充電が出来ない!!

ミニコラム

 

こんにちわ!
スマレンジャー近鉄八尾店のアルバイトの上田です!

 

今回は、iphoneが充電出来なくなった時の対処法について
ご紹介したいと思います!

 

iphoneが充電出来ないとかなり困りますよね?
電池が無くなれば、当然、電話、line、メール、ネット全ての機能が使えなくなります。
「充電あと5%しかないのに充電しない・・・」

こんな経験ございませんか?

 

電源が入っている状態であれば、充電しているかどうかはわかりますが、
置きっぱなしにしていた・・・朝起きたら・・・なんてこともあります。

まずは、「充電のマーク」が出るかどうかです。
完全に放電していると充電マークすら出ないので、
充電マークが出るまでに10分から15分程度かかります。

 

システムの誤動作で、画面が真っ暗なまま充電をしないことがあります。
さっきまで使えていたのに・・・
そういう場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に押し続け、
大体ですが、10秒から20秒でリンゴのマークが出れば大丈夫です。

 

コンセントを変えてみる!
元々のコンセントに電気が通ってなければ、充電しません。
また、いつもと違う環境(例えば、PCのUSB)充電しているならば、
コンセントに繋いで下さい。

 

充電器とライトニングケーブルを借りてみる!
友人、恋人、家族の充電器とライトニングケーブルをセットで借りてみて下さい。
充電できれば、充電器かライトニングケーブルが悪くなっている可能性があります。
確率で言えば、ライトニングケーブルが断線して使えなくなっている事が多いです。

 

本体の充電コネクタ部を覗いてみる!
ここに異物や汚れなどが入ってしまって充電されないこともあります
コネクタ部を清掃するにあたっては十分に注意が必要です!

 

本体の電源は必ず切って下さい!!

 

お手持ちにエアブロア、エアダスターがあれば、
エアのみで試してみて下さい。
間違っても、液体、洗剤、殺虫剤などは振りかけないで下さい!

 

綿棒やつまようじを使っても良いですが、
かなりの注意が必要です!!
繊細なのですぐに壊れてしまします!

 

元々、充電の持ちが悪かったという事があったのであれば、
バッテリー不具合の可能性があります。
充電のマークまではつくのですが、充電が全くされません
その際はバッテリー交換となってしまいます。

 

実際にライトニングケーブルの不具合は結構多いと思います
充電しながら携帯電話を操作することが多いからです
購入されたままの状態で使っているとそれほど頻繁に悪くはならないのですが、
充電中に電話が掛かってきたり、メールやLINEがあれば見てしまいます。

 

そうするとケーブルは捻られた状態になります
電話をとって裏向きを表向きで置いたら180度捻られています
操作しながらだど90度近く曲がっていたりします。

 

出来れば、充電器とライトニングケーブルの予備は持たれた方が、
良いと思います。