濡れた手でiPhoneを操作しても良い!?防水性能について紹介

 |  |  | 0

スマートフォンはあまりに便利すぎるので、さまざまなシーンで使用しますよね。

人によっては、常に身に付けている方もいて、お風呂に入るのも一緒!という方も多く見られます。

以前のスマートフォンは、防水性能がなくちょっとしたことでも壊れるイメージがありました。

ただ、最新のiPhoneでは防水性能が高まっているので、ちょっとやそっとでは壊れないようになりました!

では、iPhoneはどの程度の防水性能を誇っているのでしょうか?

ここでは、iPhoneと防水の関係性について紹介します。

iPhone7で初めて防水に対応!

iPhoneは、他のスマートフォンと比較して比較的防水に関しては二の足を踏んでいたイメージがありました。

ただ、ついにiPhone7において防水性能を兼ね備えることに成功しています。

防水に関しては、実は国際規格があってその規格に準じているかがポイントになります。

規格の中では等級が設定されており、等級が高ければ高いほどより高い防水性能を誇ります。

では、iPhoneの防水性能はどの程度となっているのでしょうか?

iPhone7で初めて導入された防水性能は、IEC 60529 という規格に準じています。

IEC とは国際電気標準会議の略で、デバイスの耐久性に関する規格を定めています。

この規格で、さまざまなレベルを用意して、その試験に耐えることができたものに等級が与えられます。

防水については、保護特性記号であるIPが用いられその後の二桁の数字でそのデバイスのレベルが明確になります。

第一記号では、人体及び固形物に対する保護等級が0~6段階で設定されています。

第二記号では、水の流入に対する保護等級が設定されており、0~8段階で設定されています。

では、iPhoneはどのレベルであるかというと、以下のようになっています。

IP68 等級:iPhone XS、 iPhone XS Max

IP67等級:iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus

最新のiPhone XS、 iPhone XS Max は第二記号がマックスの8となっていますね!

では、IP67とIP68ではどの程度違いがあるのでしょうか?

IP67の場合は深水1 m まで、最長 30 分間の水没に耐えることが可能です。

IP68では深さ2 m まで、最長 30 分間の水没に耐えることが可能となっています。

身近なシーンでは、ご家庭のお風呂は1m弱ですがIP67では少し不安に感じます。

逆に、IP68は2mまで耐えれるので、まず大丈と見ても良いでしょう。

参考までに、第一記号は6となってますが、これは主に耐じん性を示すものであり、粉塵がデバイス内部に親友することはないというレベルです。

具体的なシーンではどの程度耐えれるの?

iPhoneでは最低でもIP67の体制があることがわかりました。

第二記号では、6以下となると水に鎮めること自体がNGとなりますので、基本生活で起こりうるトラブルには耐えれるということになります。

例えば、よくあるのが雨の日に外で使用することは、基本的に全く問題ありません。

もし、手が滑って水たまりに落としても、すぐに拾えばダメージが及びません。

但し、地面に落下させてダメージが入った状態であると、場合によっては耐水性能が低下する可能性があります。

水たまりに落としての衝撃と加味すると、ひどい場合には何かしらのトラブルが発生るするかも知れません。

日常生活では、ソーダ、ビール、コーヒー、紅茶、ジュースといった飲み物をiPhoneにこぼしてしまうこともあります。

これでも、基本的には何ら問題が発生するわけではありませんが、すばや流水で流して乾いた布で拭き取ってください。

お風呂に持っていくという方も多くいますが、この場合もiPhoneは大きな影響を受けることはありません。

家庭用のシャワーをかけても大丈夫ですし、間違って湯船に落下させてもすぐに拾い上げれば壊れることはまずありません。

ただ、ジェットシャワーのような水圧が強いものがかかると、破損するリスクがあります。

他にも、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなどの衝撃が加わるスポーツも危険です。

水泳に関しても、iPhoneの公式見解としては身に付けて行わないようにと注意喚起されています。

お風呂では、サウナで暇つぶしに使用したい!という方も多くいるかも知れませんが、水にはある程度耐えれるもののスチーム耐性は強くありません。

更に高温高圧な環境も得意ではありませんので、利用しないようにしてください。

防水性能は本体内部を想定しており、本体は大丈夫でもスピーカーやマイクに悪影響が及ぶこともあるので、注意しましょう。

濡れた場合の対処は?故障したらどうすればよいの?

予期せぬ事でiPhoneが濡れても、ある程度の事柄には耐えれることがわかりました。

ただ、水が付着している事自体は決して良いことではありません。

もし濡れてしまった場合、まずは電源をすばやくオフにしましょう。

その後、水以外の液体が iPhone に飛び散った場合はその部分を水道水でながします。

その後、なるべく糸くずの出ない柔らかい布を使用して、 iPhone を拭きます。

内部にまで侵入している可能性があり、SIM トレイを開けて乾かすことも重要ですが、iPhone が乾いたことを確かめてから実施してください。

乾かす際には、Lightning コネクタを下に向けて手のひらに置き、優しく叩くようにして余分な水を排出させましょう。

その後、風通しのよい乾いた場所で iPhone を自然乾燥させてくさせます。

扇風機の前に置いておくと、早く乾かすことができますよ。

ただ、早く乾かしたいからと言ってドライヤーなどの熱風が出るもので乾かすのは厳禁です!

逆に故障のリスクとなりますよ。

濡れている状態で行っていけない行為としては、充電行為です。

濡れた状態で充電すると、iPhonebがが破損することがありますので、Lightning ケーブルでの充電や Lightning アクセサリの接続を行う際には、最低 5 時間経過してから行ってください。

他にも、早く乾かしたいからと言ってiPhone本体を振る行為は行わないでください。

振ることで内部の水分が拡散して拭き取りにくくなる可能性があるためです。

乾かしたあとに動作不良が発生した場合、修理が必要となる可能性が高いです。

主に、Appleによる修理か修理業者による修理が必要です。

Appleの場合、液晶画面以外の故障を修理する場合は、iPhone Xでは60,000円程度の修理費用が発生します。

保証期間内であれば無料ですが、これは大きな痛手ですよね。

それを考えれば、スマレンジャー難波店に持ち込んでいただければ、3,500円~で修理対応を行います。

水没の場合は時間との戦いであり、基本的に3日以内に処置しないと内部の基板がショートしたり腐食したりする可能性があります。

なるべく早く持ち込んでいただけると、復旧率75%ですので大事なiPhoneを元通りにできる可能性が高まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日常生活においてiPhoneが壊れる可能性が低いのは一安心ですね。

それでも、予期せぬ事で水没させてしまうことがありますので、もし故障した場合は是非スマレンジャー難波店にご用命いただけますと幸いです!

 

大阪・難波でiPadの修理業者をお探しの場合は、ぜひ大阪・難波にあるお近くの店舗でお越しください。
また、大阪・難波のスマレンジャーにおいても、ネットで事前にご予約いただければネット割引も可能ですので、お気軽にご利用いただけます。

iPadなどのタブレット端末は、どんなに大事に扱っていても破損してしまったり、落として画面割れてしまう可能性も高いものです。
また、実際に落としてしまったときは気持ちも沈んでしまうことでしょう。
しかし、そんなときには大阪・難波のスマレンジャーにて、大切なiPadの修理のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお早めにご相談ください。

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー難波千日前店

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526ー1098

営業時間:12:00~23:00

年中無休

当店はアミューズメント施設ROUND1の並びにあります!、ROUND1を目印に商店街へ入っていただくと当店の看板が見えますので、ぜひ足を運んでいただければと思います(^o^)。