グラデーションで高級感がある作りになっています。

ハイエンドスマホにふさわしいデザインに仕上がっていますのできっと満足できるでしょう。なお、こちらもイヤホンジャックはありません。

・HUAWEI P20 Proの価格

キャリア 機種代金(一括) 実質負担額

(機種変更)

購入

 

docomo 103,680 23,976 docomo

 

HUAWEI P20 lite

・HUAWEI P20 liteの特徴

P20 liteを簡単に説明するとP20シリーズの廉価版スマートフォンです。

価格を抑えるためにスペックも控えめで、ミドルレンジ用のSoCを搭載しています。

とはいえ、スマホの利用用途はWeb閲覧や電話、メール、SNS程度だという人にとっては問題なく使えるでしょう。

コストパフォーマンスに優れたスマートフォンですので、ライトユーザーにもオススメです。

さらに、P20シリーズでは唯一micro SDを直接挿入できるのも魅力の一つといえます。大容量データを保管したい人もぜひ、チェックしてみてください。

・HUAWEI P20 liteのデザイン

P20 liteは廉価版スマホとはいえ、安っぽさを感じさせないデザインになっています。

もちろん、ディスプレイにはノッチがついていますのでどうしても気になる人は疑似ノッチ隠し機能を使ってみてください。

背面はP20 Proなどと同様にガラス素材を使用した高級感のある作りになっており、廉価版であることを感じさせません。

カメラ部分はP20 Proと同じく出っ張っていますので置いた際は少しガタつきます。

さらに、P20 liteはイヤホンジャックをしっかり搭載しているので、スマホで音楽をよく聞く人に嬉しい作りといえるでしょう。

廉価版はイヤホンジャックが搭載されているのにハイスペック版は搭載されていないというなんとも珍しい例です。

・HUAWEI P20 liteの価格

販売店 価格(円)
HUAWEI直販 34,538
IIJmio 30,024
エキサイトモバイル 31,104
QTモバイル 33,696
mineo 31,752
DMM MOBILE 34,344
楽天モバイル 34,538
LinksMate 34,538
イオンモバイル 34,538