AndroidOSについて!!

 |  |  | 0

.

AndroidOSについて

.

.

 

目次

 

 

OSとは、、、

 

 

オペレーションシステム(Operation System)の略称で、ハードウェアとしてのコンピューターを制御して

ソフトウェアの基本機能を提供する役割をはたします。

スマートフォンに搭載されているOSはモバイル通信や省電力などの小型端末ならではの機能が盛り込まれていますが

パソコン用OSの仕組みを活かす形で開発が進められています。

 

OSはハードウェアの制御だけでなく、外見や操作性を含めたアプリの基本機能を提供します。

OSの処理性能が高ければアプリも高速に動作し、描画機能が充実していれば高度な画像処理を伴うアプリを開発できます。

OSを開発する企業にはアプリを組み立てるための部品を提供する役割があり、その部品には性能と先進性が求められています。

もっとも、スマートフォン用OSは端末とセットの状態で出荷され、OS単体では選定の対象にならないため端末と一体で語られることが多いです。

 

高性能で先進性があるだけでスマートフォン用OSとして不十分です。

セキュリティの高さ、クラウド対応などネットワーク連帯サービスの充実、アプリストアやお財布携帯などの決済機能、アプリの開発のしやすさも

OSの完成度や熟成度を測るめやすとなります。

 

 

Android OSでできること

実際にAndroidOSを搭載したらどうゆうことができるのか。

 

※電話

スマートフォンに搭載すれば電話ができます。

携帯電話番号を使った音声通話です。画面の電話アプリをタップすることで電話番号の入力が可能になり電話をかけることができます。

 

※Eメール

Eメールの送受信ができます。

Eメールはありとあらゆるメールアドレスが設定可能になっています。

複数のメールアドレスも管理可能で仕事プライベート全てを1つのアプリケーションで管理することができます。

 

※インターネットブラウジング

インターネットに接続することが可能になっており、パソコンと同じように検索、閲覧が可能です。

インターネットショッピングやブログの投稿すべてを小さな一つのスマートフォンで完結することも可能になっています。

 

※各アプリケーションによる拡張性能

個人や企業で自由に作られるアプリケーションによって自由な無限大の拡張性があります。

今ではLINE、Facebook、Twitterをはじめ絵を描くアプリケーションや文書作成アプリ、表計算アプリやゲームも可能になります。

アプリケーションの作成も比較的簡単に始められるようにアプリケーション作成ソフトも無料で手にはいります。

 

 

Android OSはオープンソースだからメーカーも自由

OSが無料開放されているためメーカーもその中身をしっかり把握しながらスマートフォンの開発をする事ができるようになっています。

 

色々な機能を搭載させることが可能です

日本国内メーカーではテレビ機能や高精度なカメラの搭載、

おサイフケータイ機能など携帯電話時代から使われてきた機能を搭載させることも

簡単にでき求める人に応じた機能を持ったスマートフォン開発に成功してます。

しかし、その一方で、スマートフォンに不具合が発生したり、機能がうまく作動しなくなったり、多数の不具合に見舞われることが多くあります。

 

オープンソースOSであることの欠点もあります。

AndroidOSは誰もがそのプログラムにてを加え新しい機能を持たせることが容易になっていますが、逆にそこに欠点も発生します。

プログラムの中身が分かる事で

コンピューターウィルスの作成も簡単でセキュリティの問題があります。

そこでセキュリティソフト会社はAndroidOS用のセキュリティソフトを作成し利用を推奨しています。

また、自由に開発したスマホが後にリリースされるAndroidのバージョンに対応しないこともしばしばあり、

アップグレードできなかったAndroidスマートフォンはセキュリティ面や機能拡張面で置いていかれるようになります。

そのためAndroidスマホは数年毎に買い替える必要があります。

 

格安スマホも作れます

一方でOSが無料ということもあり、製造メーカーはコストを極限まで抑えた低コストスマホの開発ができます。

日本では10000円未満で売られていることもあり、価格競争の担い手となりました。

さらに格安SIMメーカーと協力し独自のスマホを開発して携帯キャリアよりも優れたAndroidスマホを販売できるようになりました。

 

 

 

Android OSの歴史

 

AndroidとはGoogleが開発したスマートフォン用のOSです。


OSとはオペレーティングシステム(Operating System)のことで、

いわばパソコンのWindowsやMacOSにあたるものになります。

スマートフォンはまさに超小型のパソコンなので、それを動かす基本ソフトが必要になってきます。

iPhoneのOSなら「iOS」が、WindowsフォンのOSなら「Windows 10 Mobile」が必要であり、Android端末には「Android」が搭載されている。

