保護フィルムとガラスコーティングの違い: iPhone(アイフォン)修理戦隊!スマレンジャー【格安で即日対応】

 |  |  | 0

こんにちは!!

スマレンジャー難波千日前店です!

 

 

みなさんのiPhoneに貼っているフィルムはどのタイプをはっていますか??

画面全体をおおうことのできる全面タイプのフィルムや、

または画面の一部のみを保護する非全面タイプのフィルムなどがありますが、

使っている人が多いのは、この二種類が主流のような気がします。。

 

その中でもガラスタイプのフィルムと樹脂フィルムとあります。

これら二つのフィルムは衝撃に強いのですが、

ガラスなら割れやヒビ、樹脂フィルムでは線傷が入ったりします。

 

 

ですが!ガラスコーティングでは

フィルムでは覆うことができないスマートフォンの四隅を覆うことができます!

さらにそれだけでなく、ガラスコーティングは背面にも同様に塗ることができるので

ケースをつけなくても衝撃に強くなります!!(※ ケースをつければなお強くなります(=゚ω゚)ノ)

フィルムやケースと違って、裸のスマートフォンのそのままの状態のまま、衝撃に強くなります!

 

そして、コーティングは効力持続期間も長く、平均して1年から2年ほど効果が持続すると言われています!

また、コーティングすればするほどさらに強くなっていくので、硬度も強くなり、期間も延びます!!

もし、フィルム1枚を1年の間に2枚貼り替えたとしてそれを2年続けたら、、考えると自然とコーティングの方が

お得なおかつフィルムを貼る際の面倒もなくなります!!

ガラスコーティングをおすすめします!! 詳しくはスマレンジャー難波千日前店まで~

 

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら