iPhoneの水没修理、実施致しました。

 |  |  | 0

こんばんは!スマレンジャー難波千日前店、スタッフの藤井です。

夏休みシーズン真っ只中ですので、皆様海や川などに行く機会が増えると思います。

水着のポケットにiPhoneを入れたまま水の中に・・・なんてことがあるかもしれません。。。( ;∀;)

そんな時は、電源を付けず、充電せず、iPhoneを振ったりもしないでください!

一つでもしてしまうと、復活する可能性が低くなってしまいます!

また、海水、洗濯した場合は乾燥しても電源を付けないでください!ジュースやコーヒーなどをかけてしまった場合もです。かかってしまったものに、炭素成分があると、焦げる原因になり、iPhone内部の電子回路に入ってしまい、復活が難しくなる場合があります。

ですので、もし水没されたときは、ただちにスマレンジャー難波千日前店までお越しください!

そして本日は、iPhoneの水没修理についてご紹介したいと思います!

 

まずは、iPhoneのネジを外し、二つに分けます。

iPhoneを開けるとバッテリーやロジックボードと呼ばれる電子機器があります。

右側の黒い四角がいくつもあるところがロジックボードで、左側の黒いものがバッテリーです。

このロジックボードを取り、機械に入れて洗浄します。そしてその後、乾燥します。

この乾燥に時間がものすごくかかってしまいますので、修理時間が約3、4時間ほどかかってしまいます。。( ;∀;)

これは乾燥が終わったあとです。

乾燥が終わったあとに、組み立て作業に入ります。

組み立て作業をしてもとのように戻ったら修理終了です!

 

 

このように、iPhoneを水没させてしまうと、復旧に時間がかなりかかってしまいます。。

ですので、もし水没させてしまったらすぐにスマレンジャーまでお越しください!

また、その他水没に関するご質問などございましたら、いつでもお気軽にスマレンジャー難波千日前店までお問い合わせください!

 

iPhone修理難波千日前店はこちら