iPhoneの液晶割れと画面割れの違いは?症状と修理費目安を解説

 |  |  | 0

iPhoneが割れた場合は二通りが考えられる

 

iPhoneで避けられないのが、割れという破損です。
iPhoneが割れたというのはよく耳にしますが、iPhoneの割れの内容は二通りに分けられます。
液晶割れと画面割れ、この二つにはどのような違いがあるのかを知っておくことが大切です。

 

iPhoneの画面割れとは

 

液晶割れと画面割れを比較した際、より軽度なのは画面割れです。iPhone修理用語では、ガラス割れとも呼ばれます。
iPhoneはフロントパネルが全てガラスで覆われているので、落とした場合には高い確率でガラスが割れます。

  • バッグに入れて走る
  • 電車やバスに乗っているときの振動

でさえ、ヒビが入ると原因になるといったこともしばしばあります。

 

ただ、画面割れだけの場合、割れたガラスの上からタップすると液晶画面は普通に反応することがあるため、角が割れただけといった場合にはそのまま使い続けるという人もいます。

 

iPhoneの液晶割れとは

 

一方の液晶割れは画面の下にある液晶部分が割れた状態で、タッチパネルが反応しない、部分的に反応しない部分があるなどの症状が起こります。

 

画面に線が入ったり、色がおかしくなったりということになると、ガラス面だけでなく液晶画面まで割れているのは確実で、こうなると、専門の修理が必要です。
放っておくと不具合の範囲はどんどん広がります。

 

基盤部分にまで達すると、最悪の場合、iPhoneそのものが使うことができない可能性があることから、早急に修理に出すことが大切です。

 

iPhone修理戦隊スマレンジャーのガラス(液晶)修理価格一覧はこちらから!

 

iPhoneの画面修理の特徴

 

iPhoneの認定修理を受けるには、Apple社の正規ルートで修理を依頼することになります。
購入時にApple社が用意している、AppleCare+という保証システムに加入しておくと修理代金の負担金が軽くなるというメリットがあります。
よく落としそうだという人は加入しておくのがおすすめです。

 

Apple社でなく、非正規店で修理を受けた場合、二度とApple社の認定修理を受けることができなくなるため、それが不安な人はAppleCare+に加入しておくことが大前提になります。
また、Apple社のiPhoneはガラス割れであっても液晶割れであっても、違いがないのが特徴です。

 

修理に来られるiPhoneユーザー方のほとんどが、液晶は反応しているのでガラスだけの交換で済むと考えがちです。実際他のメーカーではガラスの交換だけで済むことがあります。
しかし、iPhoneは一番外側部分のガラスパネルから、タッチパネル、液晶パネル、そしてバックライトの4層が一つになっているのが特徴で、特殊な接着剤で圧縮されています。
そのため、最も外側のガラスだけが割れて、液晶は大丈夫な画面割れのように見えても、4層になったパネルごと交換することになり、画面割れだけを交換するということ自体、そもそもできない構造になっているのです。

 

正規店も非正規店もiPhoneの画面修理方法は同じ

 

AppleCare+に加入していないと、Apple社の認定修理は非常に高額になる場合があることから、Apple社の認定修理よりも安い非正規店で修理を行い、画面割れだからガラス交換だけをしてもらおうという人もいるでしょう。

 

また、液晶まで割れたとしても、AppleCare+に加入していないなら非正規店のほうが安いはずだと考え、やはり非正規店に行く人も多くいらっしゃいます。

 

しかし、ここで注意したいのが、仮に非正規店に持ち込んだとしても、iPhoneの場合の画面割れは、Apple社の認定修理と同じように4層のパネルを丸ごと交換することになるという点です。
そのため、Apple社はもちろん、非正規店においてもiPhoneの画面割れの交換はガラス+液晶もしくは、ガラス液晶といった表示が多い傾向になっています。

 

iPhone修理戦隊スマレンジャーでは、ガラス交換のみの場合も対応が可能です。ガラス交換修理の場合、実際にガラスと液晶を分離して、新しいガラスに張り替えるには特殊な機械が必要です。その場ですぐに出来ない場合や、最低でも1時間以上のお時間を頂く事になります。
しかし、液晶交換ごとの修理場合、最短15分での修理対応が可能です。

 

iPhoneの画面修理費用はどのくらい違うのか

 

AppleCare+に加入するには12,600円が必要なことと、対応期間が2年間に限られること、さらに加入しても修理費用が必要になるため、それだけ払ってもお得かどうかが悩むところですが、最新のiPhoneを買ったのであれば入っておくべきです。
そうでないと、加入していれば一律3,400円の修理費用で済むところが、iPhoneXでは最大で37,000円以上にもなるからです。

 

非正規店ならもっと安いのではと思いきや、逆に46,000円以上と修理費用は大きくApple社を上回る場合があります。
ただし、古いモデルであれば非正規店のほうが安くなる可能性もあるので、モデルによって修理依頼先を考えることも重要です。

 

iPhone修理戦隊スマレンジャーでは、iPhoneの画面交換を2,900円から対応しております。
スマレンジャーは大阪を中心に全国に店舗がございます。大阪府内にはドン・キホーテ梅田店梅田泉の広場店など駅チカでアクセスしやすい店舗が8店舗ございます。

 

修理後も安心してご利用いただけるよう3ヵ月保障をご用意しておりますので、iPhoneの画面修理の際は是非一度、ご相談ください。
詳しくはスマレンジャー店舗一覧をご覧ください!