iPhone修理と買取の前に個人情報の処理が必要

iPhoneは精密機械なので使用していると、どうしても壊れてしまい、修理に出すことがあると思います。この時に、壊れたままのiPhoneを修理屋に出すのは望ましくありません。また、残念ながら修理屋でもiPhoneの状態を回復できなかった場合は買い取りに出すこともあるでしょう。この時も同様に買取屋に渡す前に行うべきことがあります。その中でも個人情報の処理が最も大切です。修理と買い取りでやるべきことを個別に紹介します。

 

iPhoneの修理前に必要なこと

iPhoneの修理前に必要なことを解説します。

 

iPhoneを探すをオフにする

iPhoneを修理に出す前に「iPhoneを探す」をオフにしましょう。修理前にお店でも求められるので、オンにしたままでも問題ありませんが、店員さんが忘れてしまうリスクを考え、事前に行っておきましょう。

 

iPhoneのバックアップを取る

修理前にiPhoneのバックアップを取りましょう。iPhoneの修理時に必ずしもデータを消去するわけではありませんが、万一に備えましょう。

 

買取前に必要なこと

 

iPhoneを買取に出す前に行うべきことを解説します。なお、先に挙げた「iPhoneを探す」をオフにすることと、各自でバックアップを取ることは買取でも必要です。

携帯の初期化

iPhoneに限らず、携帯を買い取りに出す前には必ずiPhoneを初期化することで個人情報を消しておきましょう。手順は次の通りです。

①iCloudからサインアウト(ログアウト)

設定→AppleIDや名前が表示されている場所をタップ→サインアウトを行うことができます。なお、事前にiPhoneを探すをオフにする必要があります。これでiPhoneを初期化する準備が整いました。

 

②iPhoneの初期化

設定→一般→リセット→「すべてのコンテンツと設定を消去」→パスコード入力→iPhoneを消去を選択しましょう。これでiPhoneが出荷前の状態に戻ります。ここまでを終えてしまうとiPhone内のデータは完全に消えてしまうので、必ず事前にバックアップを取り、しっかりとバックアップできているのか、不足したデータは無いかを確認しましょう。ここまででiPhoneの初期化は完了です。次は買取したiPhoneの購入者のためにアクティベート設定を行いましょう。

 

アクティベート設定

買取したiPhoneの次の利用者が快く使用できるようにアクティベート設定を行いましょう。買取前にお店からこれを要求されることがあるので、あらかじめ完了しておくと買取がスムーズに行えるはずです。iPhoneの初期化後のアクティベート手順は次の通りです。

 

①言語を日本語に設定

②国と地域を日本に設定

③「キーボード」画面で「次へ」をタップ

④wifiなどを利用してインターネットへ繋ぐ

自宅にルータが無いor使えない場合は施設のwifiに繋ぐ必要があります。この時、安全性には十分に注意しましょう。

⑤「位置情報サービスをオフにする」をタップ

⑥「TouchIDを後で設定」をタップ

⑦「パスコードを作成」の画面で「パスコードオプション」をタップ

⑧「パスコードを追加しない」をタップ

⑨「新しいiPhoneとして設定」をタップ

⑩「AppleIDをお持ちでないか忘れた場合」をタップ

⑪「設定”で後で設定」をタップ

⑫「使用しない」をタップ

⑬同意する

⑭「Siriを後でオンにする」をタップ

⑮「送信しない」をタップ

以上15の行程に渡ります。一見とても手間が掛かると思いますが、実際に作業すると2分程度で完了するのでお手軽です。

SIMカードの抜き取り

一通りiPhoneの操作を終えたら次はSIMカードを抜き取りましょう。SIMカードを抜き忘れてしまうと個人情報が割れてしまいますし、SIMカードには契約情報が残っているので最悪の場合、次の購入者が契約することなく電話やインターネットの利用ができてしまいます。いずれにしても既に解約している、いないを問わず必ずSIMカードは抜きましょう。SIMカードの抜き方は次の通りです。

①SIMカードの取り出しセットを用意

iPhoneの購入時に同封されているピンセットのようなものです。

②iPhoneの横にある穴にピンセットを挿しましょう。

上手くいくと音が鳴り、SIMカードを引き出すことができます。

③引き出したものを元に戻して完了

買取に出す時には必ずこの行程を行いましょう。

 

初期化しない弊害 データの抜き取られる危険性

iPhoneの修理にしても買取を行うにしても必ず気を付けなければいけないのが個人情報の処理です。これができていないと自分だけでなく、様々な方へ迷惑が掛かるので、iPhoneを持つ上でのマナーと思い、徹底しましょう。個人情報が漏れてしまうと、以下のような弊害があります。

・お金を騙し取られる

iPhoneの初期化をせずに、個人情報が流出するとお金を取られてしまう危険性があります。特に、Amazonなどのインターネットに自動ログイン設定がされている状態でクレジットカードの登録をしているとそこから番号が抜かれてしまいます。一応カード会社は盗難などによる不正に使われたお金を補填するサービスを行っていますが、これは一定期間内での報告と自分に非がないことが絶対条件です。個人情報を初期化することを怠たったことが原因でお金を騙し取られるのは自分に非がないとは言い切れないので、補填は期待できません。

 

・自分の情報が勝手に公開される

iPhone の初期化をしないと、自分の個人情報が勝手に公開される危険に晒されます。自分の住所や電話番号、場合によっては顔写真までも割れてしまうのでとても強いストレスが掛かるでしょう。

最近はインターネットのサービスの登録の際に個人情報の載っている写真を送るケースが増えているので、写真からも情報が盗まれるかもしれません。また、特に若い女性はストーカーに襲われることもあるかもしれません。実際に個人情報の流出からのストーカー被害の実例が存在するので(iPhoneからの流出かは不明)個人情報の扱いには注意しましょう。

 

・自分以外も被害者になる

個人情報を取られてしまうと、自分以外にも迷惑がかかります。iPhoneの連絡先の情報から電話番号やメールアドレスが割れてしまうので、迷惑メール・迷惑電話が押し寄せる可能性があります。そこから詐欺にあってしまうのです。例えば、皆さんは有名SNSのLINEの友人・知人から「○○を買って下さい」と頼まれたことはありませんか?これは彼らの個人情報が割れたことによりアカウントが奪われたために起こった詐欺です。このように、あなたの個人情報が流失すると自分以外にも迷惑がかかるので、iPhoneのロックをしたり、買取の時には初期化するのは最早義務と言えます。

 

iPhone修理と買取の前に個人情報の処理が必要まとめ

 

今回は、iPhoneの修理と買取りの前に行うべきことについて解説しました。修理前には「iPhoneを探す」をオフにすることとバックアップを取ることを忘れないようにしましょう。買取時にはこれに加えて個人情報の処理を行うことが必須です。個人情報の流出が原因で自分だけでなく、大勢の方が迷惑を被る可能性があります。実際に詐欺行為やストーカーのの被害者になった方もいます。自己責任では収まりませんのでiPhoneの個人情報の管理を徹底しましょう。