Androidのハイスペックモデルの紹介

.

 

Androidユーザー向けのオススメハイスペックスマホ

目次

 

 

 

Androidデバイス、ハイスペックとは??        

 

スマートフォンにおいてハイスペックとはどういう定義で言えるのでしょう

 

例えば性能がいいのでとりあえず値段が上がります、高いスマホはハイスペックだという考え方でもいいかもしれませんが、

具体的に何がどう違って値段が変わってくるのかなども知っておくとスマホを選ぶときに活用できるかもしれませんね、

 

 

ハイスペックスマホを求めるユーザーが何を重視するのかによっても様々です、例えばゲームや重いアプリやCPUに負荷の掛かりそうなことをする予定がある方

 

もしくは、カメラや映像、画素数など画面の綺麗さや撮影機能の充実性を求めるなど、人によって様々ですね

 

それぞれどのパーツや性能がいいと求めるものに近づくのか、紹介してみようと思います

 

 

 

ストレージについて   

まずストレージ容量、これはつまりデータの保存領域、データフォルダなどと呼ばれますが、画像や動画、アプリや音楽の保存できる場所の大きさになります

もちろん大きければ大きいほどたくさんのデータが保存できるので、大きいほうがいいですが、大きなることに比例してお値段も高くなっていきます。

 

 

写真や動画をたくさんとったりする、アプリやゲームをたくさんダウンロードするという方であれば、より大きいものを選ぶほうがいいです、ですがAndroid端末にかんしてはSDカードをさすことができます

 

 

SDカードをさすことでデータ保存領域を広げて、データを移すことができすので、本体のデータ領域を空けることができます、注意点としてはアプリに関するデータ容量はSDカードにデータを移すことができません、

 

 

アプリは本体ストレージにしか保存できないのです、 なのでどちらかというとゲームをたくさんやりたい方のほうがストレージ容量は大きいほうがいいのかもしれません

 

 

RAMについて       

RAMとは、メモリのことになります、メモリとはストレージやデータ領域と勘違いされますが、データ保存領域とは違い、一時保存作業スペースのことになります

 

このRAMメモリが大きいと、同時にアプリを起動できる量が増えたり、動作の重いアプリなんかをスムーズに動作させることができます、

 

どういうことかというと、アプリなどを起動するとアプリを動かすために一時的にアプリの動作スペースが必要になります、アプリの動作スペースにこのRAMが使われます

 

 

動作スペースをとても多く使うアプリの場合、このRAMメモリのスペースが足りないと起動しなかったり、動作しなかったりします、高画質なゲームや容量をたくさん使うゲームなんかがこのRAMがたくさん必要となったりします、

 

このRAMというのは多ければ多いほどスマートフォンの動作が非常にスムーズになったりなめらかになったりします、ですがRAMのパーツというのが非常に値段が高いものになるので、RAM容量が大きいとそれだけ値段が上がってしまいます、

 

 

データ保存領域、             

データフォルダをROMと言います
ROMと
RAMには違いがあります、

ROMには64GBや128GBなど高用量のサイズがありますが
RAMは平均的に2GBや3GBが大半です、もしこれ以上、5GBや6GBなんかになると高用量RAM搭載のハイスペックスマホになったりします

 

ROMとRAMには書き込み速度、転送速度に差があります
ROMに比べて、RAMの書き込み転送速度は非常に早いのでアプリやデバイスの動作にはRAMが使われます

 

 

本体の動作にRAMが影響するので、RAMがいっぱいいっぱいになるとフリーズしたりシャットダウンの原因になったりします

 

本体動作にもRAM容量を消費しているので、もともとの搭載RAM容量の一部はすでに消費されていることになります、

例えばシステムやホーム画面の動作に1GB使われていることや、ウィルス対策やプリセットのアプリなんかが更にRAMの容量を使っていることがあるので、1.5GBほどはすでに使われていることになります

 

例えば3GBのRAMを搭載しているスマホでもすでに半分は使用済みになっているわけですね

 

本体を動かすためのRAM使用のため、この容量を取り除くことはできません、なので本体動作に消費するRAM容量を計算に入れた上で考える必要がありますね。

 

 

ハイスペックと言えるのはやはりこのRAM容量に余裕がある端末でなないでしょうか

 

 

カメラ性能          

カメラの撮影画素数やカメラ撮影を重要視するという場合、何を注視すればいいでしょうか

 

カメラにはその性能を表す数値があります

 

画素数やF値、ズーム倍率や手ブレ補正など

 

それぞれどういった項目になるのでしょうか、順番に見てみましょう

 

画素数とは画像などを拡大していくとドットやピクセルの集合体で表現されているのがわかりますがその数を表しています

 

