iPhone故障の隠れた原因!?充電器は正規品を使いましょう

皆さんはiPhoneの充電器に何を使用していますか?実は充電器は純正のケーブルと非純正のケーブルがあり、選択を間違えてしまうと最悪の場合iPhoneが充電できなくなってしまいます。これを避けるためには、非純正の充電器ではなく、純正の充電器を使用しましょう。iPhone8以降の端末は置くだけで充電できるワイヤレス充電が可能ですが、この場合は寝転びながらiPhoneをいじったり、少しでもずらすと充電が途切れてしまうので、なるべく有線で充電したい方は多いでしょう。

 

非正規の充電器を使用したことによって修理や買い替えをする危険性を考慮すると、最初から純正品を利用するのが望ましいです。是非参考にしてみて下さい。

 

非正規の充電器を使用することの弊害

非正規の充電器を使用するとiPhoneが故障する危険性が高まります。このケーブルの使用により、接続口が壊れてしまうのです。充電口が使用できなくなれば当然iPhoneの充電を行うことができないので、バッテリーが切れてしまったらもうそのiPhoneは使い物になりません。そうなると、大切なデータが消えてしまいますし、買い直す羽目になります。この損失を埋めるのはとても困難でしょう。

仕事で大切なデータを取り扱っている人は致命的ですし、iPhoneは高性能な分、価格は高めなので、簡単に買える額ではないことがほとんどでしょう。一般的にiPhoneは競合であるandroidよりも高いと言われています。

何より、最も注意しなければならないのは、iPhoneの充電口の故障は不意に訪れることです。これを前もって予測することはほぼ不可能なので、突然iPhoneとその中のデータが無くなってしまうのです。iPhoneの紛失や故障に備えてバックアップを取ることは大切ですが、紛失や故障の原因となるものを遠ざけるのもそれ以上に重要です。

iPhone8以降の端末ではワイヤレス充電ができるので、充電口が故障することによる弊害はかなり抑えられますが、それ以前の端末の利用者にとっては致命的です。

非純正品は100円ショップに売っており、非常に安いので手に取りやすいですが、安さには理由があるのです。もし、非純正を使っている方は、今すぐに純正品を購入しましょう。専門店でなくてもコンビニなど身近なところにも売っています。

 

知らない内に非正規を使用してしまうことがある?

 

信じられないかもしれませんが、iPhoneの非正規の充電器を知らない内に使用しているかもしれません。これに該当するケースは主に2つあります。1つ目は宿泊施設を利用した時です。ホテルやインターネットカフェでは基本的にiPhone、スマートフォンの充電器の貸し出しを行なっています。しかし、その貸し出し品が正規品である保証はありません。完全に充電用として渡しているのです。施設側としても1本が1000円程度する正規品を大量に購入するとコストが掛かることから非正規品を使用するのでしょう。

店員に正規品がどうか尋ねてもその知識があることは稀です。もしこれらの施設によく足を運ぶ場合は正規品のiPhone充電器を持ち歩き、それを使用しましょう。電気屋・携帯ショップの場合は正規品を使っていることが多いので、過信はできませんが、基本的には安全です。2つ目は友人に充電器を借りた時です。友人が正規品の充電器を使っているか否かは完全に運次第です。

iPhoneの充電器の貸し借りは学校やお泊まりをする時によく見受けられる光景です。iPhoneの充電器の知識も十分ではないことが多いので、もし、非正規品を使っているようでしたらこの記事の内容を教えてあげましょう。

 

iPhone充電器の正規品の特徴

iPhone充電の正規品の特徴を紹介します。

 

安全性が高い

純正品のiPhone充電器はとても安全性が高いです。非正規品と比べて充電口の故障は起こりにくいです。純正品のケーブルには様々な技術が内蔵しているので、見た目からはわかりにくいですが、とても信頼できるのです。iPhoneは世界で大変人気ですが、高い信頼性がその理由の1つです。

非純正品は接続に不安があり、一見ケーブルが刺さっているように見えるのに充電ができていないことがありますし、ちょっと角度を変えるだけで充電できたりできなかったりします。これは、iPhoneへ充電器を短い間隔で抜き挿しを繰り返していることと同じなので、故障する可能性が高くなります。純正品でこれが起こるリスクは低いです。

 

充電を最短時間で行うことができる

純正品のケーブルは充電のスピードが優れているのがオススメできるポイントです。非純正品ではあまりスピードに優れておらず、先述したように接続の不安もあるので、「朝起きたら全く充電ができていない」ということも起こり得ます。

 

PCとの接続が可能

純正の充電器はPCとの接続が可能です。主にiTunesとの連携をすることが多く、データのバックアップや移動を行うことができます。また、iPhoneはandroidと比べるとPCへの接続無しにバックアップを取れるアプリがあまり多くないので、使用する機会があるかもしれません。データの移動は一般的に有線接続の方が早いので、実は欠かせないポイントです。

特に動画を送る際に役に立ちます。非純正品ではPCに接続できてもiPhoneの充電しかできないケースが多いです。

 

値段が高い

純正品のケーブルは非純正品と比べてとても値段が高いです。純正品が大体1000円以上するのに対し、非純正品は100円ショップに売っているほど安いです。このため、貸し出しを行なっている施設は非純正品が多いです。価格では圧倒的に非純正品に優れていますが、性能面では遥かに劣りますし、何よりiPhoneの修理、買い替えをするリスクを考えると結果的には純正品の方が安いとも言えるでしょう。

 

故障しても無料交換することもできる場合がある

純正品の充電器は残念ながら耐久性にはあまり優れていないので、少なからず壊れることがあります。しかし、保証期間の範囲であれば、無料で交換することができることはあります。もちろん、拒否されてしまうこともあるので、詳しくはAppleのホームページやお問い合わせからご確認下さい。

 

純正と非純正の見分け方

純正品と非純正品を見分ける場合、パッケージを見て純正品と書いてないものは確実ではないので購入しないと判断できますが、中には純正品と書いてあるにも関わらず、性能がお粗末なものが出回っています。そこで、純正品の特徴を以下に記載します。

・接続部分の先端が丸みを帯びている

・ケーブルに印字がある

・接合部分が金色に描かれている

 

iPhone故障の隠れた原因!?充電器は正規品を使いましょう まとめ

 

今回はiPhoneの充電器は純正品を使うべきということについて解説しました。安くて手軽な非純正品に手を出してしまいがちですが、いつ充電口が壊れてしまうのかわかりません。性能面でも純正品の方が遥かに優れているので、コスパで考えても非純正品を選ぶ理由はありません。PCへ繋ぐこともできるので、バックアップを取るのにも向いています。

純正品のと非純正品を見分けるのも特徴を確認すれば難しくないので、インターネットからの購入でも間違える心配は入りませんので、ご安心下さい。もし大阪付近でiPhoneが故障してしまったら是非スマレンジャー難波店に修理をご依頼下さい。