iPhoneのガラスに傷を発見!Apple Care+と画面保護は重要

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原店です。

iPhoneXの画面に使われているガラスは、「ゴリラガラス」と呼ばれる強度の高いガラスです。開発したのはアメリカに本社を置く「Corning」という企業で、通常のガラスに比べて落下の衝撃に強く、傷がつきにくいように作られています。しかし、iPhoneXのガラスは、これまでに発売されてきたiPhoneに比べて傷がつきやすいと言われています。

もちろん、落下や衝撃によってガラスが傷ついたというケースはありますが、iPhoneXによく見られるのは、落としたり衝撃を与えたりしていないにも関わらず傷がついたというケースです。過去のモデルであるiPhone3GSや6Sなどを、カバンやポケットに入れて持ち運んでいたときにはガラスに傷はつかなかったのに、iPhoneXで同様の使い方をしたら小さな傷がいくつもついてしまったという人も見られます。

中には、気がついたら爪がひっかかるほどの大きな傷がついていたという人もいるようです。そのため、iPhoneXを使う場合は、ガラスに傷がつかないように対策をする必要があるでしょう。

予防方法

画面の傷を防ぐためには、画面保護フィルムが効果的です。画面保護フィルムを貼ることで、カバンやポケットに入れているときなどに、鍵やボタンといった金具類から画面を守ることができます。しかし、有機ELの画面が楽しめなくなる、操作がしづらくなるといった理由から保護フィルムを貼るのに抵抗を感じる人もいるようです。

そのような場合はガラスコーティングをおススメしております

保護強化ガラスの場合、店頭で販売されている多くの最高硬度の強化ガラスで『9H』とされています。9Hの硬度があれば十分に割れずらく、iPhoneの落下時に液晶を守ってくれる可能性は十分にあります。
その反面、どの強化ガラスが良いのかは一般のユーザーにはわかりずらく、また角までを覆わない液晶部分だけを守るタイプのガラスフィルムが多く販売されています。しかし、実際にiPhoneを落として画面を割ってしまう場合には画面の角から落とすことが多いためにガラスフィルムと関係の無い部分に衝撃が加わります。
それでは、いくら高いガラスフィルムを貼ったとしても安全だとは言えません。
グラシオンでオススメしています全面ガラスフィルムの場合、角までしっかりカバーしますが、強化ガラスフィルムの場合どうしても厚みが出来てしまいiPhone本来のスマートさを少し損なうのでユーザーによっては好んで貼りたく無いと思われる方も多いようです。
ガラスコーティングの場合、一度施工をしてしまえば、コーティング自体は2~3年以上持つとされていますし、ガラスフィルムが剥がれてしまう問題が無くなります。それに加え、見た目では全く分からないナノ単位の施工ですのでiPhone本来のスマートさを損ないません。
硬度は現在販売されている最高硬度の9Hと同じ硬さまで上がり、ガラスフィルムを貼っている状態の約3倍の硬さ、それに加えてしっかりと角ギリギリまでの施工を致します。
見た目上ではわかりずらいので、コーティングよりもガラスフィルムが良いと思われるユーザーも多いですが、より長く大切に使いたいと思われるユーザー様には、こちらのガラスコーティングをオススメ致します。また強度はガラスフィルムより3倍ほど硬くなります。

iPhoneのガラスに傷をつけないためには、落とさないように気をつける、画面保護フィルムを使うなど、大切に扱うことが前提です。万が一傷をつけてしまった場合に備えて、「Apple Care+」に加入しておく方法もあります。しかし、小さな傷など、「Apple Care+」で補償されないケースも見られます。

歯磨き粉などを使って自分で修理する方法もあるようですが、自分での修理にはリスクがともないますし、万が一修理がうまくいかなくても自己責任です。そのため、ガラスの傷がついた場合は、iPhone修理専門店などプロに相談すると良いでしょう。

iPhone修理専門店には、修理にかかる料金が安く済む、修理にかかる時間が短いといったメリットがありますし、データが消えないことなども魅力です。iPhoneを良い状態で使うためにも、ガラスの傷の修理は民間のiPhone修理専門店に依頼してみてはいかがでしょうか。

当店ではお客様に適切なご提案をさせていただきます。

ぜひご相談ください。

 

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-3527-1740

営業時間:10:00~20:00