iOS11にアップデートして、バッテリーの減りが早いと思っている方へ 【大阪大正駅前店】

こんにちは、スマレンジャー大正駅前店です。

今日は、IOS11にアップデートして、バッテリーの減りが早いと思っている方に

改善方法をご紹介したいと思います。

iOS11にアップグレードした後、バッテリーの減りが早いと感じている方は、iPhoneの設定をいくつか見直すと、改善できるかもしれません。

簡単に見直しができて、バッテリー節約に役立つ6つのチェックポイントをご紹介します。

チェックポイントは6つ!

iOS11をインストールしたiPhoneやiPadのバッテリーが早く減る場合にチェックしたいポイントを6つ、ご紹介します。

1:アプリごとのバッテリー消費状況を知る、改善策を試す

設定から「バッテリー」を開くと、バッテリーを多く使っているアプリのリストが表示されます。

時計マークをタップすると、画面上とバックグラウンドのバッテリー消費の内訳もチェックできます。

そして、同じ画面に「バッテリー駆動時間の改善策」が提案されていますので、すぐに実行することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2:低電力モード

低電力モードをオンにすると、メールの取得、Hey Siri、アプリのバックグラウンド更新など、バッテリー消費に影響の大きい動作を制限してバッテリーの持ちが改善されます。

日常的に使う機能ではありませんが、バッテリー残量がピンチ!という時に役立つ機能です。

設定から「バッテリー」メニューで操作できるのに加え、iOS11でデザインが刷新されたコントロールセンターをカスタマイズして、ボタンを登録しておくこともできます。

3:自動ロックと画面の明るさ

最初にチェックしたバッテリー使用状況で、「ホーム/ロック画面」の消費率が高い場合、画面を自動ロックするまでの時間を見直してみましょう。

設定アプリから「画面表示と明るさ」で変更できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリーの持続時間を優先するなら、最短の「30秒」がオススメですが、使用状況に応じて変更してみてください。

また、画面の明るさを下げるのもバッテリー消費の改善に効果ありです。

4:アプリのバックグラウンド更新

低電力モードでは、アプリのバックグラウンド更新は一律でオフになりますが、アプリごとに個別設定することもできます。

設定アプリから「Appのバックグラウンド更新」メニューに入ると、個別の設定が可能です。

バックグラウンドでデータを同期しておきたいアプリはオンに、特に必要性を感じないアプリはオフにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5:位置情報サービス

GPSを使う位置情報サービスは、電力消費に影響します。

設定から「プライバシー」>「位置情報サービス」に入ると、サービス全体のオン・オフのほか、アプリごとに設定を変更できます。

もし「常に許可」になっているアプリがあれば、「このAppの使用中のみ許可」にするか、不要なら「許可しない」を選択しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSなどに公開した写真に位置情報が含まれることで、自宅などの場所が特定されるのが不安な方は、この画面で「カメラ」を「許可しない」に設定しておきましょう。

6:メールの取得頻度

メールの受信をその都度通知してくれるのは便利ですが、不要ならバッテリー消費を抑えられます。

設定から「アカウントとパスワード」に入り、「データの取得方法」のメニューを開きます。

設定されているアカウントごとに、すぐに通知が必要なら「プッシュ」、それほど急がなくてもよければ「フェッチ」、自分から必要な時に読みに行けば良いという場合は「手動」に設定しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、フェッチはデータの取得頻度を「15分ごと」「30分ごと」「1時間ごと」に変更できます。間隔が空くほど、バッテリー節約効果は大きくなります。

以上がバッテリーの消費を抑える方法でした。

またこのほかでiphoneの事で何かございましたら

スマレンジャー大正駅前店までご相談ください。

〒551-0002
大阪府大阪市大正区三軒東1丁目18-1
電話番号:090-9273-0802
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:年中無休

よろしくお願いいたします。