iPhoneの液晶が取れそう?自分での修理は難しい

iPhoneの液晶の故障と言うと画面がバキバキに割れてしまうイメージがあると思います。これはもちろん早急に修理に出すべきではありますが、今回紹介するのは液晶が取れそうになってしまう事について紹介します。以下の画像がそのイメージです。液晶がiPhoneから取れそうになっているのがわかります。

iPhoneは普通に使えなくはないので放置しがちですが、タッチしても反応しないなど様々な弊害があるので、必ず修理しましょう。しかし、素人が修理するのは難しいです。それにも関わらず液晶を外してしまい、後悔する方が多いので、この記事をご覧になった方は是非プロのiPhone修理業者へご依頼下さい。大阪付近にお住まいの方はスマレンジャー難波店までお越しください。

 

iPhoneの液晶が取れそうになる原因

iPhoneの液晶が取れそうになる原因を紹介します。

 

強い衝撃を与えた

iPhoneに強い衝撃を与えるのは液晶が取れそうになる原因の1つです。主にiPhoneを落としてしまうと起こる現象です。駅のホームや、コンクリートの道など硬い地面にiPhoneがぶつかってしまうとiPhoneと液晶の接続部分が外れてしまうのです。この時、画面がバキバキに割れてしまうこともあります。これを防ぐためには普段からiPhoneのカバーを付けておくと良いでしょう。いわゆる「裸のiPhone」では落とした時に壊れやすいので、あまりよくありません。100円ショップで売っているようなカバーでも十分に機能するので、是非購入しましょう。また、iPhoneを落としてしまう方の特徴として有力な説がは2つあります。

1つ目は歩きスマホをすることです。とても危ないので、当てはまる方は今すぐに辞めましょう。iPhoneはとても便利ですので四六時中依存している人がおり、歩いている中でも使ってしまうのが社会問題になりつつあります。どうしても確認したい時は、安全な場所で止まってから行いましょう。

2つ目は爪に気を使っているお洒落な方です。爪が長いので、物理的にiPhoneを掴みにくくなるため、いつの間にか手からiPhoneがするりと抜け落ちてしまい、修理するはめになるのです。お洒落な方にとって爪の手入れ我慢することは難しいので、なるべくiPhoneを安全な場所で使用するように心掛けましょう。外見に気を使っていても、壊れたiPhoneを持っていると「だらしない人」だと思われてしまいがちですので、せっかくのお洒落が台無しになってしまいます。

 

バッテリーの膨張

バッテリーの膨張が原因でiPhoneの液晶が取れそうになることがあります。iPhoneに強い衝撃を与えた覚えが無いのに液晶が取れかけていれば、バッテリーの膨張が疑われます。この主な原因は経年劣化ですので、ある程度仕方のないことではありますが、iPhoneの液晶を修理せずに放置しておくと次第に弊害が現れるので、早めに修理を依頼しましょう。また、経年劣化が原因であれば、アップルの純正サポート期間は切れている可能性が高いので、無料では修理が受けられず、高価格になりやすいです。

これはアップルの純正サポートは壊れた部分を直すよりも、iPhoneを丸ごと変えることが多いためです。その点、iPhoneの修理屋であればバッテリーの交換だけで済むので、アップルの純正サポートと比較すると安価で行うことができます。是非、スマレンジャーへご相談下さい。

 

粗悪品を使う修理業者

誠に許しがたいことではありますが、iPhone修理を悪徳修理業者のせいで、iPhoneの液晶が取れそうになる被害を被ることがあります。この理由は、悪徳修理業者が安い素材を購入し、コストダウンを狙ったためです。安い素材は低品質であることが多いので、その分不具合も増加します。iPhone修理を依頼する時は、インターネットでレビューを見て、評判の良い修理業者を選びましょう。

もちろん、スマレンジャーはこのような悪徳修理業者ではありませんので、安心してご依頼下さい。そして、iPhoneがレビューを見ることのできる状態の内に修理をするようにしましょう。

 

iPhoneの液晶が取れそうになる弊害

iPhoneの液晶が取れそうになる弊害を紹介します。液晶が取れかけてもすぐに影響が出るわけではなく、段階的に弊害が現れることが多いです。

 

iPhoneのタッチパネルが反応しない

iPhoneの液晶が取れかけるとまずはじめにタッチパネルが反応しなくなります。これは液晶が浮いているので、液晶と本体に隙間があるので起こる現象です。この状態で使う場合は液晶を押して無理やり本体に近付けて反応させると思いますが、このやり方は液晶に負担を掛けるのであまり良くありません。

 

iPhoneのホームボタンが反応しない

液晶をタップしても反応しない段階を越えると、次はホームボタンが反応しなくなります。これも液晶と同じく本体とホームボタンの間に隙間が生まれるためです。この段階ではギリギリiPhoneを使用できますが、かなりストレスを感じるはずです。バックアップを取るのも難しいので、必ずホームボタンが反応しない状態になったら修理業者へ依頼しましょう。

 

iPhoneの液晶が完全に取れる

ホームボタンが反応しない段階を超えると液晶が完全に取れます。こうなるとタッチパネルもホームボタンも反応しないです。このため、iPhoneはほとんどただの板切れになってしまいます。修理時にバックアップを取るのが望ましいですが、この状態では難しいです。インターネット上では普通に使えるという情報がありますが、これは奇跡のような存在と考えましょう。

恐らく、何らかの要因により一瞬で液晶が完全に外れてしまったと考えられます。このため、本来は時間を掛けて本体と液晶の間にゴミが溜まり接触不良を起こしてタッチパネルやホームボタンが反応しなくなったり、バッテリーが膨張して次第に本体と液晶の接触が悪くなるところですが、くっ付けるだけでいつも通り使用できたのでしょう。

iPhoneの液晶が取れそうになった場合の応急処置として覆うタイプのカバーを付けましょう

iPhoneの液晶が浮いて取れそうになった場合は下手にいじらずに修理業者へ依頼しましょう。自分で直そうとするのは少し難しいですし、液晶が浮いていることが気になって自分で取ってしまうのは最もよくありません。修理業者へ依頼するのを前提として、それまでの応急処置として、iPhoneを覆うようなカバーを付けるのを推奨します。これならば落下の衝撃を軽減できますし、液晶との隙間からゴミが溜まるのを防ぐことができます。

 

iPhoneの液晶が取れそう?自分での修理は難しいまとめ

 

iPhoneの液晶が剥がれかけている場合は、自分で修理するのは危険なので必ずiPhone修理のプロを頼りましょう。なんとなく液晶が剥がれかけているのが気になって押したり取ってみたりしたくなるかもしれませんが、これは辞めましょう。液晶が剥がれるのを防止するのであればiPhoneを包み込むタイプのカバーを付けておくのがオススメです。

衝撃にも耐えやすくなりますし、事後のさらなる悪化も防ぎやすいので、液晶が剥がれかけた後にも有効です。液晶が剥がれかけても、そのまま使うことはできなくないので、修理に出すのを見送ってしまいがちですが、いつ完全に壊れてしまうかわからないので、注意しましょう。