画素数が多ければ多いほど表現する画素がたくさんあるということで、写真を拡大したときなどに鮮明に表示されるようになります、

 

写真や画像を重要視する場合は必要な数値になりますが、実際はスマートフォンくらいの画面サイズの場合大きすぎたとしてもそこまで拡大することもないので、そこそこの数値があれば問題ないと言えます

 

例えば

 

ポスターほどの多きい写真をプリントするときなどはこの画素数が重要になりますが、そこまでする予定のない方はあまりこだわる必要はないかもしれません

 

 

画素数よりF値を見ると写真の見栄えが変わってくるかと思います、F値とは暗闇でも明るく写真を撮影することが出来ることを表した数値で、数値の見方は低ければ低いほど暗い場所でも明るく撮影することが出来るということなります、

暗い場所でも明るく撮影できるというのはとても撮影に影響するので、こちらは注目しておいたほうがいいかもしれませんね

 

 

ズーム倍率       

ズームすると画質が荒れたり、精度が落ちたりするのですが、カメラのズーム機能の性能によって変わっていきます

 

ズーム機能には光学ズームとデジタルズームがあるのですが、デジタルズームよりも光学ズームの方が鮮明に写真撮影を行うことができます

 

大抵のスマートフォンにはデジタルズームが採用されているので、光学ズームがついているスマホは一部になります、光学ズームが搭載されているスマホはやはりハイスペックスマホとなりますね

 

 

手ブレ補正     

手ブレ補正は動画撮影などを行う際に画面がブレずに撮影することが出来るようにする機能です、

 

手ブレ補正には二種類あり、光学式と電子式の2つがあります

 

光学式手ブレ補正のほうがブレを抑えて撮影を行うことが出来るのですが、大抵のスマホは電子式の手ブレ補正になります、光学式手ブレ補正を搭載しているスマホはハイスペックスマホと言えるでしょう

 

 

 

 

 

Android OSのハイスペックモデルの紹介

 

Galaxy S9/S9+             

 

 

 

Galaxy S9/S9+は2018年5月18日のdocomoとauから発売された韓国の電子製品メーカー・Samsungが手掛けるスマートフォンシリーズ・Galaxyの最新モデルです!(2019年2月現在)

 

iPhoneとは違ったデザイン、性能などが大きな特色であり、最も人気のあるスマートフォンの一つと言っても過言ではありません。

 

 

GalaxyもiPhone同様一年に一度、新しい機種が発表・発売されており、今年も新しい機種が発売されるのでは??と予想されています。

 

 

かつてはAndroidのイメージといえば「動作が遅い、カクカクしている・・・」などがほとんどでしたが、近年のAndroidはiPhoneにも引けを取らないハイスペックかつ快適に使用できるようになってきており、また、iPhoneよりも価格が安いなどの理由でiPhoneからAndroidに乗り換えるユーザーも増えてきています!

 

 

そんなGalaxyの最新モデルS9とS9+の特徴についてご紹介します!

 

 

①認証機能:インテリジェントスキャン      

 

 

数多くの個人情報が詰まっているスマートフォンを保護するという目的から、今では多くのスマートフォンに導入されている生体認証。Galaxy S9/S9+では、顔認証・虹彩認証・指紋認証の三種類の認証方法に対応しています

 

万が一のために三種類全てを設定しておくこともできますが、その中でも特にオススメなのが、顔認証と虹彩認証を組み合わせ「インテリジェントスキャン」です

S9から搭載された新機能の一つで、顔認証と虹彩認証の両方を自動で使い分けることで、従来の認証よりも高速かつ認証しやすくなっています

 

 

ちなみに、このインテリジェントスキャンを使うには顔認証と虹彩認証が必要なので、両方前もって設定しておく必要があります。

 

顔認証の登録方法はiPhone XやXSなどとほとんど変わりませんが、虹彩認証には注意点があります。虹彩認証は目の中のある虹彩模様を使った特殊な認証方法であるため、メガネやコンタクトレンズを着けた状態では反射などによって正しく登録ができない場合があります。

ですので、虹彩認証を登録する際は一度、メガネやコンタクトレンズを外した裸眼の状態で登録することをオススメします。

 

 

②指紋認証とジェスチャー操作      

 

顔認証と虹彩認証を使った機能の他にも、Galaxy S9/S9+は指紋認証を搭載しています。顔認証と虹彩認証は周りの環境によっては上手く動作しない場合もありますので、暗い場所や極端に明るい場所などでは指紋認証を使ってロックを解除するなど、使い分けることが可能です!便利ですねー

 

