iPhoneが熱くなった為冷やす。

 |  |  | 0

こんにちは、スマレンジャー難波千日前店です。

夏休みももうすぐ終わりですね~宿題がもう終わっている子、まだ終わっていなくて終わらせようとしている子もいる頃でしょう。

宿題を見てあげていたお父さん、お母さんお疲れさまでした。

夏は海やプールに行くことが多いですよねー 遊びに行った先で日差しの強い暑い中、鞄にiPhoneを入れていて熱くなりすぎていたりしませんか?

携帯を暑い中放置しているだけでもiPhoneは熱くなって壊れてしまうことがあります。

涼しい室内でもゲームを長時間したり、動画を長時間見たりしているとiPhoneは熱くなってきます。そうするとiPhoneがバグ状態になってしまい動かなくなります。そういう時は、保冷剤などで冷やすといいと聞きますがなるべくなら一旦iPhoneを触ることをやめて涼しい所で置いておくことをお勧めします。

どうしても使いたい時は保冷剤をそのままあてて冷やすのではなく、ハンカチでなどで包んで冷やすようにした方が保冷剤が解けた時の水が携帯につかないので包んで冷やす方がいいと思います。保冷剤をそのまま使うと解けた水でも水没した時と同じ状態になる事があるからです。

気温が高い時のiPhoneの使用には十分注意しましょう。

 

スマレンジャー難波千日前店

大阪市中央区難波1-2-3

090-8526-1098

 

 

iPhone修理難波千日前店はこちら