iphoneの記憶喪失、リンゴループについて。

     |  | 0

iPhoneに突然に訪れてしまう恐ろしい現象、

通称リンゴループをご存じだろうか。

 

リンゴループというのは、iPhoneを起動させた時に出現するアップルのロゴから、次の画面に切り替わらず、

切り替わったと思ったらまたアップルのロゴが出てきてしまい永遠にそれが繰り返される状態、、、つまりリンゴループな訳です(; ・`д・´)

 

一説には、iphoneの記憶喪失や、iPhoneの寿命と言われる事もありますが、

この恐ろしい現象が起こるタイミングとして最もポピュラーなのが、iphoneのOSがアップデートされる時と言われています。

 

アップデート時にどうして起こるかというと、

①アップデート中に充電が切れてしまう。

②アップデート中に電波が切り替わる。(Wi-Fiが切れるなど)

③そもそもアップデートが途中で失敗する。

が上げられます。

 

もちろん、OSのアップデート以外にもリンゴループに突入してしまう原因があります。

例を上げていきますと、

①脱獄と言われる特殊な操作を行う。

②不必要に再起動を繰り返す。(ホームボタンとスリープボダンを同時に押し続けると、突然電源が切れまた勝手に電源が入る再起動が掛かります。)

③ロジックボードが限界を迎えた。(個人的に寿命みたいなモノだと思っています。)

④バッテリー交換などで一部のパーツだけが新しくなった時。

 

まぁ、他にも何かと理由はあると思うのですが、主な原因はこのような事で起こります。

 

リンゴループに突入した場合、あまりiphoneに詳しくない方ですと、もうその脱出方法は見つけられないと言っていいでしょう。

 

ですが、ちゃんとそんなリンゴループにも、脱出する方法があるんです!(100%ではありません。)

そんなリンゴループからの脱出方法を少しご紹介させて頂きますと、

①iTunesで同期を試してみる。(iTunesと同期が出来た場合、そのまま立ち上がってくれる事があります。)

②iTunesでOSのアップデートを試してみる。(iPhoneでのアップデート失敗時にリンゴループに突入した場合には、こちらの方法で立ち上がる可能性があります。)

③SIMを抜いて起動してみる。(SIMの読み込みの段階など、外部からの影響で最初の起動が出来なくなっている場合にはこれで脱出できる可能性があります。)

④セーフモードで起動してみる。(電源が切れた状態で、スリープボダンとボリューム+ボタンの長押しをすると、セーフモード(診断モード)で起動します。診断モードの場合、余計な機能などが読み込まれないので、起動する可能性があります。)

 

と、さまざまな方法があるにはありますが、これでもiPhoneが立ち上がってくれない。目覚めないということはあります。

そうです、彼(iPhone)は完全に記憶を失いつつある状態にいるんです。

 

そんなときは、彼の記憶は諦めて、せめて復元という方法で蘇ってもらうしか無いわけです(´Д⊂ヽ

(※もちろん、他にもリンゴループから抜け出す方法はあると思いますので、データが消えても大丈夫という方だけ試してください!)

 

と、記事が長くなってしまった事とデータを初期化する方法になるので、復元方法は別記事でご紹介致します!