iPhoneをガラスコーティングにするメリットとデメリット

 |  |  | 0

iPhoneのガラスコーティングを保護フィルムのかわりに利用する方が増えてきました

 

iPhoneにガラスコーティングを施したいと、依頼される方が増えてきました。
保護フィルムではなくガラスコーティングを利用されるケースもありますが、いったいどのようなメリットがあるのか紹介致します。

 

ガラスコーティングでiPhoneの画面が割れにくくなる

 

ガラスコーティングをすることによって、様々なメリットがあります。
画面が強化されますので、落とした時に割れにくくなります。

 

手を滑らせて落してしまい、画面が割れてしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
立ったり座ったりしているときに、床に落としてしまうことがありますが、ある程度高さがあるところから落としても割れにくくなります。

 

小さいお子さまがいらっしゃるご家庭ですと、お子様がiPhoneを落としてしまうこともあるかと思われます。
ひやっとするシーンもありますが、ガラスコーティングを施していることで割れにくくなり安心です。

 

iPhoneの画面に指紋がついても簡単に拭き取ることができる

 

画面を割れにくくするために保護シートを貼っているが、指紋が目立つと困る方も多いです。
保護シートだと指紋がついて画面が見えにくくなる場合や汚れがついていることで画面を操作しにくくなります。
また拭いても汚れが落ちにくく、扱いが難しいのが難点です。

 

その点ガラスコーティングであれば、指紋がつきにくく快適にiPhoneを使うことができます。
ガラスコーティングを施すと、軽く拭くだけで簡単に汚れが落ちますので、ストレスなくiPhoneを使用できるメリットがあります。

 

画面が見やすくなり文字が読みやすくなる

 

ガラスコーティングを施すと、画面が見えやすくなります。
ピカピカで光を反射し過ぎず、多少画面が暗くても見えやすいというメリットがあります。
充電がすぐになくならないようにと、画面の明るさを暗くしている方にもおすすめです。

 

また暗いところでiPhoneを操作したときも見えやすく、快適に使うことができます。
iPhoneの画面は見えにくい、文字が読みにくいと悩む方も多いです。

 

老眼で見えにくい、文字が小さいと読みづらいと困っているときにもガラスコーティングは役立ちます。

 

ガラスコーティングは持ちがよく数年そのまま使えるケースも多い

 

保護シートを貼ったものの

  • すぐに剥がれてきてしまった
  • 端の方から汚れてきて汚い

と、頻繁に張り替える方も多いです。

 

その点ガラスコーティングであれば、何度も張り替える必要がなく手間を省くことができます。
ガラスコーティングはもちがよく、次に機種変更をするときまで変わりなく使えることがほとんどです。

 

数年もつという方も多く、何度もガラスコーティングをやり直す必要がありません。
何度もやり直したくない、時間を取られたくないという人にもおすすめです。
また何度も貼り替えなくて良いため、お財布にも優しい点もメリットの一つです。

 

保護シートは張り替えるたびにきれいに貼らないといけないと緊張してしまう、何度も買い替えることでそのたびに出費をするという難点があります。
長い目で見ると、ガラスコーティングはリーズナブルで賢い方法と言えるでしょう。

 

ガラスコーティングは必ずiPhoneの画面が割れないということではない

 

ガラスコーティングには様々なメリットがありますが、デメリットもあるので注意しましょう。
まずガラスコーティングを行うことで画面が割れにくくなりますが、必ず割れないということではありません。

 

強い衝撃を与えたり、ダメージを追う部分によっては画面が割れることがあります。
ガラスコーティングを施してもらったからといって、iPhoneを雑に扱うことはやめましょう。

 

iPhoneを落としたときは、隅の4点のいずれかに負荷がかかり画面が割れることが多いです。
そのため隅を守ることができるよう、カバーをつけることをおすすめします。
ガラスコーティングとカバーを併用することで、さらに画面が割れにくくなります。

 

ガラスコーティングにより、iPhoneの画面がつるつるなので落としやすくなる

 

ガラスコーティングを施すことによって、画面がピカピカになりきれいになります。
その反面、つるっと滑りやすくなりiPhoneを落としやすくなります。

 

両手で持てるのであれば両手で持つようにするなど、工夫をして使うことをおすすめします。
また滑りやすく落としてしまうかもしれないと念頭に入れ使用すると、落とす危険性も減るでしょう。

 

iPhoneケースやカバーも併せて使用し、落としたときの衝撃を減らすことも重要です。
ケースを付けずにiPhone持つ方も多いですが、ケースやカバーを付けることをおすすめします。

 

ガラスコーティングはiPhoneを長持ちさせることができます

 

保護シートは画面のみで隅までは保護ができませんが、ガラスコーティングは全体的に施すことができます。
メリットが多い方法ですので、iPhoneを長持ちさせるためにも活用しましょう。
ガラスコーティングはキャリアショップやiPhoneの非正規修理店などで施してもらうことができますので、ぜひ利用してください。

 

iPhone修理戦隊スマレンジャーでは、片面3000円からガラスコーティングに対応可能です。また、スマレンジャーは関西初上陸の防弾ガラス技術を応用したナノガラスコーティングを使用しております。
硬度が高級強化ガラスフィルム並みになる事から、『塗るガラスフィルム』と表現させて頂く事もあります。

 

スマレンジャーは大阪を中心に全国に店舗がございます。大阪府内にはドン・キホーテ梅田店梅田泉の広場店など駅チカでアクセスしやすい店舗が8店舗ございます。

 

修理後も安心してご利用いただけるよう3ヵ月保障をご用意しておりますので、iPhoneの画面修理の際は是非一度、ご相談ください。
詳しくはスマレンジャー店舗一覧をご覧ください!