 

Androidはもともと、アメリカ・カリフォルニア州にあった企業「Android Inc.」が開発を始めたもので

2005年にGoogleがこのAndroid Inc.を買収して、スマートフォン用のOSの開発を続行した。

つまり、もともとの企業の名前がそのままOSの名前となっているわけなのです。

ちなみに、Android Inc.の創業者で、後にGoogleの副社長となったアンディ・ルービンは「Androidの父」と呼ばれているそうです。

2008年に世界初のAndroidosを搭載した端末が誕生しました。

2008年ときくとすごく身近な感じが僕にはします。最近ですよね、、、、

 

アメリカのT-Mobile社が発表したT-Mobile G1(別名、HTC Dream)

というスマートフォンで、台湾のHTC社が製造したものです。

Androidの面白いところはAndroidOS一つ一つお菓子の名前がつけられているのが

凄く面白いと思いました。

 

これまでのAndroidのOSを振り返ってみましょう!

美味しそう名前ばかりでお腹すいてきます。

でもしっかりABC順になっているところもおもしろいですね

 

このなかで、最初の大きな飛躍をもたらしたバージョンが2.1「Eclair」といわれています。

このバージョンはGoogleマップにナビ機能が搭載され、カーナビとしてAndroidフォンを使えるようになったということで一躍世界の注目を浴びました。

その次の2.2「Froyo」ではNFC機能を搭載、おサイフケータイとして使うことができるようになった。この時はすごく画期的なきのうだと感心してましたね。

そして、「OK、Google」でいろいろな操作ができるようになったバージョンが、4.4「KitKat」です。

8.0「Oreo」では、マルチウィンドウが進化してピクチャーインピクチャーになり、

動画を見ながら別の作業ができるようになった。このように、Androidは数多くの進化を経てきています。

 

一年ごとにアップグレードされているAndroidOSですが

次のアルファベットは、L ですよ!

レモネードとかきそうですね!!!

こんな予想もするのも楽しいです

 

そんなふうに進化を続けるAndroidの最新バージョンは9.0「Pie」だ。

派手な新機能はあまりないのですが、着実なアップデートにより、もっとも完成度の高いバージョンという評判になっているのは間違いないでしょう。

最大の特徴といえばは、AIの機械学習システムを積極的に用いたさまざまな機能が搭載されたことだろう。

それこそがこれまでのバージョンから大きく変化したところであり、スマートフォンの未来を先取りしているとも言われています。

 

それでは9.0の主な新機能を紹介していきましょう。

 

「自動調整バッテリー」

新たに搭載された機能、アダプティブバッテリー(自動調整バッテリー)。

アプリの使用頻度をAIが学習して、あまり重要ではないと判断されたアプリはバックグラウンドにまわすなどして、

全体のバッテリー消費が少なくなるように調節してくれる。

AIなので使えば使うほど、この節電機能は賢くなっていくわけなのですごい。

いえばたまごっち感覚で自分のAndroidをそだてていくわけですね

 

「ディスプレイの明るさ自動調節」

AIの学習によるスマートな自動調整はディスプレイの明るさでも発揮されている。

「明るさの自動調節」という機能では、センサーによって環境に合わせて明るさを自動調整するだけでなく、アプリごとにユーザーの設定を学習して、

ユーザー好みの明るさに自動的に変えてくれる。

どれだけ自分のことをAndroidがわかってくれてるかわかりますね。

 

App Actions

 

おそらくAIを用いた新機能のなかで面白い機能は、この「App Actions(アプリアクション)」

ユーザーのアプリの使い方などをAIが学習、記憶して、ユーザーの所在地やアクションなどから、ユーザーの次の動きを予測して、

アプリやアクションの提案をしてくれるというもの。

たとえば、駅に近づいたらいつもGoogleマップを開いて出発時刻を確認する、あるいは毎日同じ時刻に電話をかける習慣がある、

といった場合に、AIが先回りしてアプリやアクションの提案をしてくれる。

 

さらにGoogleは、

次回のアップデートで「Slice(スライス)」という新機能を搭載すると発表している。

これは「App Actions」の応用版ともいえる機能で、ユーザーの所在地やアクションから、AIがユーザーにとって必要だと予測した情報を、

アプリを開かなくても勝手に画面表示して教えてくれるというものだ。アップデートを楽しみに待ちたい。

この機能一定のリズムの生活の場合楽な時もあるけどイレギュラーなリズムになった時邪魔なのでどう対応してくれるのか気になりますね。

 

 

 

OSのアップデートのメリット・デメリット

 

簡単にメリットを挙げていけば、

 

