iPhoneが壊れたかも!やっておくべき応急処置と修理方法

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です

iPhoneは精密機器なので、ちょっとしたことでも壊れてしまうことがあります。たとえば、画面を割ってしまう、水没させてしまうなどということはよくある事例です。ほかに、突然通話ができなくなったり充電ができなくなったりすることもあるでしょう。

そこで今回は、iPhoneにトラブルが発生したときの応急処置と修理方法について解説します。

壊れたかもしれない!iPhoneにできる応急処置の方法

iPhoneの画面が割れているままで使用している人もいますが、指を怪我するおそれがあり危険です。すぐに修理に出せない場合は、ガラスの破片を取り除いたあと、テープやフィルムで割れた部分を覆うようにしましょう。

通話ができない場合はまず、機内モードやおやすみモード、着信拒否、自動電話転送になっていないかを確認してください。また、キャリア設定やiOSのアップデートで直る場合もあります。SIMカードの挿入し直しも試してください。

それでも解決できない場合は、通信事業者に問い合わせましょう。水没した場合はすぐに取り出して電源を切り、水分を拭き取ります。そのうえで乾燥剤を使用して乾燥させるか、すぐに修理業者に持ち込むようにしてください。

電源やバッテリーに異常がある場合は、Appleサポートページからの問い合わせで、iOS診断を行うことをおすすめします。

修理前には欠かせない!やっておくべき準備

修理に出すと、データが消えてしまうおそれがあります。そこで、修理に出す前にはバックアップをとるようにしましょう。バックアップは、iTunesを使用する方法と、iCloudを使用する方法があります。

iTunesを使用する場合は、パソコン上でiTunesを開き、iPhoneをパソコンに接続します。iTunesにiPhoneが表示されたら選択し、「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを実行してください。

iCloudにバックアップする場合は、iPhoneをWi-Fiネットワークに接続し、iPhoneの「設定」から「ユーザー名」を選択、「iCloud」をタップします。つぎに「iCloudバックアップ」をタップしてから「今すぐバックアップを作成」をタップしてください。

また、修理に出す際に保証期間を確認するには、Appleの「保証状況の確認」ページにアクセスして、iPhoneのシリアル番号を入力すれば確認することができます。

確実に壊れたなら修理依頼を!修理方法と流れ

応急処置を施してもiPhoneのトラブルが解消しない場合は、修理を依頼しましょう。Appleに修理を依頼する場合はまず、Appleサポートに問い合わせ、問題解決のサポートを受けた後、修理サービスの手配をしてもらいましょう。配送修理と持ち込み修理が選択できますが、配送の場合は1週間程度、持ち込みでは5営業日以内の時間がかかります。

民間の修理専門店に修理を依頼する場合は、持ち込みや宅配またはWEBから修理を依頼します。持ち込みの場合、修理時間はほとんどのお店で、即日修理に対応しています。

iPhoneは精密機器ですが、丁寧に扱っていれば簡単に壊れるものではありません。そうはいっても、ときにはうっかりと落としてしまうことなどもあるでしょう。そういった状況に備えるためには、iPhoneを衝撃吸収性のあるケースに入れておくこともひとつの方法です。

それでも壊れた場合には、すぐに応急処置をして、トラブルが解決するかを試してみてください。応急処置でもリカバリーできなかった場合には、修理店に、修理を依頼しましょう。修理費を安く抑えたい場合や即日での修理をご希望の場合は、民間のiPhone修理専門業者での修理がおすすめです。

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-4500-1365