ちなみに、同時設定が可能な生体認証の組み合わせは「インテリジェントスキャン+指紋認証」、「顔認証+指紋認証」、「虹彩認証+指紋認証」の三種類となっています。つまり、どの生体認証であっても指紋認証は使えるので、設定しておいて損にはならないかと思います。

 

③エッジスクリーン          

 

Galaxy S9/S9+のディスプレイは、左右が湾曲したエッジスクリーンと呼ばれるものです。

 

 

ただ単に曲がっているわけではなく、この部分を活かした機能もあります

 

エッジスクリーンを活かした機能は、大きく二つに分けて「エッジパネル」と「Edge lightning」の二種類です。

 

まずは「エッジパネル」からご紹介します。

 

エッジパネルでは、画面の端から内側に向けてスワイプするだけで、様々な機能を呼びだすことが可能です。

設定できる項目としては、アプリランチャーや連絡先、リマインダーの予定、天気予報、ブラウザのショートカットなどがあり、よく使う機能や、いつでもすぐ確認できるようにしたい機能などを割り当てることができます!

 

「Edge lightning」は、通常の通知の代わりに画面上部に小さなポップアップ通知を出し、さらにディスプレイサの縁が光ってお知らせしてくれる機能です。

 

 

画面が点灯している状態でも、点灯していないスリープ状態でも利用できます。また、光の色やパターンは自身でカスタマイズでき、操作の邪魔にならないが、目立ちやすいデザインなどを自分で自由に作れます。

 

 

④バッテリー節約       

 

 

充電をし忘れた時や、たくさん使ってしまった時などに便利な機能です。

「省電力モード」は、一部の機能や設定を制限したり、CPUの動作速度などを通常時よりも抑えて、一時的に残りの使用時間を延ばすモードです。

「標準」と「最大」の二つがあり、それぞれ制限される度合いが変わります。

 

 

⑤ナビゲーションバー              

 

Galaxy S9/ S9+のナビゲーションバーは、標準ではバックキーが右側にあり、一般的なAndroidスマートフォンとは逆の配置になっています。

Galaxy以外を使ってきた方には不便で不慣れに思うかもしれませんが、こちらは好みによって設定で変更が可能です。

 

また、ナビゲーションバーの背景色は7色あり、その中から好みの色に変えることができます。

 

⑥マルチウィンドウ             

 

複数のアプリを同時に使える「マルチウィンドウ」機能。一度アプリ履歴を開いて分割表示を使いたいアプリを選択する必要がありますが、「履歴ボタンを使用」を有効にしておくと、アプリ使用中に履歴ボタンを長押しするだけで画面が分割される便利な使い方も!Galaxyを使う方にはぜひ使っていただきたい機能の一つです。

 

 

 

⑦Game Launcher               

 

最新のGalaxyなら重いゲームアプリの動作も快適です!さらにそれだけでなく、Galaxy S9/S9+には、

ゲームを遊ぶ時に役立つ様々な機能を詰め込んだ「Game Launcher」という機能が搭載されています。

「Game Launcher」では、スマートフォンでゲームを遊んでいる時に邪魔になってしまうようなプレイ中の通知を制限したり、誤操作が起きないように、ナビゲーションバーのボタンやエッジスクリーンの機能などを一時的にロックできます!さらに、画面の録画機能などもすぐに呼び出せます!

 

 

いかがでしたでしょうか??

Androidスマートフォンの中でもトップクラスの人気と性能を誇るGalaxyのGalaxy S9/S9+。今回ご紹介したのは、機能のほんの一部ですが、まだまだ便利な機能が多くあります!機種変更をお考えの方はぜひ、参考にしてみてください~(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

 

Xperia XZ2 Premium              

 

 

Androidのなかでも

オススメでハイスペックなスマホ

Xperia XZ2 Premium

 

      

 

端末サイズは、約158mm×約80mm×約11.9mmと一般的なサイズです。

 

 

display            

 

ディスプレイサイズは、5.8インチです。
大きめですね。

 

iPhoneXSも5,8インチなのでiPhoneXSと同じになります。動画や映画を見るときなど大画面なのでとても見やすいですね。

 

解像度は、4Kの2160×3840と優秀です。4Kディスプレイなのでとても画面が綺麗です。

 

 

バッテリー         

バッテリーの大きさは3400mAhで、電池の持ち時間は105時間と安心感もあります

 

 

OSは、Android8.0

 

 

カメラ性能      

外カメラは、1920万画素

フロントカメラは、1220万画素

 

 

 

モノクロセンサーを組み合わせていることで暗いシーンでも綺麗に撮影できます。

一眼レフ並みの超高感度カメラです。

 

フロントカメラも画素数がかなり高めですので自撮りがとても綺麗に撮ることができます。

カメラ機能にこだわっている方はとてもおすすめです。

 

 

スグ電        

 

スグ電機能も搭載されています。

 

スグ電とは、、、

受ける、かけるなどの基本動作を簡単に操作できる機能です。

 

例えば、

携帯を耳にあてるだけで電話を受けることができます。

「じゃあね」「失礼します」「バイバイ」など最後に言って

携帯を耳から話すと自動で切れます。

手が濡れてても、電話を簡単に受けることができます!!

 

 

オーディオはとても綺麗に聞こえます。

本体から音楽を流しても、イヤホン越しに聞いても音質がとても綺麗です。

立体感のあるサウンドとなっています。

 

携帯を開くときに使う指紋センサーは携帯の背面についており

片手で持っているときに人差し指や中指で開けることができるのでとても簡単に開けることができます。

 

そんなXperia XZ2 Premiumの価格ですが

キャリアによって値段が変わりますがおおよそ10万円くらいになります。

 

気になった方はぜひキャリアなどに行って試してみてください!!

 

 

 

 

 

HONOR PLAY               

 

ハイスペックゲーミングスマホHAWAIのHonor Playの紹介します

 

日本での発売はまだ発表はされてないですが魅力的なスマホですので紹介します

 

まず初めに気になる価格ですが

価格の方は驚きの三万~なのでミドルスペックと言われるタイプのAndroidモデルと同じくらいの金額です

そんなミドルスペック同等金額でハイスペックゲーミングスマホが手にはいるわけですが

気になるのはその性能。中身ですよね。

皆さんの気になる性能の話になるわけですが、ゲームするにあたって大事な部分RAM、グラフィック、画面サイズからの紹介をしましょう

 

 

RAM         

 

4GBと6GBの二種類

ゲームメインの方は、6GBを選ぶといいと思います

RAMとは、ランダムアクセスメモリの略で画面上のデータを表示したりCPUの処理を行ったりするメモリの事です!!これが小さいと一度にいろんなものができなくなります。

 

いわゆる作業台のひろさとたとえてもわかりやすいかとおもいます

 

これがすくないと何かしながら何かをしようとするときにアプリが落ちたり

動作が重かったりそんなけいけんありませんか?

高度なゲームになってくるとそれだけデスクを使っていくわけなので

やっぱりデスクはでかいほうが作業しやすく端末の負担軽減にもつながると思います。

 

 

グラフィック           

GPU Turboを使用されています

このすごいところがグラフィック処理効率を向上させながら消費電力を効率化させる機能があり

より快適にゲームをすることができるわけです。

最近ではFPSやTPSゲームなども流行ってますのでそういったゲームにはもってこいのグラフィック性能

 

グラフィックとは、簡単にいえば映像のことでグラフィック性能が悪いと

画質が悪かったり、画面ががたがた動いたりとしてものすごくゲームしにくい環境です。

逆にグラフィックが良ければサクサク動き画質もきれいでストレスフリーってわけですよ

 

 

画面サイズ           

6,3インチとかなりの大きいサイズですね!

一般的なスマホサイズは5インチくらいではないでしょうか??

フルHDの解像度が2340Ⅹ1080と魅力的ですね

いままで小さな画面で敵を見つけれなかったり

文字がぼやけてた人もこのサイズこの解像度なら安心することができますね

 

 

 

カメラ               

バックカメラ、(背面)

デュアルカメラになっていて1600万画素と200万画素を搭載しております

フロントカメラ(前面)

こちらは1600画素。

AIカメラという特徴はありますがカメラスペックは文句なしといった感じです

 

 

バッテリー              

 

バッテリーは、大容量3750mAh。ゲームって結構バッテリーへってしまうのですがこれだけ大容量なら快適にプレイでき、しかも薄さは驚きの7,48mmという超薄型ボディなので魅力的です

急速充電にも対応していて9V/2Aという高出力の充電にも対応していています

 

 

 

USBは、上下間違えることのない形状

タイプCといわれる形状を採用しているところも魅力的です

酔っぱらって、暗くて、ぶっさして上下逆で壊れたってことがないってだけで安心します

 

OSはAndroid 8.1 Oreo、UIはファーウェイオリジナルのEmotion UI (EMUI) 8.2

 

Wi-Fiは802.11 a/b/g/n/ac対応。

 

高速なWi-Fi5GHzにも対応しています!

 

ボディカラーはブラック、ブルー、パープルの三種類

指紋認証センサーは、背面に搭載されています。

 

コストパフォーマンス非常によく日本で発売されたら完売間違いなしですね