※新しい機能が追加される

※バグが直される

※セキリュティが強化されるなど

一般的にアップデートと言えばいいこと尽くしのように思えます。

 

しかし、OSのアップデートとは、必ずしも良いことばかりではなく、

残念ながら、デメリットも存在しており、

そのデメリットを挙げていくと、

 

※新しい機能にバグがある可能性がある

※アプリが最新のOSに対応しておらず開けない

※動作が遅くなる、電池の減りが早くなるなど

何らかの問題を起こす可能性があります。

 

多くの不具合は、発売から日が経っているAndroidスマートフォンを、

最新のOSにしたときに発生しています。

 

これは、機体の性能が、OSの求める基準に達しておらず、

スマートフォン本体がシステムの動作に追いつけていない時に起こっているのです。

 

軽い不具合であればフリーズなどで済みますが、

最悪データが壊れて、スマートフォンのシステム自体がクラッシュする可能性もあるので、

最新のOSが出てきたからといって、安易にアップデートしてしまうのは、少し早計かもしれません…。

 

1週間ほど時間をおいて、他の方の口コミを確認して、問題がないことを把握してから、

OSのダウンロードとインストールをするのがベストです!

 

 

しかし、すべての方が、OSの問題の事前確認を行うのはとても難しく、

OSをアップデートした後に、不具合に気付くという方も必ずいらっしゃると思います。

 

そんな時は、アップデートする前の、今まで使用していたOSへ戻したいと考える方もいるでしょう。

アップデートと比べると、OSを古いものへ戻すダウングレードを行うのは少々手間が必要ですが、

インターネットに繋いだPCがあれば、自宅でもダウングレードを行うことは可能です!

 

しかし、注意しないといけないのは、ダウングレードは注意深く行わないと、

内部データを破壊して、完全に壊れて起動しなくなってしまう可能性があります。

 

また、企業が推奨していない動作を行うため、保証などがなくなってしまう可能性が高いです。

 

アップデートによる不具合が発生した時は慌てずに、

スマートフォンの発売元や、docomoやSoftbankなどのキャリアに一度相談してみるのが一番良いでしょう!

 

ダウングレードを行うのは最終手段と考えて、使用しているスマートフォンが古くてキャリアや、販売会社も

対応してくれそうにないとき、なるべく早く不具合から復旧したいときなど、

対応が自分でしかできなさそうなときに行うようにしましょう!

 

 

OSのダウングレードの方法

 

ダウングレードは、機種によって方法が異なる場合があるので、

簡略化してダウングレードの方法を説明いたします!

 

用意するもの

 

ダウングレードしたいスマートフォン

PC

PCとスマートフォンを繋ぐケーブル

使用しているスマートフォンに対応したサポートソフト

 

これらが必要になります。

 

スマートフォンや、PC,ケーブルは当たり前のものですが、

サポートソフトについては、あまり知っている方はおられないと思います。

 

このサポートソフトというのはスマートフォンのOSを、

アップデートしたり、ダウングレードしたりできるソフトのことです。

 

全てのAndroid製品を操作できるサポートソフトがあればいいのですが、

今のところ、機種ごとで使い分ける必要があります…。

 

Huaweiでは「HiSuite」

Xperiaなどでは「Flashtool」など、

ご自分のスマートフォンをちゃんとダウングレードできる物を探す必要があります。

 

 

作業手順

 

①データのバックアップ

不具合を直すためにダウングレードを行うわけですが、

作業手順の間違いなどによっては、より重度の不具合になってしまう可能性があります。

 

大事なデータや電話番号などはしっかりバックアップを取るようにしておきましょう!

 

 

②デバックモードにする

スマートフォンによっては、サポートソフトが自動でやってくれる場合もありますが、

デバックモードと呼ばれる、PCでスマートフォンを操作するためのモードに切り替える必要があります。

 

このデバックモードというのは、アプリケーション開発者用に用意されているもので、

このモードの時は、スマートフォン内のセキュリティがほぼ無効になっている状態になります。

そのため、ダウングレードを行う際以外では、OFFにしておかないといけません。

 

 

③サポートソフトからスマートフォンを操作、ダウングレードする

サポートソフトを使用し、スマートフォンのOSの書き換えを行います。

 

ダウングレードを自分で行う場合、何よりも大切なのは十分な情報収集です。

見切り発車で、ダウングレードを行ってしまうと高い可能性で失敗してしまうので、

スマートフォンの機種と変更したいOSのバージョン、

対応するサポートソフト、先人方の経験を確認して、

大丈夫だろうという自信がある方だけ、自己責任でダウングレードを行うようにしましょう!