iPhoneから音が聞こえなくなった原因と修理方法

皆さんはiPhoneから音が聞こえなくなった経験をしたことはありますか?音が聞こえなくなってしまうと大変困りますよね。音楽が聞こえなくなりますし、ビジネスで大切な取引先との電話が聞こえなくなってしまうと最悪です。そこでiPhoneから音が聞こえなくなる原因と対策を学びましょう。簡単な設定で直ることもありますが、iPhoneは精密機械なので、自分で直そうとすると更に状況が悪くなる可能性があります。そこで、基本的にはプロの修理屋に依頼しましょう。大阪付近にお住まいであれば、是非スマレンジャー難波店までお越し下さい。

 

iPhoneから音が聞こえなくなった原因と対処法

一口にiPhoneから音が聞こえないと言っても原因は様々です。そこで、iPhoneから音が聞こえない原因と対策を記載します。

 

イヤホンが故障している

iPhoneには異常が無く、イヤホンが故障している場合があります。まずはiPhoneからイヤホンを抜き、音を出してみましょう。これで問題無く音が出るようでしたらイヤホンの故障が原因である可能性が高いです。これは、安いイヤホンを使用している方によくある現象です。基本的に安いイヤホンは寿命が短いので、その分故障する頻度が高いのです。特に音質にこだわらない方は100円ショップの安いイヤホンをお使いの方が多いでしょう。

この対策として有効なのはイヤホンの買い替えや修理です。しかし、安いイヤホンを買ったのではまたしばらくすると故障してしまいます。そこで有効なのはワイヤレス(Bluetooth)イヤホンの購入です。これは接続口を介さずに音を聞くことができるメリットがあります。イヤホンを外せば問題無く音が聞こえることから、iPhone自体は正常に動いているので、ワイヤレスイヤホンに変えても音が聞こえないことはほぼないと考えられます。

価格もそこまで高くなく、安いものでは1000円程度で販売されています。コード付きイヤホンと違い充電する必要があるのがネックです。電池切れは複数購入するなどで対策ができます。

 

iPhoneの設定が間違っている

iPhoneの設定が間違っているためにiPhoneから音が聞こえないことはよくあります。最初は設定が正しいかを疑ってみましょう。

マナーモードになっている

マナーモードになっているとiPhoneから聞こえる音は限られます。マナーモードの時はiPhoneの側面のスイッチがオレンジ色になっています。これを黒に直しましょう。自分ではマナーモードにしたつもりがなくてもポケットに入れる時にスイッチを動かしているといったケースがあります。同じようにiPhoneには「おやすみモード」があるので、こちらに設定されていないかを確認しましょう。iPhoneの設定→「おやすみモード」から変更することができます。

 

音量設定

iPhoneから音が聞こえないときは音量設定が正しく行えているのかを確認しましょう。iPhoneの左側面に音量調節ボタンがあるので、これで行いましょう。iPhoneの設定から行う場合は「設定」→「サウンド」から変更できます。ボタンが壊れてしまっている場合はこれを使用しましょう。

再起動

iPhoneから音が聞こえない時だけでなく、不調を感じたら再起動を行うことが有効です。不要なキャッシュがリセットされるなどの働きがあり、多くのトラブルを解決できる可能性があります。

iOSのアップデート

iOSが古いために不具合が生じている可能性があります。この場合はiOSをアップデートしてiPhoneを最新の状態にしましょう。方法は次の通りです。

 

①設定

②ソフトウェア・アップデートをタップ

③ダウンロード・インストールをタップ

④利用条件に同意

アップデートはデータ通信料が多く掛かるので、必ずwifiに接続しましょう。また、最新OSのバグが無いか不安を持っている方はインターネットでiOSの口コミを調べると安心できます。

 

言語の再設定

あまりメジャーではありませんが、言語を再設定することでiPhoneから音が聞こえない問題の修理ができることがあります。これは、主に海外の方が作成したゲームアプリを使っている時に訪れます。特定のアプリを使っている時だけ音が出ないことが多いです。言語を変更した後に、再び日本語へ言語を変更することで元に戻すことができるので、違う言語のまま使用する必要はありませんのでご安心下さい。設定方法は次の通りです。「設定」→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」から日本語以外を選択

ここまでを終えたら音が聞こえることを確認し、再び同じ手順で言語を日本語へ再設定しましょう。

 

iPhoneが故障している

iPhoneから音が聞こえない場合、iPhoneが故障していることが考えられます。システム的に壊れていることもあれば物理的に壊れていることもありますが、いずれにしても修理業者への依頼を推奨します。

 

内部スピーカーが故障している場合

内部スピーカーが故障していることがあります。何らかの方法でiPhoneから音を鳴らしてみても音が聞こえないことを確認した後にイヤホンを挿すと異常が無かった場合、内部スピーカーの故障が考えられます。埃が溜まっていたり、壊れていたりしますが、いずれにしても個人が修理するのは難しいので、iPhoneの修理業者へ依頼しましょう。

常にイヤホンを使うことはできなくないですが、音が聞こえない故に通知に気が付かないなどの弊害はあるので、やはり修理をお勧めします。

 

イヤホン差し込み口にゴミが溜まっている

 

イヤホンの差し込み口にゴミが溜まっている場合、イヤホンからの音が聞こえない、もしくは聞こえにくくなります。自分でできる修理としてはエアダスターを吹きかける程度です。もしこれで直らない場合はワイヤレスイヤホンを使う手もありますが、基本的には修理業者へ依頼しましょう

。なお、インターネット上には軽く濡らした綿棒でゴミを取ることが紹介されていますが、イヤホンの差し込み口は繊細なので、水気のあるものは触らない方が良いでしょう。イヤホンの差し込み口を保護するにはイヤホンジャックを差し込んでおくことが有効です。アクセサリーとしてもお洒落ですし、iPhoneのイヤホン差し込み口にゴミが溜まる予防もできるので一石二鳥です。

 

イヤホンジャックの中折れ

イヤホンジャックの中折れの場合は大変です。この時は迷わずに修理に出すと良いでしょう。ドリルや針金を使って折れたイヤホンジャックを抜く方法が有名ですが、素人が行うとiPhoneを傷つけてしまう上に結局抜けなかったということになりかねません。特に最新機種ではイヤホン用の穴が廃止され、充電口がイヤホンジャックにもなっています。これを壊してしまうと充電も満足にできないのでとても困ります。

 

iPhoneから音が聞こえなくなった原因と修理まとめ

単にiPhoneから音が聞こえなくなると言っても、その原因は多岐に渡ります。iPhoneに問題がなくても、イヤホンが故障しているケースがあるので、少しややこしいです。再起動や言語の変更などの手軽にできることを行なっても音が聞こえない場合や、異常がある場合はiPhoneの修理業者へ依頼しましょう。特にイヤホンジャックの修理は自分で行うのが難しく、自体を悪化させる結果に終わってしまう危険があるのでお金を惜しむよりも賢明です。