iPhoneもパソコン同様にメールからでもウィルス感染する可能性はあるのか?

みなさんこんにちは!

スマレンジャー難波千日前店です!

 

「iPhone」「Android」などみなさんお持ちのスマートフォンはどんどん便利に進化しています。

 

今まで携帯電話で使っていた、「着メロ」「ゲーム」から、PCで同じように「音楽の原曲」がダウンロードできたり、オンラインゲームがスマートフォンではできるようになりました。

 

PCと同じような機能が楽しめるようになったスマートフォン。

 

今は1人に1台以上を持っていることもおかしくないほど広まっています。

 

ただ、広まっているからこそウィルス混入を狙っている人が多くなることも事実あるのです!

 

実際にインターネット上の情報を見ると、PCやスマートフォンでウィルスに掛かってしまった!
などの実体験の情報が沢山上がってたりします。

 

実際に被害に遭われている方もいるのではないでしょうか?

 

ただ、スマートフォンでは同じようにウィルス感染の危険性はあるのでしょうか?

 

PCと同じ機能ができるとなると、同じくらいの感染率がありそうですよね?

 

そこで今回は、スマートフォンでのウィルス感染について紹介したいと思います。

 

iPoneの機能ではウィルス感染しにくい状況になっている

 

ここでは「iPhone」に特化した機能について紹介したいと思います。

 

まずiPhone上ではアプリのダウンロードを「AppStore」からしか実施できないように絞り込みをしています。

 

また、「AppStore」への公開を厳しい審査を実施することで、アプリ自体にウィルスを混入した状態でリリースをさせないように日々対応しています。

 

そして、もしアプリ内にウィルスが見付かった場合は即刻「AppStore」より削除されます。

 

こうして見ると、ここまで徹底していればiPhoneでウィルス感染する心配はないように思いますよね?

 

感染事例があまり見られなかったのは過去のこと!

 

最近は海外が多いもののウィルス感染事例が多数報告されています。

 

続いてiPhoneで実際にウィルスに感染してしまった事例を含めて紹介していきたいと思います。

 

iPhoneだからといって、必ず安心という訳ではないので注意!

 

iPhoneを利用しているからといって、安全だと思っている人は要注意です。

 

しかも、iPhoneにはセキュリティが高いという理由もあってか、ウィルス対応用のアプリがありません。

 

ただ確かにウィルス混入のリスクは低いものの「ゼロ」ではないところは気を付けないといけません。

中には、

 

・メールの添付ファイルからウィルス感染する可能性がある点。
・悪質なプログラムをWebサイトに細工し、利用者からそのプログラムをダウンロードさせる。

 

上記のような経路からウィルスがiPhoneに混入してしまう可能性があります。

 

このようなウィルスの目的は、利用者の個人情報採取や、プログラムを利用できなくなるような攻撃を行うことが多いです。

以前、実際に発生した「YiSpecter」というウィルスの場合

①インストールした覚えのないアプリがインストールされている
②閲覧していない広告が頻繁に表示されてしまう

 

などの被害が発生している報告が上がっているようです。

 

最近のウィルスは上手くユーザーを誘導して、クリックさせようと工夫がされています。

 

また、感染しても分かりにくいように作られているため。

 

「いつ感染してしまった」のかも判断しにくくなっています。

 

良く見るようになったものとしては、ウィルス感染の注意などの「警告メッセージ」が表示され、

 

「不安に思う」ユーザー心理を利用する。

 

というような方法を採るものもあるので注意するようにしましょう。

 

ウィルス防止強化するためにはこまめなアップデートを利用しよう。

 

では、ウィルス対応のアプリがない「iPhone」の対応は何が必要でしょうか?

 

まずウィルスの混入を防ぐためにも、定期的にAppleから提供されるプログラムの適用を行うことをオススメします。

そこでPCやスマートフォン用のウィルス対応ソフトが出回っているじゃないか!

 

それを適用したら良いのでは?と、思う方もいるでしょう。

 

ただ有名なウィルス対応ソフトの会社である、以下のソフトは主にAndroid製品がメインとなります。
・ウィルスバスターモバイル
・Nortonモバイルセキュリティ
・マカフィーモバイルセキュリティ

 

PCセキュリティソフトでも有名なので、これを入れておけば安心!

 

と思って適用されている人も多いのでは?

先ほど紹介させてもらったソフトはAndroid製品向けに作られており、iPhone利用ユーザーには適用は不要です!

 

なぜ、iPhoneには不要かというと、先ほど上記でも説明させてもらった通り。

 

iPhone自体に既にウィルス対応ソフトが入り込む余地がないほど、iOSにウィルス対応された作りになっています。

iOSをアップデートする以外に気を付ける点としては、良く聞く話ですが閲覧するWebサイトには細心の注意を図る。

 

これが1番大事になると思います。個人個人がこの努力をすることでウィルス感染を未然に防ぐことができます。

 

ここでいいたかったことは、ウィルス感染する可能性が低いから安心だ!

 

と気にしない。という訳でなくみなさん各自のウィルス感染に対するリテラシー向上がとても大事になります。

まとめ

如何だったでしょうか?

 

iPhoneユーザーの方は、気付いていないところでセキュリティの高さに驚いたのではないでしょうか?

 

ただ、今回お伝えしたかったのはセキュリティが高いからといって、

 

安心して何でもやっても大丈夫!と思わないことです。

・怪しいWebサイトの閲覧は自粛する
・登録されていないメールアドレスからの添付ファイルを開かない

など、トラブルを防止する意識を持って行動するようにしましょう!!

 

個人のセキュリティ意識向上を図って、安心安全に利用してほしいと思います。

 

また当店では、ガラスや液晶の画面割れだけでなく、バッテリー交換や水没点検・復旧などの修理も対応しています。

 

予約なしで当日すぐにお持ち込みいただいた場合でも即対応可能で、iPadの修理後も3ヶ月間の保証付きです。

 

ウィルスが入り込んでしまった!などの相談や修理なども相談いただければと思います。

 

大阪・難波でiPadの修理業者をお探しの場合は、ぜひ大阪・難波にあるお近くの店舗でお越しください。

 

また、大阪・難波のスマレンジャーにおいても、ネットで事前にご予約いただければネット割引も可能ですので、お気軽にご利用いただけます。

iPadなどのタブレット端末は、どんなに大事に扱っていても破損してしまったり、落として画面割れてしまう可能性も高いものです。

 

また、実際に落としてしまったときは気持ちも沈んでしまうことでしょう。

 

しかし、そんなときには大阪・難波のスマレンジャーにて、大切なiPadの修理のお手伝いをさせていただきますので、ぜひお早めにご相談ください。

 

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー難波千日前店

〒542-0076

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

電話番号:090-8526ー1098

営業時間:12:00~23:00

年中無休

当店はアミューズメント施設ROUND1の並びにあります!、ROUND1を目印に商店街へ入っていただくと当店の看板が見えますので、ぜひ足を運んでいただければと思います(^o^)。