iPhone、TouchIDの精度が悪いときの対処

 |  |  | 0

こんにちはスマレンジャー秋葉原です

タッチボタン

アイフォンでロックを解除するとき指紋認証がなかなか認識してくれない!」

うまく使えば何度もパスコードを入力する必要がなくなりすごく便利なアイフォンの指紋認証(TouchID)。

利用している方は多いと思いますが、指紋センサーの精度が悪すぎて困っているという方もおられるようです。

ここでは指紋認証の精度が悪いと感じたときの対処法を説明していきます。

指が汚れていたり傷が付いていると認識しにくくなりますので、別の指でも登録しておくと安心です。

一般的に登録しているユーザーが多いのは、両手の親指と人さし指の4ヶ所でしょうか。

 

 

※ただ、TouchIDでは最大5個まで指紋の登録数を増やすことが可能となっているものの、登録した指の数が増えると認識するのに時間が掛かる場合があるようです。どうしても認証が遅いと感じたら、両手親指2ヶ所ぐらいに収めるのが良いかもしれません。

認識範囲を広げる 

最初に指紋を登録するときにスキャンした範囲が狭すぎると、認証時に少しでも指がズレただけで認証しません。

認識範囲を広げて認証させやすくしましょう。

 

『設定』→『TouchIDとパスコード』と進む。

この画面ですでに登録している指を指紋センサーにかざしている間、リスト内の該当するものがグレー表示されます。

下の画像はホームボタンに右親指をかざしているところです。

(分かりやすいように登録名称を変更しています)

意外と知っている方が少ないようですが、じつはTouchIDは使うたび(認証するたび)に学習して認識率が向上していきます。

普通の使い方をしてると認識率が上がるまで相当時間がかかりますが、この方法で何度も認識させることで意識的に精度を上げることができます。

さらにここで認識させるときに、少しずつ指をずらしていくのが精度を極端に上げるポイントです。

ある程度、認識範囲を広げておくと認証しやすくなります。

今回はアイフォンの指紋認証の精度を上げる登録方法を紹介しました。

認証時に指をかなりずらしても認識してくれるので困ることはなくなるはずです。

一度、お試しください。

 

ただ、TouchIDは便利な機能である反面、セキュリティのためにも登録場所をよく考えたほうが良さそうですね。

当店ではタッチ感度を落とすことなく液晶画面の硬度を高めることができる画面のガラスコーティングも承っています。修理・メンテナンスのついでにぜひお試しくださいませ♪

iPhone修理戦隊 スマレンジャー秋葉原店

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町2丁目23-1天翔秋葉原万世橋ビル910

電話番号:03-3527-1740

営業時間:10:00~20:00