海外でスマホは使える?Wi-Fiは?海外旅行でスマホを使う方法と注意点

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

今や誰でも海外旅行に携帯電話やスマホを持って行く時代になりました。旅行先で撮った写真をSNSにアップしたり、世界中の旅行者と情報交換をしたり「スマホを持たない海外旅行なんてあり得ない」という人もいるでしょう。しかしその一方で、「海外のパケット通信料が何十万円にもなってしまった」という話を聞いたことがある方も多いと思います。

そこでこの記事では、海外旅行で賢くスマホを使う方法や、気をつけるべきポイントをご紹介します。海外旅行が決まったら、忘れずにスマホの設定や準備をしましょう。

海外でスマホ!まずローミングを知っておこう!

なぜ海外でもスマホが使えるの?

海外でスマホを使うためには、その国が国際ローミングの対象エリアである必要があります。「ローミング」とは、海外の携帯電話会社の設備を利用して、契約している携帯電話会社の各種サービスを受けられることです。ローミングは、各携帯電話会社同士の提携契約によって成立しています。これによって、世界中どこの国へ行ってもほぼスマホを使うことができるのです。

ローミングには思わぬ落とし穴が!

しかし、ローミングによって世界中でスマホが使えるようになったことで、気をつけなければならないことが出てきました。国内では「パケット定額システム」などで契約しているスマホでも、海外で通信した料金は「パケット定額システム」の対象外となります。つまり、国内の「定額パケットシステム」に上乗せする形で海外の通信費が請求されることになるのです。もしも海外で「データローミング」をうっかりオンにしたまま、いつものようにスマホを使ってしまったら、高額な通信料金を請求されてしまいます。

また、利用者がデータ通信をしている自覚がなくても、電源が入っているだけで勝手に通信しているソフトウェアやアプリがあるので気をつけましょう。

「海外でも日本と同じようにネットは見たい。でも電話は使わなくていい」という人もいれば、「海外ではネットも見ないしメールも見ない。緊急時のため電話だけは使えるようにしたい」など、どのようにスマホを使うかは人それぞれです。同じネットを見るにしても、無料のWi-Fiスポットを利用すれば、お金をかけずにインターネットに接続することができます。

海外でスマホを使う場合には、出発前に自分の使い方に合わせて、料金プランや、利用方法を決めておきましょう。

現地到着前は「機内モード」をオンに!

飛行機の中と同様、現地に着く前は「機内モード」をオンにしておきましょう。こうすれば現地の通信回線に接続されてしまうことはありません。旅行先では海外定額プランなどを使う予定であったとしても、到着前に定額対象外のキャリアにつながってしまう可能性もあります。そのため、フライトが終了してもすぐ「機内モード」をオフにしないようにしましょう。

現地に着いた後も「電話もネットも一切使わない」という人は、機内モードをオンのままでかまいません。スマホの目覚まし時計やカメラの機能などは使うことができます。

海外でもネットにつながりたいけど、無料にしたい場合

無料で海外のネットを使いたいという人もいると思います。そうした人は、カフェやホテルなどの公共施設にある無料のWi-Fiを利用しましょう。添乗員のつくツアー旅行では、移動のバスに無料のWi-Fiが設置されている場合もあります。そのような場所を利用して、無料で使えるWi-Fiだけに絞ればネットやSNS、メールのパケット通信料金はゼロにできます。ネットは使いたいけど、頻繁に使うわけではないという人にもおすすめです。

この場合、電話もしない人は「機内モード」をオンのままでかまいませんが、電話を使いたい場合は「機内モード」をオフにしましょう。そして「データローミング」は必ずオフにしてください。「データローミング」がオフであれば、Wi-Fi通信しかできませんので、勝手にパケット通信料金がかかってしまうことはありません。

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365

営業時間:10:00~20:00