iOS11で、標準アプリ「カメラ」を使ってQRコードを読み取る方法【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です。

今日は、標準のカメラを使ってQRコードを読み取る方法をご紹介していきたいと思います。

iOSの標準カメラでは、これまでQRコードの読み取りに対応していませんでした。

そのためQRコードをiPhoneなどのiOS端末で読み取る場合は、App Storeにあるサードパーティアプリが必要でした。

iOS11の標準カメラには、ついにQRコードの読み取り機能が搭載されます。設定でカメラでのQRコードスキャン機能をオンにするだけで、すぐに利用することができます。

iOS11で標準カメラのQRコードスキャンを有効にする手順

設定から、カメラの設定を開く

 

ホーム画面から「設定」を起動し、「カメラ」をタップします。

 

 

 

 

 

 

QRコードでのスキャンを有効にする

 

カメラの設定項目が表示されます。利用している端末によって表示項目は異なりますが、「QRコードをスキャン」の項目をオン(緑)にすると、標準カメラでQRコードの読み取りが可能になります。

 

 

 

 

 

標準カメラアプリでQRコードを読み取ってみる

ホーム画面などから標準カメラを起動します。

QRコードスキャンの設定を有効にしていれば、撮影画面内にQRコードを収めるだけで読み取りを開始します。

 

シャッターボタンで撮影する必要はありません。鮮明に判別できるQRコードを撮影画面内に収めるだけで読み取ります。

読み取りが完了すると上部に、読み取ったサイトをそのままSafariで開くかどうかの通知が表示されます。

iOS端末の標準カメラで読み取れるQRコードでは、さまざまな活用例があります。

上記の例のようにWebサイトをSafariでそのまま開いたり、HomeKit対応機器の初期設定を行ったり、連絡先を交換したり、マップアプリで表示できる位置情報を共有したり、さらに電話番号をQRコードにして読み取れば、ダイヤルキーをタップすることなく電話を発信することもできます。

今回は、この辺で

iPhoneの事で何かございましたら

スマレンジャー大正駅前店までご相談ください。

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします。