オフラインでも使える!iphone内臓辞書!スマレオミニコラム

 | , ,  |  | 0

昔、何か調べ物をしようとした際に必ず登場したのが辞書である。

英和辞典など翻訳に利用するための辞書も有れば百科事典など言葉自体の意味を知るための辞書もあった。

 

余談だが、辞書は字引とも言い、長く生きて豊富な経験と知識を持った人は生き字引とも呼ばれる事があった。

調べ物をするのに有れば便利なのは確かであったのだが、分厚くて重く、持ち運びなどは難しかったであろう。

しかし辞書が出来た当時から時間が経つごとに、電子辞書が登場し、パソコンが一般的になり、今ではネットさえ接続出来ていれば片手に収まるiPhoneで、当時の百科事典より、多彩な意味を調べることができるようになった。

 

ところが、実はiPhoneには辞書が内蔵されている。

なので、ネットに繋がっていなくても、オフラインで使用できるのである。

この「内臓辞書」は、データをダウンロードすることもできるので、足りないと思った辞書を場合によっては追加することもできる。

やり方としては以下の通りである。

 

まずは、「設定」を開き「一般」をタップしよう。

上にスワイプしていくと「辞書」という項目があるのでソレをタップ。

すると、ダウンロードしているいないに関わらず、辞書の一覧が表示されている。

ダウンロード済の辞書は、辞書名の左横にチェックマークが目印として付いている。

この一覧の中から、必要な辞書をタップで選ぶことでダウンロードが始まる。

 

実際の「内臓辞書」の使い方としては、メモでもなんでも良いので表示されている語を選択すると、黒いメニューがポップアップされるのでその中の「調べる」をタップしよう。

すると「内臓辞書」から検索された結果が表示される。

この結果は、ダウンロードした辞書が多ければ多いほど表示される内容も多くなる。

因みに、オンラインであれば「候補のウェブサイト」をタップすることで、選択した語に関するウェブサイトへ移動する。

更に「WIKIPEDIA」をタップすることで、短くまとめた内容のウィキペディアが表示される。「記事をすべて読む」をタップすることで全文が表示される。

 

如何だろうか、ウェブサイトを見ていると知らない言葉や単語が出てくる時がある。

そういう時にサッと検索して調べられるので、iPhoneの「内蔵辞書」は便利だと思う。

しかも、辞書のデータさえ予めダウンロードしておけばオフラインでも使用できるのだ。

とは言え、使わない辞書はiPhoneの記憶容量を圧迫してしまうので、やたらめったら必要ない辞書をダウンロードするのはあまりよろしくないだろう。