iPhone Xのステータスバーはこう変わる!時刻表示は左寄せ【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です。

今回は、最新機種iphoneXのご紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ディスプレイの領域を可能な限り広くするために、iPhone X(iPhone8)は、インカメラやセンサーを搭載した領域がディスプレイの上部中心にせり出すようなデザインとなります。

このため、これまでのiPhoneとは異なり、iPhone XのiOS11では、ステータスバーの表示のされ方も異なることが分かっています。

時刻は左に、インジケーターは右に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iOS10までは、内蔵マイクによる録音(画面録画)中はステータスバー全体が赤、通話中はステータスバー全体が緑になる仕様となっていましたが、iOS11以降は時刻表示の部分が、それぞれ赤と緑になるみたいです。

 

 

 

 

 

キーボードの配置も微妙に変更へ

ディスプレイ領域の拡大によって、キーボードの表示が変わることあるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、キーボード下部にホームインジケーター用のスペースが出現するほか、絵文字や音声入力への切り替えマークが下部へ移動するみたいです。

iphoneXは、他のiPhoneと全く別物に感じるのは、僕だけですかねー

iphoneX欲しいんですけど、色々厳しいです。

今回は、この辺で終わりたいと思います。

iPhoneのことで何かございましたら

スマレンジャー大正駅前店までご相談ください。

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします。