iPhoneのバッテリー消耗状態の確認方法と交換時期の目安

iPhoneのバッテリーには寿命があり交換する必要がある

 

iPhoneはリチウムイオン電池が使われていますが、電池には寿命があるので注意が必要です。

徐々にバッテリーの減りが早くなり、充電すらできなくなってしまったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こうなってしまった場合には、最終的にバッテリーの交換をおすすめします。

とはいっても、どのタイミングで交換が必要になるのか全く見当がつかないといった方も多いかと思われます。

 

いざという時に充電ができなくなるといったトラブルは避けたいものです。

交換時期かどうか確認する方法はいくつかありますので、紹介致します。

 

梅田でiPhoneのバッテリー交換をするならスマレンジャードン・キホーテ梅田店または梅田泉の広場店へ!

 

1年半から2年ぐらい経つとiPhoneのバッテリーが劣化してくる可能性が高い

 

iPhoneのバッテリーですが、充電回数が500回を超えたあたりから徐々にバッテリーの劣化がはじまることが多いです。

1日1回充電をされる方が多いので、大体1年半から2年ぐらいまでの間には500回を超える可能性があります。

 

バッテリーが劣化してくると、だんだん充電をしてもすぐにバッテリーが減ってくるようになります。

前はフルで充電をしたら1日は余裕でバッテリーが持っていたのに、最近1日の終わりにはほとんどなくなっているといった事象が起きます。

 

フルで充電をしていると思っていても、バッテリーが劣化している場合には、7割もしくは8割しか充電ができていないことがあります。

そのため、フルで充電をしてもバッテリーがすぐに減ってしまうと感じると考えられます。

 

iPhoneのバッテリーが劣化すると膨張することがあるので危険です

 

バッテリーが劣化してくると、バッテリー部分が膨張してくることがあります。

iPhoneがなんだかふっくらしている、持ったときの感触が変わってきたという際は要注意です。

 

違和感があるときはバッテリー部分を見て、膨張していないか確認しましょう。

バッテリーが膨張することで、画面が押し上げられて画面が浮いてくることもあります。

そしてパネル部分が開いて、iPhoneが真っ二つに割れることもあるので注意しましょう。

 

またバッテリーが劣化して膨らんでくると、発火の恐れもあります。

バッテリーが膨らんできたら劣化を疑うとともに、発火したりiPhoneが真っ二つに割れたりするかもしれないと考え、早めにiPhone修理店へ持ち込むようにしましょう。

 

iPhoneの設定からバッテリーの最大容量が確認できる

 

  • 今iPhonempバッテリーはどんな状態か
  • どのくらい消耗しているか

と気になったときはiPhoneの設定で確認することができます。

iPhoneの設定項目に進み、バッテリーからバッテリーの状態を確認してください。

 

バッテリーの状態にて最大容量が何%と表示されますので、表示された結果をもとにバッテリーが消耗しているか確認することができます。

目安として80%ほどあれば、すぐに交換する必要はありません。

 

80%未満の場合は、バッテリーが消耗していることが考えられますので交換を視野に入れましょう。

使用しているiPhoneがAppleCare+に加入している場合、バッテリーの最大容量が80%未満になった時点で、バッテリーを無償交換してもらうことができます。

 

AppleCare+ に加入されていなくても、費用を支払えば修理対応にてバッテリー交換も可能です。

最大容量が80%未満になった時点で、交換する方法について考えることをおすすめします。

 

iPhoneのバッテリー状況がわかる、ピークパフォーマンス性能を活用しよう

 

iPhoneの設定からピークパフォーマンス性能を見ることができますが、バッテリーがどのような状況になっているのか知らせてくれます。

ピークパフォーマンス性能はバッテリーが劣化しておらず問題がなければ、「お使いのバッテリーは現在標準のピークパフォーマンスに対応しています。」と表示されます。

 

バッテリーの最大容量が80%未満になると、バッテリーが劣化しているので交換してくださいとのメッセージが表示されます。

バッテリーが劣化することで、突然シャットダウンすることがあります。

ピークパフォーマンス機能を設定しておくと、突然のシャットダウンを防いでくれることができますので活用しましょう。

 

iPhoneのバッテリーに違和感があったら修理店で確認しましょう

 

iPhoneのバッテリーですが、フル充電を500回行っても最大容量が80%を保てるように作られています。

2年ほどしたら要注意と、Apple社も交換を促しています。

 

キャリアの契約内容によっては2年間のしばりがあり、2年経ったら機種変更をする方が費用が安くなることが多いです。

そのため2年経ったら機種変更される方も多いですが、あまり充電をせず使用している場合など2年以上中には3年4年とそのまま使用できるケースもあります。

 

前から使っているiPhoneがお気に入りなのでずっと使っているものの、最近フル充電をしても保ちがよくない、アプリを起動するのに時間がかかる、画面が浮いてきたといったケースがあればiPhone修理店への相談をおすすめします。

 

iPhoneのバッテリー交換の際はiPhone修理戦隊スマレンジャーへご相談ください。

スマレンジャーでは、当日最短15分でバッテリー交換対応が可能です。また、『電気用品安全法』により、検査をした事を表すPSEマーク付きのバッテリーを交換に使用しますので安心してご依頼いただけます。

スマレンジャーは大阪を中心に全国に店舗がございます。大阪府内にはドン・キホーテ梅田店梅田泉の広場店難波千日前店など駅チカでアクセスしやすい店舗が8店舗ございます。

 

詳しくはスマレンジャー店舗一覧をご覧ください!