iPhoneは水没だけではない!湿気にも細心の注意を払おう

みなさんこんにちは!
スマレンジャー難波千日前店です!

 

「音楽を聴く」「お気に入りの動画を見る」などを始め、

iPhoneなどのスマートフォンも容量が性能や容量が増え、より様々なことができるようになってきました。

 

お風呂、海やプールなど色んな場面で、スマートフォンを活用して楽しんでいると思います。

 

その際に忘れないでもらいたいのが、スマートフォンは精密機械ということです。

 

水没さえしなければ大丈夫でしょう?

 

と思っている人もいるかもしれないですが、湿気自体が機械にとっては天敵です。

 

 

今回は活用の幅が広がるこそ、水没だけではない。

 

湿気自体を注意してほしいポイントやケアする方法について紹介していきたいと思います。

 

湿気によってどのように故障を引き起こすのか

 

iPhone自体にどの程度の湿度内での利用に対して、規制が見つからないので難しいですが。

 

主に60%~70%を超える環境の中で利用する場合には注意が必要かと思います。

 

その中で故障するリスクが上がるというよりも、

 

お風呂のように高温多湿環境で利用していた後に、気温の低いところにいくと湿気が水滴に変わります。

 

その水滴がiPhoneの基盤などに悪影響を与えて故障を引き起こす可能性があります。

 

また、プールのように水分と塩分を含んでいるのも、サビや腐敗の原因を引き起こすので利用については注意をする必要があるでしょう。

 

既にご存知だと思いますが「iPhone」は機種によって違いがありますが、

 

高い防水機能が付いたのは「iPhone7」からとなり機種により性能が変わります。

 

iPhone8の耐水レベルは「IPx7」というレベルに設定されています。

 

これはスマートフォンの中では高いレベルになりますが、それでも「水深1mで最大30分」が耐えられるレベルとされています。

 

だからといって、生活時の水や湿気を全て気にしないで良いか?

 

というと、そういう訳ではないようです。

 

実際に水没していないのに、以下のような故障が発生してしまった人もいるようです。

・液晶画面に変な線が入ってしまった。
・SIMカードが認識しなくなってしまった。
・自宅のWi-Fiに接続しなくなってしまった

全ての動作不良が、湿気を含んだことによる原因かどうかは分かりません。

 

ただ、悪影響を与えていることは間違いありません。

 

水没経験のある人は「防水」機能が更にしっかりしている、スマートフォンへの切り替えの検討も必要でしょう。

 

ただ、どうしても「iPhone」が良い!!

 

という人でも全く対処方法が無いわけではありません。

 

対応として防水機能の高い「カバー」を装着する。

 

または「画面コーティング」処理を行うことで、水に対しての影響が変わってきます。

 

ただし、本体の防水機能自体が向上しているわけではないので、

 

水が多い場所での利用方法については、気を付けるように心がけましょう。

 

湿気が多いところでの利用方法について

 

お風呂の時間が癒やしの時間で、その時間にiPhoneを利用したいと思う人もいるでしょう。

・音楽を楽しむ。

・動画や映画を見る

・ゲームで盛り上がる

などなど楽しむ方法は沢山あります。

まずはお風呂で楽しむことに集中し過ぎて、スマートフォンのケアを怠らないように注意しましょう!

iPhoneなどの完全防水ではない機種を利用している場合には、

・お風呂の中で利用しなければ大丈夫

・水没しなければ安心

など楽観せずに、以下3点のような対応を行った後に利用することをおすすめします。

 

 

①フリーザーバック

⇒ジップロックよりも液体に強く、ダブルファスナーになっているのでもしものときにも浸水しにくいというメリットがある。

費用も安く抑えられるため、手軽に始めるには1番行いやすい。

もしものときのために毎回新しいものを利用する必要がある。

また、フリーザーバック自体が携帯を入れて利用することを想定していない。

そのため利用しにくいというデメリットがある。

 

②防水ポーチ

⇒濡れることを想定して作られているため、フリーザーバックよりも利用しやすい。

また料金についても、性能に不安がある可能性もありますが、100円ショップでも準備があるようです。

ただ、スマートフォン専用のものを利用場合は若干操作性に欠ける可能性があります。

お風呂以外にもプールや海で利用できるので、汎用性は高いと思います。

 

③防水ケース

⇒最後にスマートフォン用の防水ケースを利用する方法です。

スマートフォン用なので、1番利用しやすいというメリットがあります

ただ、防水ケースに書いてある“IP××”という数値が防水・防塵の高さを示します。

この値が高いほど性能は高いものの、料金は高くなってしまいます。

安全性を取るか、料金を取るかの判断になるでしょう。

 

動作に不安を感じたら診断してもらおう

 

もしご利用のiPhoneで水没すると、電源が入らなくなってしまうこともあります。

 

ただ、電源が入らなくなった状態から復活したこともあります。

 

個人でできることも多いですので、焦らず以下の対応を行いましょう。

 

①電源が入ったままになっている場合は電源をOFFにする
②丁寧に水分を拭き取る
③SIMカードを取り除く
④少し時間をおく

 

振ったり、衝撃を与えるようなことはやめてください!

 

逆に水が浸食してしまう原因となってしまいます。

 

正しい処置としては、動かさずにしばらく置いておく(乾かす)ことが大事です。

それでも動作しなくなる可能性を考慮してSIMカードが抜ける人は抜いておきましょう。

 

最悪、SIMカードが故障してしまうリスクを抑えることができます。

 

それでも動作がしなくなってしまった場合は、修理に出すことを検討しましょう。

 

まずは焦らず状況確認からしましょう!

 

まとめ

 

如何だったでしょうか?

 

今回は特にiPhoneのように「完全防水」がされていない機種の湿気との付き合い方について紹介しました。

 

お風呂や旅行先などでは、濡れた場合での対応は考えている人も多いかもしれません。

 

ただ、これから秋が深まると台風などで雨が多くなる季節となります。

外出時に雨に降られてしまうことで、思わぬところで濡れてしまう可能性もあります。
その場合には必ずケアを忘れず、故障のリスクを軽減するようにしましょう。

また当店では、ガラスや液晶の画面割れなどのだけでなく、バッテリー交換や水没点検・復旧などの修理も対応しています。
予約なしで当日すぐにお持ち込みいただいた場合でも即対応可能で、iPadの修理後も3ヶ月間の保証付きです。

大阪・難波でiPadの修理業者をお探しの場合は、ぜひ大阪・難波にあるお近くの店舗でお越しください。
また、大阪・難波のスマレンジャーにおいても、ネットで事前にご予約いただければネット割引も可能ですので、お気軽にご利用いただけます。

iPadなどのタブレット端末は、どんなに大事に扱っていても破損してしまったり、落として画面割れてしまう可能性も高いものです。
また、実際に落としてしまったときは気持ちも沈んでしまうことでしょう。
しかし、そんなときには大阪・難波のスマレンジャーにて、大切なiPadの修理のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお早めにご相談ください。

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー難波千日前店

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526ー1098

営業時間:12:00~23:00

年中無休

当店はアミューズメント施設ROUND1の並びにあります!、ROUND1を目印に商店街へ入っていただくと当店の看板が見えますので、ぜひ足を運んでいただければと思います(^o^)。