iPhoneの画面割れは自力で直せる?それとも専門店?

 |  |  | 0

こんにちは スマレンジャー秋葉原店です。

 

iPhoneの画面割れを直す方法

画面割れを起こしたiPhoneは自力で直すことができます。そのためには、まず交換用のiPhoneの液晶パネルが必要です。Appleに問い合わせるなどして用意しましょう。端末を分解するためにはピンセットやドライバーも必要です。

必要なものを用意したら、iPhoneを分解していきます。端末の底部に小さなネジがあります。まずはそのネジを外して、iPhoneの画面を取り外してください。iPhone端末に使われているネジはかなり小さいです。普通のドライバーではネジを回せないので、マイクロドライバーを使ってネジを外していきましょう。端末底部のネジを外しただけでは画面は完全には取れません。画面を開くと内部でも複数のネジで画面が固定されています。それぞれネジを緩めて画面を外していきましょう。

画面割れした液晶パネルを外したら、用意しておいた新しい液晶パネルを装着する必要があります。新しい液晶パネルを装着する際は、フロントパネルと本体をつなぐコネクタの部分に気をつけてください。ここがしっかりはまらないと、タッチパネルが効かないことがあります。コネクタがしっかりはまっていることを確認して、底部のネジを締め直せば修理は完了です。

iPhoneの画面割れを自力で直すのは難しい・ハイリスク

自力でiPhoneを修理するためには、分解したときにそれぞれの部品の場所を覚えておく必要があります。そのため、専門知識や工具の扱いに長けていなければなりません。iPhoneの構造に詳しくない、工具の扱いに慣れていないという人には、自力で修理することをおすすめできません。

画面を外した後に、どこがどうなっていたのかわからなくなってしまうと、もう元に戻すことができなくなってしまうこともあります。さらには、自分で直そうとした結果、別の箇所の故障を招いてしまう危険性も無視できません。ですので、もし自力で画面割れを直すのであれば、すべて自己責任で行うようにしてください。

どこに修理を依頼すればいい?

もしiPhoneが画面割れを起こしたら、修理の依頼を出すのが最も無難な方法です。iPhoneの修理はさまざまな場所でしてもらうことができます。たとえば、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダなどのApple正規店、auやソフトバンクなどといったキャリアショップです。こうした店舗での修理にはAppleの保証サービスを利用することができます。

一方、Appleの正規店ではないものの、iPhoneの修理を専門に扱っている業者もあります。それらの業者ではAppleの保証サービスは使えませんが、Appleの保証サービスに加入していなくても安く修理をお願いすることが可能です。民間とはいえiPhoneを専門に修理しているので、安心して修理依頼を出すことができるでしょう。

必ず事前にバックアップをとること

もし修理業者に画面割れの修理を依頼するなら、事前に必ずバックアップを取っておくことをおすすめします。とりわけApple正規店に修理依頼を出す場合は、部品を交換することになるので初期化されて戻ってきます。初期化してしまったらデータはすべて消去されてしまうので、Apple正規店に修理依頼を出す場合はきちんとバックアップしておく必要があります。

民間の修理業者に依頼する場合は初期化されることは基本ありませんが、もしものためにバックアップは取っておくと良いでしょう。
iPhone5sをバックアップするには、PCを使ったバックアップがおすすめです。PCを使えばたくさんのデータをバックアップすることができます。PCにiPhone5sを接続し、iTunesを起動すればバックアップすることができます。

画面割れの修理は非正規の専門業者に依頼するのがおすすめです。特に画面割れによって操作ができないほど重症化している場合、初期化せずに修理することが可能な民間の修理業者は重宝します。

Appleの保証サービスに加入していなくても安く修理が可能な点も良いところです。iPhone5sが画面割れを起こしてしまったら、ぜひ民間の修理業者で依頼を出すことを検討してみてください。